今回は『デスストランディング』のジップラインの使い方について

ジップラインはエピソード5で利用可能になる建設物です。
2本の支柱を建設することで高速移動が可能になる便利アイテムですね。

そこで今回は、『デスストランディング』のジップラインの使い方/作り方と接続先の変更などについて書いていきたいと思います。

ジップラインの作り方と設置方法

まず、ジップラインはエピソード5「ママー」の開始直後に利用可能になります。
以降は「建設装置Lv.2」からカイラル通信エリア内でジップラインの作成が可能になります。

ジップラインは「建設装置Lv.2」があれば通信量500のみで設置することが出来ます。
ただし、ジップラインを利用するためには基本的に「建設装置Lv.2」が2個必要になります。

ジップラインの使い方


1.「建設装置Lv.2」を装備してジップラインを設置する

2.↑との間に障害物がない別の場所にジップラインを設置する
ジップラインが正常に機能する場合はラインが青色で表示され、障害物などで機能しない場合は赤色で表示されます。


3.ジップラインに近付いて「ジップラインを使う」

4.○「接続先に移動」を選択すると繋がっているジップラインに高速移動

ジップラインは初期の状態だと周囲300M(Lv2で350M)にある別のジップラインと接続が可能です。
接続先を変更する場合はジップライン使用中に十字キー左右で変更出来ます。

ジップラインは崖上と崖下だったり歩きが遅くなる雪山エリアなどで非常に役立つので、作成出来るようになってからは「建設装置Lv.2」を複数所持して進めるのがおすすめです。

また、遠くに他プレイヤーのジップラインが見えれば、自分のジップラインを設置することで他プレイヤーのジップラインと接続して利用することも出来ます。

スポンサーリンク

ジップラインの強化とVer

ジップライン 効果
Ver.1 ジップライン機能(距離:300M)
Ver.2 最大接続可能距離UP(350M)、カスタマイズ機能の追加
Ver.3 時雨耐久度アップ

Ver.2に必要な素材は「化学物質×240」「特殊合金×480」
Ver.3に必要な素材は「カイラル結晶×300」「化学物質×1440」「特殊合金×1440」

カスタマイズ可能になると音楽やホログラムの設定が可能になります。

正直、あまり強化する必要性は見当たらないのでとりあえずは初期のVer.1で充分だと思います。

関連記事はコチラ
武器一覧と設計データ入手時期
建設装置の使い方や種類・強化と廃棄

デスストランディング 攻略メニュー

以上、『デスストランディング』のジップラインの基本的な使い方についてでした。