討鬼伝2攻略!序盤や初心者、本編攻略におすすめの武器は?

今回は『討鬼伝2』の武器について書いていこうと思います。

メインストーリーやマホロバの里の任務を攻略する際にオススメの武器の紹介ですね。
プレイした感じだと同行者が結構強いので、そこまで苦戦はしないと思いますが。

ここでは、『討鬼伝2』の序盤・初心者にオススメの武器についてまとめていきます。

スポンサーリンク

討鬼伝2 序盤おすすめの武器

まず武器の種類に関してですが、こればっかりは自分で選んだ方が良いと思います。
任務を受ける場所の隣に指南所があり、全ての武器の使い方について学ぶことができます。

解説書には記載されていないようなコンボ攻撃の例なども教えてもらえるので、最低でも自分の使用している武器の指南ぐらいはしておいた方が良いでしょう。

私は手甲しか使用しないのですが、太刀や双刀、盾剣などは使いやすい部類だと思います。
初プレイで使いやすい武器が良いという方は参考にしてみてください。

私は攻撃力の高い武器が好きなので手甲を使用しています。
通常時の攻撃速度は遅くて慣れるまで微妙に感じますが、「迅」スタイルのミタマを装備すれば一気に使いやすくなりますね。
今度手甲の戦い方などについて記事を書いてみようと思います。

このようにミタマの効果も頭に入れて装備を選ぶのがオススメです。
例えば操作はしやすいけど武器自体の攻撃力が低いなと感じた場合には「攻」スタイルのミタマと組み合わたり、連撃するために気力消費が激しいなと感じた場合は「迅」スタイルと組み合わせたりなど。
逆に長所を伸ばすように組み合わせるのもアリですね。

スポンサーリンク

討鬼伝2 おすすめの製造武器

序盤にオススメの武器
初期武器

オヌホウコ系の武器とダイバタチ系の武器

ゴウエンマ系の武器
という流れで製造していくのがオススメです。

下級武器は上級武器へ打ち直しが可能なので、ゆっくりプレイしている方は属性毎に製造するのも良いですが、本編をさっさと進めて上級へ行きたい方は上記のような流れで製造すると良いでしょう。

まず同行者の攻撃も十分なダメージを与えてくれるので、序盤に出会う大型鬼のオヌホウコやダイバタチまでは初期武器で進め、倒したあとにそれらの武器を製造。
その後はシンラゴウ辺りまでは武器鍛錬で少し強化する程度で十分ですね。

ゴウエンマの武器は属性攻撃力が少なく、攻撃力が高いため、全ての敵に対して使いやすい武器です。
上級任務へ行くときに装備する武器としてオススメなので、メインストーリーでゴウエンマと戦った後にゴウエンマの武器を製造するのが良いです。

討鬼伝2 攻略メニュー

以上で『討鬼伝2』の序盤にオススメの武器についてを終わります。

スポンサーリンク


コメントを残す