進撃の巨人2 未来の座標攻略 おすすめの戦闘タイプや技能と入手法

今回は3DS用ソフト『進撃の巨人2 未来の座標』のワールドモードのおすすめスタイルについて書いていこうと思います。

本作の戦闘タイプは4つあり、それぞれメインとなる装備が異なってきます。
更に種類の多い技能を装備する事で自分の戦闘スタイルに合った能力を伸ばす事が可能です。

そこで今回は、『進撃の巨人2 未来の座標』のおすすめの戦闘タイプや技能についてまとめていきます。

スポンサーリンク

進撃の巨人2 おすすめタイプ

私がメインで使用しているのは斬撃タイプですので、おすすめは斬撃タイプとなります。

斬撃タイプは立体機動と斬撃武器を使用した近距離戦特化型のスタイルで、部位破壊→うなじ攻撃で仕留めていくのが基本となります。
工作タイプや射撃タイプと違って武器を使い分ける必要がないため、比較的使いやすい戦闘タイプですね。
マルチプレイをしていても斬撃タイプのプレイヤーが大多数だと思います。

他のタイプも説明しておくと
射撃タイプは射撃武器と斬撃武器を使い分けて戦うスタイルです。
Aボタンで装備を切り替える事ができ、射撃武器は遠距離から安全に巨人の部位を破壊したりすることができます。

工作タイプは爆弾などの投擲武器で攻撃できるスタイルです。
ただし、投擲は飛距離が短いので扱いにくく、ミッションを進める事で購入できるようになる技能「ストレート」などが必須になるでしょう。
Aボタン長押しでアイテムを生成できたりもしますが、個人的には戦闘タイプの中では一番使いにくい印象でした。

最後に訓練兵は全ての装備をレア度3までなら装備する事が可能で、所持技能ポイントが一番多いスタイルです。
レベル65の時点で所持技能ポイントの少ない斬撃タイプの場合は9、訓練兵の場合は17もあります。
そのため、巨人化戦闘に特化したい場合や非常時に役立つ技能を複数装備したい場合などに何気に使える戦闘タイプとなっています。

 

進撃の巨人2 おすすめ技能

おすすめの技能としては
・巨人化+ユミルの型
巨人化はゲージが溜まっていると巨人に捕まった際の脱出にも使用可能です。
そして巨人化時のアクションでは特殊攻撃でうなじを狙いやすい「ユミルの型」がおすすめです。

入手法:「巨人化」は巨人研究所で購入、「ユミルの型」はユミルの忠誠度をMAXにして訓練ミッションをクリア

・脱出回転斬り
ミッションを進める事で購入可能になる技能です。
巨人に捕まった時に回転斬りで自動的に脱出できるため、サバイバルなどでは非常に重宝する技能となります。

・回転斬り
キースの訓練所で購入可能
Xで攻撃中にスライドパッド入力で回転斬りの動作へ変更できる技能です。
回転斬り中は巨人に触れた場所にダメージを与える事ができるため、巨人に捕まりにくくなったり、複数の部位に攻撃が可能になります。
対してクリティカル範囲が非常に狭くなるため、慣れるまで時間の掛かる技能でもありますね。

・人類最強の兵士
リヴァイの忠誠度をMAXにすると入手可能
攻撃力と回復速度が大幅に上昇し、ガス消費量が大幅に軽減する強力な技能です。

・力の覚醒
ミカサの忠誠度をMAXにして訓練ミッションをクリアすると入手可能
こちらは攻撃力を劇的に上昇させる効果の技能で、人類最強の兵士が消費ポイント6に対して力の覚醒は消費ポイントが5です。
なので回復速度とガス消費量を気にしないのであれば、こちらを装備して余った1ポイントを他の技能に使用するのもオススメです。

・精鋭班技術~
通常ミッション10章の特別任務で入手できるイアン、ミタビ、リコの忠誠度をMAXにすると入手できる技能です。
それぞれ斬撃タイプ、工作タイプ、射撃タイプの強力な効果を持つ技能なので、自分の戦闘タイプの技能を持つキャラクターの忠誠度はMAXにしておきましょう。

進撃の巨人2 未来の座標 攻略メニュー

以上で『進撃の巨人2 未来の座標』のおすすめ技能についてを終わります。

スポンサーリンク

コメントを残す