ハコニワカンパニワークス攻略 おすすめのインテリアや住居効果

今回は『ハコニワカンパニワークス』のインテリアについて書いていこうと思います。

インテリアは住居内に設置する事で入居者のステータスを上げる事ができ、特定の組み合わせを配置する事で住居効果が発生する場合もあります。
住居効果にはマイナス効果のものもあるので注意しましょう。

そこで今回は、『ハコニワカンパニワークス』のおすすめインテリアや住居効果についてまとめていきます。

スポンサーリンク

ハコニワカンパニワークス インテリア

ハコニワカンパニワークス_20170716155046

まず基本的に住居効果を発生させる方法
「お部屋の基本」となるテーブル、椅子、棚、ベッド、照明の5つを同じ種類のもので揃える事です。

本棚やクローゼットは必要ないので作成するのが少し面倒な「本」が必要になる本棚は作成する必要はありません。
(本棚複数で発生する住居効果はあるようです。)

例 メンガリス系統の家具
切り株テーブル+切り株椅子+メンガリスの棚+葉っぱのベッド+たき火を配置すると
「野生の香り」(HP+30,ATK+20)が発生

ちなみに、全クリまでプレイした段階で特にHPや防御力をアップさせる必要は感じませんでした。
攻撃力を上げるテーブル系や装飾、壁掛け系を大量に配置して敵を一撃で倒せるようにしておけば、本編を全クリまで進める事は可能です。
ただし素材回収時の交わりの焼け山、開放の凍土、絶叫の教会など敵の多いステージは少し危険なのでDEFやHPの上がる椅子系を多めに配置しておけば安定します。

オススメの家具としては
上記例で紹介したメンガリス系統
(ラウンダーを連れて遁走の森の橋を破壊すれば大量に入手可能)

簡単に作成できるものだと
ハウンド系から入手できる「ウルフの毛皮」ATK+10(5個以上配置するとステータスダウンの臭い部屋発生)
「桜の木材」から作成できる「チャブダイ」ATK+25
「不気味な木の木材」から作成できる「骨の椅子」HP+10,DEF+5
など

ハコニワカンパニワークス 住居効果

確認したもののみ記載
攻略終了したので追記はしないと思います。

・お部屋の基本
HP+5,ATK+5,DEF+5
テーブル、椅子、棚、ベッド、照明を配置する

・オシャレな部屋
HP+5,ATK+5,DEF+5
オシャレなインテリア(ガラス系など)を5個以上配置する

・野生の香り(メンガリスor石系)
HP+30,ATK+20
野生のテーブル、椅子、棚、ベッド、照明を配置する

・臭い部屋
ATK-50,DEF-50
においのきついインテリアを5個配置する

・氷の大地
ATK-30,DEF+35
凍り付くテーブル、椅子、棚、ベッド、照明を配置する

和の心
HP+100,ATK-15,DEF-15
和風のテーブル、椅子、棚、ベッド、照明を配置する
(チャブダイ、ザブトン、桜の棚、オフトン、トウロウ)

・癒しの空間
HP+25,DEF+25
くつろげるインテリアを5個配置する
(ヒナゲシの鉢×4,トウロウで確認)

・植物園
HP+10
観葉植物を5個配置する

・トランクルーム
HP+30,ATK-30
荷物系のインテリアを10個配置する
(箱系で確認)

・食いしん坊
HP+100,DEF+30
たべものを10個配置する
(木箱詰めのにんじん×10で確認)

ハコニワカンパニワークス 攻略メニュー

以上で『ハコニワカンパニワークス』のインテリアについてを終わります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す