For Honor(フォーオナー)攻略 ドミニオンの崩壊条件や前線エリア

今回は「For Honor(フォーオナー)」の対戦ルール「ドミニオン」について

オンラインの対戦ルールはデスマッチとデュエルとドミニオンが基本で、デスマッチには二つのルールがありデュエルには1対1と2対2のブロウルがあります。

調べてみると、ドミニオンで勝つために知っておくべきことを理解していない人が多いようです。
私も最初は崩壊の条件と前線エリアの制圧方法で少し悩みました。

そこで今回は、「For Honor(フォーオナー)」の対戦ルール「ドミニオン」のチームの崩壊条件や前線エリアの制圧方法などについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

For Honor攻略 ドミニオンの崩壊や前線エリアの制圧

2017y02m17d_035914584

ドミニオンは4対4でマップ内にある3つのエリアを制圧しポイントを競い合うというもの
エリアの争奪なので立ち回りが重要なのと、状況によっては2対1に持ち込めるので初心者にオススメのルールと言われています。

マップ内にあるエリアは3つ
・支配ゾーンが二つ
・前線エリアが一つ

支配ゾーンはマップの端にあるエリアで、前線はマップの中央にあるエリアのことです。

支配ゾーンを制圧するためにはエリア内の敵を倒して一定時間内留まること
ゾーン内に敵がいる場合は争奪状態となり敵を倒すまでゾーンの制圧は出来ません。

制圧したゾーンは時間経過と共にポイントが発生。
敵をキルしても大したポイントにはならないので基本的にはゾーンの制圧が最優先となります。

制圧したゾーンに留まることで獲得ポイントが増えるので、制圧しているゾーンが多い場合はゾーンの中で戦うのが良いでしょう。
敵がいない状態で制圧しているゾーンに入れば体力が回復するというメリットもあります。

敵プレイヤーor敵兵士を倒す事で入手出来る名声により戦技が使用可能になります。
ゾーンに留まることでも名声獲得可能

前線エリアは支配ゾーンとは異なり両チームの兵士が戦っているので、ストーリーモードにあった“押し返す”のように敵兵士を倒して味方の兵士を前線に進めると制圧出来ます。

新しい敵兵士が出現すると味方の兵士が押し返されてしまうので適度に援護して敵兵士を倒すのが良いです。

ゾーンを制圧すれば+100で制圧しているゾーンを制圧されれば-100
最大で+300と-300は常に変化していくポイントとなります。
ゾーンのポイントと制圧中に増えていくポイントで1000ポイントを獲得し、相手チームを崩壊させプレイヤーを全て倒せば勝利ということですね。

崩壊したチームのプレイヤーはリスポーンが不可になるというもので、この状態で全てのプレイヤーを倒す・倒されることで勝敗が決まります。

崩壊したチームはエリアを制圧し一定数のポイントを獲得すると奮起してリスポーンが可能になるので、自チームが崩壊した場合は素早く敵のいないエリアに向かうことが重要です。

なので簡単に覚えておきたいことをまとめると、
・敵兵士のキルよりエリアの制圧、留まる方が重要
・前線エリアは敵の雑魚兵を倒すことで制圧
・1000ポイントを獲得すればチームを崩壊させられる
・崩壊中に全ての敵プレイヤーを倒せば勝利
・崩壊してしまった場合はエリアを制圧してポイントを稼ぐことで奮起

チームの連携が重要になってくるルールで、対人に慣れていないプレイヤーでも状況を把握すれば戦っているプレイヤーの援護や敵のいないエリアを制圧しに行くなどで貢献する事が出来ますね。

For Honor(フォーオナー) 攻略メニュー

以上、「For Honor(フォーオナー)」のドミニオンのルールについてでした。

スポンサーリンク

コメントを残す