今回は『デスストランディング』の建設物について

本作はフィールド上に様々な建設物を設置する事で、運び屋としてのミッションを快適に進める事が可能です。

そこで今回は、『デスストランディング』の建設物の種類や建設装置の使い方/作成方法、強化や廃棄についてまとめていきます。

建設物の作り方

まず建設物は装備アイテムの「建設装置」を使用する事で作成→設置する事ができます。

建設装置は配送端末の「武器装備の作成」→「配送機材」から作成可能。

建設装置 必要素材
建設装置Lv.1 樹脂×32、金属×40
建設装置Lv.2 カイラル結晶×30、樹脂×64、金属×80

そして装備アイテム(十字キー右)から「建設装置」を装備し、L2で構えてR2で設置する事で各建設物を作成する事ができます。
※建設するにはカイラル通信エリア内である必要があります。


建設物にはいくつかの種類がありますが、どれも「建設装置」から作る事が出来て、作成する建設物は建設装置を装備している時に十字キー下で切り替える事ができます。

また、建設物の作成には通信量が必要になり、各エリア毎に利用可能な通信量が決まっているので設置できる建設物の数には限りがあります。
利用可能な通信量は各エリアとの親密度アップで増やす事ができ、設置した建設物を廃棄する事で使用した通信量を戻す事が可能です。

 

建設物の種類と建設装置Lv

作成可能な建設物の種類は本編を進める事で増えていきます。

建設物 効果 入手時期
ポスト 荷物の届け出、シェアボックス、プライベートボックスの利用 K2西中継ステーション加盟後
簡易観測塔 範囲内のカイラル結晶、靴底草、ミュールのポストなどを探知 K2配送センター加盟後
50M、80Mの橋を作成 依頼NO.8クリア後
発電機 近くの充電可能なものの電力を回復 依頼NO.9クリア後
時雨シェルター 雨宿り地点+範囲内に入るとケースリペア・スプレーが噴射 依頼No.27クリア後
セーフハウス プライベートルームとして利用可能 依頼No.27クリア後
ジップライン 2本建設することで高速移動が可能になる エピソード5開始直後

特定の建設物は作成後に必要素材を入れて作成する必要があるものもあります。

また、建設装置はLvによって作成出来る建設物が異なります。
※建設装置Lv.2であればLv.1の建設物も作成可能

建設物 建設装置
ポスト 建設装置Lv.1
簡易観測塔 建設装置Lv.1
建設装置Lv.1
発電機 建設装置Lv.1
時雨シェルター 建設装置Lv.1
セーフハウス 建設装置Lv.2
ジップライン 建設装置Lv.2
スポンサーリンク

建設物の強化と廃棄


建設物の強化や廃棄は建設物に近付いてoptionsボタン長押しで「建設物機能」を起動する事で行えます。

一部の建設物は必要素材を入れてバージョンアップさせる事でカスタマイズや追加効果を得る事が可能です。
必要素材は素材アイテムとして強化したい建設物の所まで持って行く必要があるため、フィールドに落ちている素材や配送端末の「素材をもらう」から素材をアイテム化して運ぶ必要があります。

不要になった建設物は廃棄する事で使用した通信量を回収する事ができます。

建設物の破棄は作成した建設物の場所まで行かなくても、マップ画面を開いて自分の建設物を選択して△長押しからでも破棄することが出来ます。

建設物の強化依頼について


また、マップ画面を開いて自身の建設物を選択→△「強化協力を依頼する」を選んでおけば他プレイヤーから素材を入れてもらえることがあります。

そのため、頻繁に使用する建設物は強化協力を依頼しておくと良いでしょう。
強化協力を依頼出来る建設物の数は初期だと1個で、異名のグレードが上がると増えていきます。

関連記事はコチラ
武器一覧と設計データ入手時期
国道の復旧と復旧装置の場所
アクティブスケルトンの作成とバッテリー容量の増やし方

デスストランディング 攻略メニュー

以上、『デス・ストランディング』の建設物の作成についてでした。