DETROIT Become Human(PS4)クリア後評価や感想

今回は『DETROIT Become Human』の感想について書いていこうと思います。

本作は2018年5月25日にPS4で発売されたアドベンチャーゲームです。
私も発売日に購入し、最近トロコンまで攻略完了しました。

そこで今回は、『DETROIT Become Human』のクリア後評価や感想についてまとめていきます。

スポンサーリンク

DETROIT 感想

本作は2038年のデトロイト、人工知能やロボット工学が高度に発展を遂げた世界を舞台に3体のアンドロイドを主人公としてストーリーが展開されていきます。

チャプター毎に異なる主人公でストーリーが進んでいき、プレイヤーは3体のアンドロイドの視点でそれぞれの発言や行動を選択していく事になります。

そして選択肢や選んだ行動によってストーリーは細かく分岐していき、1つのチャプター毎に異なる結末が複数用意されているのが特徴です。
選択肢には些細なものから大きな決断まで非常に多くのものがあり、更にそれらの結果が後々に大きな影響をもたらすこともあり、本気でどの選択にするかを悩む場面も多かったですね。

ストーリーとしては、特定のアンドロイドが意志を持ったことから「アンドロイドは意志を持った生き物なのか」、人間は意志を持ったアンドロイドに対してどのような判断を下すのかといった感じのものになります。

WS000001
・意志を持ったアンドロイド(変異体)を追う捜査官のアンドロイド「コナー」

WS000002
・変異体の先導者として人間に対して革命を起こすアンドロイド「マーカス」

WS000000
・家事アンドロイドとして買われるが虐待されていた娘と共に逃げ出し、逃亡者となった「カーラ」
の3体のアンドロイドが主人公となっています。
個人的にはコナーとハンクの掛け合いが好きでした。

グラフィックはとても綺麗で、ストーリーも非常に面白い、BGMや演出も素晴らしく、アドベンチャーゲームの完成形と言っても良い出来だったと思います。
また、選択肢以外でも主人公の行動の1つ1つにコマンド入力が用意されているので感情移入もしやすかったですね。

結果としては、2018年に入ってプレイしたゲームの中でも断トツに面白かった作品でしたので、万人にオススメしたいゲームです。

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

DETROIT Become Human 攻略メニュー

以上で『DETROIT Become Human』の感想についてを終わります。

スポンサーリンク

コメントを残す