戦場のヴァルキュリア4攻略 第7小隊との共同戦線とイサラのユニット化

今回は『戦場のヴァルキュリア4』の「第7小隊との共同戦線」の攻略について

「第7小隊との共同戦線」は限定版特典であるDLCを使用することで遊べるストーリーです。
ストーリーをクリアすることで「戦場のヴァルキュリア」の主要キャラがユニットとして使用可能になります。

ということで今回は、『戦場のヴァルキュリア4』の追加断章「第7小隊との共同戦線」の攻略について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

追加断章 二小隊合同演習

勝利条件 すべての敵拠点の占拠
敗北条件 敵軍による味方本拠点の占拠、味方歩兵の全滅、20ターンの経過

ウェルキン達は敵フェイズ後に自動で行動するので、コチラはE小隊を操作してマップ下側のルートを進めて行きます。

特に難しい場面はないので、道なりに敵を倒して拠点を占拠しつつ進めていけば問題ありません。
2018y03m22d_025819847

4ターンクリアでAランク

 

追加断章 二方面迎撃作戦(前半)

勝利条件 すべての敵拠点の占拠または4ターンの経過
敗北条件 敵軍による味方本拠点の占拠、味方ユニットのいずれかの撤退、占拠した敵拠点を敵兵が再占拠

※このミッションで特定の条件を満たすと「第7小隊との共同戦線(幕間の物語)」がプレイ可能になります。
特定の条件は“全ての拠点を4ターン以内に占拠する”こと

このミッションでは第7小隊を操作することになります。
※ウェルキン、アリシア、ロージー、ラルゴ

敵拠点は3つあり、拠点を占拠すると占拠した味方ユニットがE小隊の救援へ行くのでいなくなります。
拠点を占拠出来ずに4ターンが経過しても勝利扱いとなりE小隊(後半戦)と切り替わります。

4ターン以内に拠点を占拠したユニットは後半戦の5ターン目(前半ターン含む)から増援として出現、占拠出来ずに4ターン経過まで残っていたユニットは少し遅れて出現します。

敵戦車があるので1ターン目は通路左の柵を破壊して広場を通って迂回するように進みましょう。
迂回して進むと対戦車兵×2や敵戦車の背後のラグナボックスを狙って戦車を一撃で破壊出来ます。

4ターン以内に全拠点を占拠するコツ

動画を見れば分かるかと思いますが、
・1ターン目
戦車で少し先の左の柵を破壊して進み機関銃座を倒す
ロージーで戦車と同じく広場を進んでいく
ロージーでその先の通路にいる対戦車兵(左右含めて3体)を倒す
対戦車兵×2の先にあるラグナボックスを撃って戦車を破壊する
戦車で少し戻り、マップ北西の拠点付近のフェンスを破壊する
・2ターン目
戦車とアリシアでマップ北西の拠点を占拠
ラルゴをマップ西の拠点に向かわせる
・3ターン目
ラルゴでマップ西の拠点を戦車を背後の弱点を撃ち破壊
マップ西の拠点を占拠する
戦車とロージーで最後の拠点を占拠しに行く

4ターン目に占拠出来れば問題ないので、ある程度CPに余裕を持ってクリア出来ます。

スポンサーリンク

追加断章 二方面迎撃作戦(後半)

勝利条件 すべての敵拠点の占拠
敗北条件 敵軍による味方本拠点の占拠、味方歩兵の全滅、20ターンの経過

前半に全てのユニットを救援に向かわせていれば第7小隊がすぐに増援として出現します。
まずはハーフェン号で敵戦車を撃破していき、第7小隊が出現したら拠点占拠へ向かうのが良いです。

敵の数は多めですが各個撃破していけば後半戦は楽にクリア出来ると思います。
マップ下にあるゲートはボタンを押して開くか、第7小隊がゲート先に救援として出現するので第7小隊のユニットで拠点を占拠すると良いでしょう。

6ターンクリアでSランク
クリアするとウェルキン、アリシア、ロージー、ラルゴがE小隊に加入
ライフル「ガリアン」、サブマシンガン「マグス」、対戦車槍「ランカー」、スナイパーライフル「GSR」入手

 

追加断章 技術者ふたり

追加断章「第7小隊との共同戦線(幕間の物語)」は二方面迎撃作戦で特定条件を満たすことでプレイ可能になります。
特定条件は、上記でも書きましたが二方面迎撃作戦(前半)で4ターン以内に全てのユニットを救援に向かわせることです。

勝利条件 敵ユニットの全滅
敗北条件 味方歩兵の全滅、20ターンの経過

操作キャラクターはレイリィとイサラのみ

敵の数は15体程いましたが、突撃兵と偵察兵のみなので拠点占拠後は攻めて来る敵を自動迎撃と、自ターンに見えている敵を倒していくように戦えば楽にクリア出来ます。
ある程度余裕があるので片方は敵を探しに前進させても問題ないです。

3ターンクリアでSランク
クリアするとイサラがE小隊に加入

戦場のヴァルキュリア4 攻略メニュー

以上、『戦場のヴァルキュリア4』の追加断章「第7小隊との共同戦線」の攻略についてでした。

スポンサーリンク

コメントを残す