DETROIT Become Human(PS4) 攻略メニュー

WS000040

2018年の5月25日に発売されたPS4用ソフト「DETROIT Become Human」の攻略記事のまとめ記事
今までに書いている記事リンクを載せていきます。

記事を読んでくれている方は、是非活用してください。
このページは記事を書いていく度に更新予定となっています。

スポンサーリンク

本編

本作はチャプター毎に多くの分岐点があり、1度のプレイで全てのフローチャートを埋める事ができない場合も多いです
以下の攻略チャートは全てのフローチャートを埋めているわけではありませんので参考程度に見てください

追記 リアルが忙しく、少し攻略ペースが遅れそうです。

追記2 トロコンまでの攻略終わりました。
情報提供してくれた方ありがとうございます。

人質
色あふれる世界
あらたな我が家
画家
相棒
夜のあらし
失意
尋問
あてどなく
死の淵
ハンク
逃亡
ジェリコ
鳥の巣
決断の時
ズラトコ
ロシアンルーレット
命をつなぐもの
エデンクラブ
海賊の入り江
ブリッジ
ストラトフォードタワー
天敵
夜行列車
キャピタルパーク
カムスキー
自由への行進
最後の切り札
交わる運命
魂の夜
運命の分かれ道-旅立ち/行進/サイバーライフタワー
運命の分かれ道-リコールセンター/革命/最終任務

クリア後とチャプタープレイ

各トロフィーの獲得方法
トロフィー「復活」の獲得方法
雑誌の場所一覧と雑誌の内容が変わる条件

クリア後評価や感想

 

トロフィー「生存者」獲得

トロフィー「生存者」はカーラ編でカーラとアリス、ルーサー、コナー編でコナーとハンク、マーカス編でマーカスとノースとジョッシュ、サイモンが生存している状態でエンディングを迎えることで獲得する事が可能です。

トロフィー獲得のコツとしては
・コナーとハンクの関係を友情以上に上げておく
・コナーのソフトウェアの異常を上昇させて「交わる運命」で変異体になる
・「ストラトフォードタワー」でサイモンを負傷させずに全員で脱出する
・マーカス編で平和的にデモを行い、世論を上昇させておく
・ルーサーやハンク、ノース、ジョッシュ、サイモンがピンチの時は必ず助ける

・「運命の分かれ道」では以下のチャートに入る
カーラ「旅立ち」(「交わる運命」で捕まらない)
コナー「サイバーライフタワー」(「交わる運命」で変異体になって「魂の夜」でコナーを見逃す)
マーカス「行進」(「魂の夜」のラストで「デモ」を選択)

上記チャートで全員生存させる方法は上記の攻略記事を参照してください。

以上で『DETROIT Become Human』の攻略メニューを終わります。

スポンサーリンク

5 Responses to “DETROIT Become Human(PS4) 攻略メニュー”

  1. 匿名 より:

    トロフィー「復活」は
    人質で撃たれるか、転落する。
    尋問でメモリー接続して自己破壊した変異体に道連れにされる。
    逃亡で高速道路上にて車に轢かれる。
    鳥の巣で追いかけっこの時に死ぬ。
    ブリッジでハンクに撃たれる。
    天敵で変異体のオペレーターに殺される。
    最後の切り札でギャビンに殺される。
    交わる運命でコナーが変異体にならずにマーカスに殺される。
    これで最後のチャプターに入るとトロフィー「復活」ゲットできると思います。

    • ディーン より:

      貴重な情報ありがとうございます。
      私は先程「復活」獲得狙いでプレイしていたのですが、「鳥の巣」を見逃していて獲得できませんでした…。
      他の箇所は見ていたのでもう一度プレイして確認してみようと思います。

  2. 匿名 より:

    確か雑誌は失意でマーカスがレオを押し倒すか、カールが死んでしまうかと、カーラが逃亡で見つからずに電車に乗って逃げるか、見つかって高速道路から逃げるかで後のチャプターに出る雑誌の内容変わるので2周やらないとコンプリートしませんね。

  3. 匿名 より:

    雑誌41は「ズラトコ」の寝室でカーラが警官に見つからずコナーに追われないで電車に乗っていたら出てきます。
    雑誌43,44は「交わる運命」でコナーがジェリコに来た時にあります。
    雑誌46は「運命の分かれ道」のカーラ編「旅立ち」でカナダ行きバス亭に到着した所にあります。

    • ディーン より:

      情報提供ありがとうございます。
      交わる運命だと暴力的なデモをしていないと雑誌が出現せず、カーラ旅立ちではマーカスが革命を選択していないとページが消失しているようですね。
      私は条件を満たしていなかったので見つけられなかったみたいでした。
      先程全ての雑誌を見つけて記事にしておきました。

コメントを残す