今回は『妖怪ウォッチ4』の「極玉(ごくだま)」の入手法について

「極玉」は大妖魔のトビラから挑戦出来るボスの難易度「極」で必要になるアイテムです。
このアイテムは「超」のボスから確率で入手出来ました。

そこで今回は、『妖怪ウォッチ4』の極玉の入手法と大妖魔の極ボスについて書いていきたいと思います。

「極玉」の入手法

まず、別記事でも書いているのですが大妖魔のトビラは「大妖魔のアーク」を所持していると開くことが出来るトビラで、本編で戦ったボスと再戦することが出来るシステムです。

「大妖魔のアーク」とトビラの場所は別記事でまとめています。
大妖魔のアークの入手法と大妖魔のトビラの場所

この大妖魔のトビラでボスと再戦する場合、難易度「ノーマル」と「超」は何度でも挑戦出来ますが、最高難易度「極クラス」に挑む時にはトビラに対応する数の「極玉」が必要になります。

「極玉」は「超」ボスを倒した時に低確率で入手出来ました。

参考までに私が戦闘したボスとドロップ率を書いておくと、
・超・ミツマタノヅチ=10回戦闘して0個
・超・ジンゲキ=10回戦闘して0個
・超・紫炎=10回戦闘して3個
・超・魔天・空亡=5回戦闘して0個

正直、思った以上に「極玉」の入手率は低めに設定されているようです。

運要素が強い気がしますが、レベルが足りているなら個人的に超・魔天・空亡で「極玉」を集めるのが良さげな気がします。

ただ、大妖魔のトビラのボスを倒すと超・ジンゲキは「ジンゲキアーマー」といった特殊な装備のドロップも確認出来たので装備も気になる方は様々なボスと戦うのが良さそうです。

追記:「極玉」を狙う時は超・真魔軍神・フクロウが効率良さげに感じました。

スポンサーリンク

大妖魔の極ボスについて

私は現段階では「極玉」の数をあまり集められていませんが、とりあえず一番弱い極・ミツマタノヅチと戦闘してみました。

とは言え、極・ミツマタノヅチでも推奨Lv60でHP16000程度の強敵でした。
戦闘勝利時に手に入ったアイテム「ふか~い漢方」のみ

おそらく、低確率で特定の装備の強化に必要なボス魂「ミツマタノヅチのボス魂」が手に入ると思うのですが、今の所は未確認です。

「極玉」集めに良さそうな超ボスやボス魂について何か分かれば追記したいと思います。

関連記事はコチラ
ふしぎなトビラの場所と封魔のアークの入手法
妖怪の魂集めと妖怪の出現場所(メモ用)
クリア後の記憶の世界の行き方とラスボス再戦

妖怪ウォッチ4 攻略メニュー

以上、『妖怪ウォッチ4』の「極玉(ごくだま)」の入手法についてでした。