今回は『フォールアウト76(Fallout76)』の重量について書いていこうと思います。

本作は前作と違って預けるアイテムにも重量制限が設けられていますね。
個人的にはこの重量制限が非常に厄介な印象です。

そこで今回は、『フォールアウト76』の重量の下げ方や所持重量上限の上げ方についてまとめていきます。

スポンサーリンク

重量制限

本作ではC.A.M.P.やワークショップに設置でき、各地にも配置されている収納箱(スタッシュ)は、どこに設置されているものも中身が一緒という四次元ポケット仕様になっています。

そしてオンライン専用のゲームなので、前作『フォールアウト4』のように建物内にある道具箱などをアイテム入れに利用するといった事はできません。

そのため、自分の所持アイテム+収納箱(スタッシュ)のアイテムのみが自分のアイテムという事になります。

収納箱に入るアイテムの重量は400までで、これ以上増やせるのかはまだ分かりません。
C.A.M.P.に関するサイドクエストもあったのでもしかしたら増えるかも?

また、ベータ版での重量上限なので、製品版では仕様が変わる可能性もあります。

 

重量の節約方法

まず武器とアーマーは重量が他のアイテムと比べても段違いに重いので、序盤の内は装備しているもの以外はほぼ全て解体してしまいましょう。

本作には武器レベルも存在するので、使えそうな装備を取っておいてもレベルの高い装備を入手して結局使わない可能性も高いです。

また、各地で拾うジャンク品は必ず解体しましょう。
解体してクラフト素材にする事でクラフトに使用する事が可能になり、重量も大幅に減少します。
解体前のものも収納箱の△でまとめて預けられてしまうので注意が必要です。

 

PERKでアイテム重量を下げる

各PERKには特定アイテムの重量を下げるものが存在します。
これらのPERKを早めに取得して装備する事でアイテムを多く所持する事が可能です。

BANDOLIER(Strength)
弾道武器用の弾薬の重量が減少
PACK RAT(Strength)
ジャンクアイテムの重量が下がる
STURDY FRAME(Strength)
アーマーの重量が25%軽くなる
TRAVELING PHARMACY(Strength)
スティムパックを含む薬物の重量が下がる
THRU-HIKER(Agility)
食料と飲料の重量が減少

他にも特定武器の重量を下げるPERKもあります。

追記 現在レベル52ですが、収納箱の重量は400のままです。
収納箱の中身はジャンク品のみで、使用している近接武器とショットガン、スナイパーライフル以外は全て解体。

重量減少PERKで必須なのは、
・BANDOLIERランク2(strength)
弾薬の重量90%減少
・PACK RATランク3(strength)
ジャンク品の重量75%減少
・STRONG BACK(strength、最大ランク4)
総重量10追加、合計40
・TRAVELING PHARMACYランク3(strength)
スティムパックを含む薬物の重量90%減少
・BATTERIES INCLUDEDランク3(intelligence)
エネルギー武器の弾薬の重量90%減少
・THRU-HIKERランク3(agility)
食料と飲料の重量90%減少

本作では結果的にPERKのほとんどを重量減少に使うというイメージでいた方が良いと思います。

 

Strengthを上げる

レベルアップ時にStrengthを上げると所持重量が5上がります。

 

装備を改造する

・武器なら軽量化
・アーマーなら軽量化やポケット付き

軽量化の改造を行うと重量を下げる事ができ、アーマーにポケットを付けると所持重量が5上がります。

 

ジャンク品を売却

鉄や木材など数の多いジャンク品はバルクにして売却する事で重量を減らす事ができます。
ジャンク品の売却やプラスチックの入手法

ベンダーの場所や商人(NPC)との取引

フォールアウト76(fallout76) 攻略メニュー

以上で『フォールアウト76』の重量についてを終わります。

スポンサーリンク