ヒットマン攻略(PS4) フリーダム・ファイターズ

今回は『Hitman(ヒットマン)』のフリーダム・ファイターズの攻略について

【フリーダム・ファイターズ】ではショーン・ローズ含め4人の対象を排除するのが目的となります。
ただ、アプローチの数が少ないのでやり方は限られてくるでしょう。

ということで今回は、『Hitman(ヒットマン)』のストーリーミッション【フリーダム・ファイターズ】の攻略について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

フリーダム・ファイターズ

目的:ショーン・ローズ、ペネロペ・グレイブス、エズラ・バーグ、マヤ・パールバティの排除

・開始地点を進みやや右側の小屋の窓から敷地内に侵入する

・小屋から出てすぐにアプローチ【舌のもつれ】

舌のもつれ
・アプローチの会話をしていた二人組みの一人をコインで誘き寄せて気絶させる
発電機ではもう一人に見つかったので、発電機よりも奥にコインを投げる

・気絶させた傭兵(一般)の衣装を奪う
傭兵は敷地に侵入した小屋の近くにあるゴミ箱に隠しておきましょう。

・少し進むとショーン・ローズが爆発物の実験をしている

・ショーン・ローズの話を聞くとアプローチ【有り余る火力】
2017y08m11d_062603202

・その先の窓から侵入して先に進む
傭兵が二人いて、タイミングによっては怪しまれますが問題はありません。

・見つからないように地下室の鍵のある目的地に向かう

・小屋の中に傭兵が一人、外の窓付近に一人います。
バーグがいた場合は少し待つことで出て行きます。
2017y08m11d_062726569

・傭兵が話している時にピストルで二人を倒す
外の傭兵はゴミ箱、中の傭兵はロッカーに隠しておく

・中に入ってテーブルの上にある「地下室の鍵」入手

・ロッカーの隣にある棚から「ニトログリセリン」入手

・傭兵(エリート)に変装して地下室に向かう

・階段を下りて地下室に入る
傭兵が一人いるので気絶させて隠しておくこと

・薬を過剰投与してバーグを待つ

・バーグが来たら殺害
遺体から「致死性の毒薬入り瓶」「ガレージの鍵」「地下室の鍵」入手

・【有り余る火力】を追跡に設定する

有り余る火力
・爆発物担当を見つける

・爆発物担当のいる場所の近くにあるラジオをオンにする
※上記の最初の方の“その先の窓から侵入して先に進む”の窓の近く

・目的地で「ニトログリセリン」を使用して爆発物の威力を上げる
爆発物担当がいるので後ろを向いている時に素早く行動する

・しばらく待ってローズが爆破すると事故死

・画像の場所からアプローチ【ポイントマン】
2017y08m11d_062627935

ポイントマン
・ポイントマンを見つける
ポイントマンの近くに傭兵が一人いるので注意

・ポイントマンのいる建物の中の小部屋のシンクをあふれさせる

・傭兵を小部屋に誘き寄せて気絶させる

・ポイントマンが一人になるので気絶させて衣装を奪う

・パールバティに話しかける

・目的地で事前説明を聞く

・所定の位置について訓練を受ける
人形をヘッドショットしてバールでドアを開けて書類を奪う

・安全装置を解除する
見られると怪しまれるのでタイミング良く済ますこと
パールバティが事後説明を話し始めた頃に解除すれば大丈夫そうです。

・再び訓練を受ける

・訓練終了後、パールバティが事後説明を始めたらパールバティのいた場所にあるボタンでラムを起動する
傭兵が背中を向けている時に起動すれば殺害成功

スポンサーリンク

・画像の場所からアプローチ【オーディション】
2017y08m11d_062631871

オーディション
・インターポールのバッジを盗む
画像の場所にある発電機をオフにしてターゲットを気絶させる
首絞めだとバレやすいのでバールか何かで素早く気絶させる

2017y08m11d_062714457

・バッジを拾ってグレイブスに話しかける

・汚水地のそばでグレイブスに会う

・話しかけると汚水地のそばで独り言を始めるので×ボタンで殺害する
周囲にいる傭兵に見つかるとバレるのでタイミングを見計らって突き落とす

竜巻用シェルターに入る
・ローズの生体データが必要になる

・シェルターのある建物2階に3Dプリンタがあるので起動する
近くにハッカー(?)が二人いますが時間経過で隣に移動します。
2017y08m11d_063607289

・3Dプリンタを起動して中にある「ローズのフェイスマスク」を手に入れる

・マスクを使用して地下のシェルターに入る

・司令室の壁の資料を調べる(2箇所)
その後、机を調べる

・出口からミッションクリア

Hitman(ヒットマン) 攻略メニュー

以上、『Hitman(ヒットマン)』の【フリーダム・ファイターズ】の攻略についてでした。

スポンサーリンク

コメントを残す