今回は『仁王』の2周目以降のレベル320装備について書いていこうと思います。

追記 320武器を鍛造することに成功しましたので、320武器の入手法は鍛造時に稀に入手できるという感じです。

そこで今回は、LV320武器・防具の入手法や320武器鍛造時の注意点などにまとめていきます。

スポンサーリンク

320武器

まずこちらの動画は、鍛造によってレベル320の相州伝打刀二刀が作成出来た時のものです
作業でやっていたので見逃していますが、ラスト1個手前で鍛造できています。

前回書いた記事に頂いたコメントによると300越えのミッションをクリアすると320の装備が作れるようになるとのことでしたので、320の武器を鍛造できるようになるタイミングは、ミッションレベル300越えのミッションをクリアすることがキーとなっている可能性もあります。
メインミッションでは
・穢れし霊峰 ミッションレベル305
・魔王耀変 ミッションレベル310
・仁王 ミッションレベル310
・彼岸の逢瀬 ミッションレベル310
・女王の目 ミッションレベル320
などがありますね
逢魔が時ミッションの300越えをクリアしなければならないという情報もあったのですが、私はクリアしていないのでこちらは誤情報となります。

私は「強者の道」のミッションを全てクリア済みで、500回程度「神器の欠片」1つ使用しての鍛造を繰り返したぐらいで鍛造することができました。
確率としては非常に低いですね。ソシャゲの課金ガチャで最高レア度を当てるくらいの確率かもしれません。
コメント頂いた方からも確率がかなり低いとのことでしたので、320武器を狙う場合は根気よく鍛造していきましょう。

武器の他にレベル320の防具の存在も確認されているので、全ての装備をレベル320で統一することも可能なようです。

スポンサーリンク

320武器鍛造時の注意点

2017y02m17d_143553385

まず鍛造で出来た武器をメインの武器と魂合わせをしてメインの武器を上げる際に掛かる費用は安いので問題ありません。
つまり、ベースが150の武器、素材が320の武器の場合ですね。

ですが、ベースに320の武器をセットし、素材に150の武器で320武器の+値を上げようとした場合は、600万以上(魂合わせの費用40%割引の状態で)、同じ武器種でも300万以上もの費用が掛かってしまいます。

特殊効果変更の打ち直しでも3000以上(20%割引状態で)の費用が掛かるので、320武器を鍛造できた場合、320に上げたいメインの装備を納得のいく+値&特殊効果の状態にしてからレベルの引き上げを行いましょう。

仁王 攻略メニュー

以上で『仁王』の320装備についてを終わります。