今回は『デスストランディング』の車両について

前回は序盤のバイク入手法についての記事を書きましたが、本作は本編を進める事で様々な車両を使えるようになります。

そこで今回は、『デスストランディング』の車両の種類や設計データの入手法、フローターの使い方などについてまとめていきます。

車両

まず車両はエピソード2の時点ではフィールドに置いてあるバイクを利用する事ができ、エピソード3以降だと設計データを入手する事で配送端末の「武器装備の作成」から素材を消費して作成できるようになります。
バイクの入手法と発電機作成や充電/修理/荷物の積み方


また、フィールド上にあるミュールのトラックや他プレイヤーの乗り物などに乗る事も可能で、エピソード3の中盤辺り?から車庫に他プレイヤーの乗り物が出現するようになりました。

車両名 データ入手法 必要素材
リバース・トライク エピソード3 依頼No.23達成 金属×220、セラミック×160
リバース・トライク/バッテリー強化タイプ レイク・ノットシティの親密度★3 金属×240、セラミック×160
リバース・トライク/防御力強化タイプ サウス・ノットシティの親密度★3 金属×200、セラミック×160、特殊合金×48
フローター エピソード3 依頼No.27達成 樹脂×96、金属×120
フローター[Lv.2] 気象観測所の親密度★3 樹脂×128、金属×160
トラック エピソード3 依頼No.35達成 金属×320、セラミック×224
トラック/バッテリー強化タイプ[Lv.1] K4南配送センターの親密度★3 金属×280、セラミック×256、特殊合金×48
トラック/バッテリー強化タイプ[Lv.2] K4南配送センターの親密度★4 金属×360、セラミック×320、特殊合金×144
トラック/バッテリー強化タイプ[Lv.3] K4南配送センターの親密度★5 金属×440、セラミック×384、特殊合金×240
トラック/防御力強化タイプ サウス・ノットシティの親密度★4 金属×240、セラミック×224、特殊合金×96

車両の充電と車庫

乗り物はバッテリーが無くなるor壊れると動かなくなり、適度に充電や修理を行う必要があります。

この辺りは前回のバイクの記事でも触れたのですが、簡単に書いておきます。
・発電機の周囲に置く事で充電
発電機は「建設装置」で作成可能

・施設など通信エリアではバッテリーを消費しない

・耐久度は車庫に入れる事で回復可能
車庫はプライベートルームのある施設で配送端末近くのエレベーターに乗せる事で配送端末から車庫に入れる事ができます。

スポンサーリンク

フローター

最後にフローターについて。

フローターは車両アイテムですが、作成後は装備品として持ち歩く事ができます。
重量は1Kgだけなので常に1つは所持しておいて損はありません。

フローターを使用する場合は、


1.十字キー右から道具アイテムを開いて「フローター」を地面に置く
2.フローター近くで□を押してサムと繋げる

フローターを繋げるとフローターは浮遊してサムに追従しますが、カイラル結晶を消費する事になるので注意しましょう。
ただ、使用してみた感じだと消費量は僅かなので、使い過ぎない限りはそこまで気にする必要はないと思います。

フローターには荷物を載せる事ができる他に、サム自身が乗って移動する事も可能です。


フローターに乗る場合はフローターを繋げた状態で×ボタンで乗る、□で地面を蹴って移動する事ができ、斜面を滑り降りる時などに最適です。

関連記事はコチラ
各施設の親密度報酬一覧
温泉の場所と効果
ポーターとの物々交換のやり方
オドラデク/センサーの強化と人検知機能・ホログラム

デスストランディング 攻略メニュー

以上で『デスストランディング』の車両についてを終わります。