今回は『ドラゴンクエスト11』のスキルリセットについて書いていこうと思います。

スキルリセットは本編を進めることで利用できるようになるシステムで、スキルパネルで習得したパネルのスキルポイントをポイントに戻す事のできるシステムです。
スキルリセットを利用してスキルポイントを節約する事もできました。

そこで今回は、『ドラゴンクエスト11』のスキルリセットのやり方と振り直し時のポイント節約についてまとめていきます。

スキルリセット

まずスキルリセットができるようになる時期ですが、最後の砦に入った辺りから教会で利用が可能になります。
おそらく始祖の森をクリア後に世界が変化した後っぽいですね。
(正確な確認はしていないので不明)

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20170730195356

利用可能になると「のろいをとく」の下に「スキルリセット」の項目が追加されます。
スキルリセットは1ポイントのリセットに20ゴールド消費する必要があり、各スキル項目の種類毎にまとめてリセットする流れになります。
例えば主人公のスキルをリセットする場合は、片手剣、両手剣、剣神、ゆうしゃの項目を選び、選んだ項目のスキルを全てリセットという感じです。

ということなので、主人公でいうと剣神スキルなどどこかのスキルを経由してからでないと習得できないスキルは、一旦片手剣スキル経由で「はやぶさ斬り」を習得し、それから片手剣スキルを全てリセットすれば「はやぶさ斬り」のみ習得している形になり、スキルポイントを節約することができます。

WS000091

例えば主人公の場合は、剣神スキルのひみつパネル「アルテマソード」を習得するのに片手剣経由の2つと両手剣経由の2つを習得する必要があり、両手剣をメインに使用している場合は片手剣スキルを習得するとポイントが勿体無いので、上記の方法を利用してなるべくスキルポイントの消費を抑えるようにしましょう。
レベル99到達時点で各キャラ3~20程度のスキルポイントが足りない状況になります。

ドラゴンクエスト11 攻略メニュー

以上で『ドラゴンクエスト11』のスキルリセットについてを終わります。