今回は『ドラゴンクエストビルダーズ2』のクリア後感想について書いていこうと思います。

本作は2016年に発売された「ドラゴンクエストビルダーズ」シリーズの続編となる作品です。
私も発売日に購入し、先日トロコンまで完了しました。

そこで今回は、『ドラゴンクエストビルダーズ2』のクリア後の評価や感想についてまとめていきます。

スポンサーリンク

クリア後感想

本作はドラゴンクエスト×クラフトをテーマに発売された『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』の続編となり、『ドラゴンクエスト2』の世界観を舞台にストーリーが展開されます。

個人的な感想としては、前作よりも良い方向に進化した作品という印象だったのですが、Amazonレビューを見てみると酷評が目立つようですね。

とりあえずAmazonレビューはおいといて個人的な感想を挙げると、
・ストーリーとBGMは前作に引き続き良い
・クラフトが超簡単なので初心者も楽しめる
・メインキャラを住人にできたり、モンスターを仲間にできるのが良い
・クラフト関連のシステム面がかなり良くなっている
・バグ報告が多い
・セーブデータが1つしか作れない
という感じですね。

まず本作はハーゴン教団によってビルダーが排除されている世界が舞台です。

ハーゴン教団によって捕まったビルダーの主人公が何とかハーゴン教団の船から脱出。
からっぽ島に流れ着いた事から記憶喪失の少年シドーと同じ漂流者の少女ルルと共に、からっぽ島に国を作ろうとするところからストーリーが始まります。

体験版の時点では少年シドーの存在が気になっていましたが、本作の序盤すぐにシドー自身である事も判明するため、ストーリー自体は良くも悪くも王道っぽさがありました。
ただ、ボリュームは十分ありますし、少年シドーのキャラクターが非常に好印象なのも良かったですね。

ストーリー面は問題なく楽しめる思います。

次にクラフト面ですが、こちらも前作と比べると更にやりやすさがアップしています。

前作が約3年前なので内容を忘れている部分も多いのですが、
・ハンマーの「わざ」でまとめて破壊する事が可能

ドラゴンクエストビルダーズ2
・ビルダーどうぐ「リフォームコテ」によるまとめ置きやリフォーム(既に置いたブロックを別のブロックに変える)
・条件を満たす事で基本素材の一部が無限に使用可能になる
・ビルダーペンシルで既にある建物の設計図を作れる
設計図を敷くと住人が代わりに建築してくれます。
などなど。

面倒に感じる部分が改善されているため、クラフトはかなり簡単になっていますね。

前作ではストーリーモードとフリービルドモードでデータが分かれていたと思うのですが、本作ではからっぽ島を中心に他の島でストーリーを進行させていくため、好きな時にからっぽ島に戻ってクラフトを楽しむ事ができます。
更にからっぽ島では開拓地が3つあり、それぞれに住人を住まわせる事が可能です。

住人はそざい島で仲間にできるモブキャラやストーリーで仲間になるキャラクターなどいるので、自分の好きなキャラクターで街を作る事ができます。

ドラゴンクエストビルダーズ2
更に特定のモンスターを仲間にする事もでき、キラーパンサーに乗って移動なども可能です。

かいたくレシピなど色々とやり込める要素も存在するので、クラフトが好きな方なら楽しめるでしょう。

ただ、「バグが多い」、「セーブデータが1つしか作れない」という致命的な要素もありました。

正直セーブデータが1つしか作れないのはそういう仕様なんだろうと納得してからプレイするので特に気にはならないのですが、本作はクリスマスに合わせて発売したためかストーリーの進行ができなくなるバグなどもあるようでした。

私はバグにはほとんど遭遇しなかったのですが、レビュー上ではモンゾーラ島の姉妹のどっちから会話するか、ミッションの開始順番などでバグが発生していたようです。

これらのバグに加えてセーブデータが1つしか作れないので、セーブデータを戻してやり直しができない場合が多いというのが低評価の原因となっていますね。
(現在はアプデがきて序盤の?バグはほぼ修正されているようです)

内容自体が良かったのにこれらが原因で評価を下げているのは非常に勿体ないですね。
個人的には十分楽しむ事ができたので、バグが修正されている今からプレイしようと思っている方には強くお勧めしたい作品です。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはこちら

ドラクエビルダーズ2 攻略メニュー

以上で『ドラクエビルダーズ2』のクリア後感想についてを終わります