今回は『フォールアウト76(fallout76)』のおすすワークショップについて書いていこうと思います。

ワークショップはロケーション毎に地形や採取できる資源も異なります
また、ワークショップは資源集めだけでなく、マップを素早く移動するためにも活用する事が可能です。

そこで今回は、『フォールアウト76』のおすすめのワークショップやキャンプ位置についてまとめていきます。

ワークショップ おすすめ

ワークショップの場所や獲得可能資源については前回書いたのでそちらを参照して下さい。
ワークショップの場所一覧と入手可能資源

ワークショップは場所によって作成できる資源抽出機が大きく異なり、中には弾薬や食料を生産できるロケーションも存在します。

そういったワークショップは貴重なので既に所有されている場合も多いのですが、装備もある程度整った上級者であれば複数のワークショップを所有して効率良く資源を集めたいところです。

例として私がゲームを開始した際に最初に獲得するワークショップを紹介しておきます。
ちなみに、私のキャンプ位置は下記でも紹介するのですが、世界の頂上のやや南です。

 

サンシャインメドウズ工業型農場

フォールアウト76

腐らない食料を生産できる唯一のワークショップです。
食品工場の使い方と腐らない食料の集め方
また、Vault76にファストトラベルしてからポセイドン変電所PX-01にファストトラベルする事で安いキャップで向かう事ができます。

ジャンクやアルミニウム、肥料、コンクリートの抽出機なども設置でき、資源集めとしても有用なワークショップなので既に所有されている場合も多いですね。

 

チャールストン埋立地

フォールアウト76

ジャンク抽出機が3つも設置可能な便利なワークショップなのですが、意外と所有されていない場合が多い印象です。
後はアルミニウムや銅なども採取可能。

敵のレベルも低いので比較的安全なロケーションです。

場所的にもマップ南西のロケーションにファストトラベルする際にキャップの節約にもなります。

 

改装された軍需工場

フォールアウト76

こちらは弾薬を自動生産できる唯一のワークショップです。
このワークショップを所有する事で弾薬を効率良く集める事ができ、更にジャンクや鉛、銀、アルミニウム、石油の抽出機を設置する事もできます。

 

サンダーマウンテン発電所

フォールアウト76

個人的にフュージョンコアや核廃棄物が足りなくなった際に獲得を狙うワークショップです。
フュージョン・コアの集め方と重量の下げ方

とりあえずは上記4つですね。

私のキャンプはマップ中央辺りに設置しているので、マップ南東のロケーションに行く場合は「チャールストン埋立地」、マップ北東のロケーションに行く場合は「軍需工場」or「サンダーマウンテン発電所」を介してファストトラベルする事でキャップを節約しています。

スポンサーリンク

おすすめのキャンプ位置

フォールアウト76

上述したように、私がキャンプを設置している場所は世界の頂上のやや南、ミドルマウンテン・ギャビンのすぐ東にある池になります。

基本中の基本としてキャンプは池など水のある場所に設置するのがオススメです。

水がある場所であれば「浄水器」や「浄水器・工業用」を設置する事ができ、回復や売却にも利用できる「きれいな水」を量産する事ができます。
きれいな水の集め方と浄水器の設計図

フォールアウト76

そして私が設置している場所はマップには表示されていないですが、小さな池があり、見晴らしも良いので気に入っています。

また、すぐ隣にあるミドルマウンテンギャビンにはスプリングを入手できるヤオ・グアイや粘着剤を入手できるハニービーストが高確率で出現するので、キャンプ帰還時に寄って狩るという事もできます。

上記は一例ですが、
・水がある
・敵が出現しにくい場所
・近くのロケーションで倒す価値のある敵が出現する
・自分がプレイ中に所有を狙うワークショップから離れている
上記4つの点を考慮してキャンプの設置場所を決めると良いでしょう。

追記 サーバーログイン時に自分のキャンプ位置周辺に既に他プレイヤーのキャンプがあった場合は、自分のキャンプは消えてしまいます。

作成した建築物は保管されているのでもう一度作らなくても再設置が可能ですが、浄水器などをロックしていた場合は再度ロックし直さなければいけません。
そのため、私のキャンプ位置と同じ場所に設置するというのは避けた方が良いかもしれません。

フォールアウト76(fallout76) 攻略メニュー

以上で『フォールアウト76』のおすすめのワークショップとキャンプ位置についてを終わります。