Magnum3.0 Gun Custom Simulatorのプレイ感想

今回は「Magnum3.0 Gun Custom Simulator」のプレイ感想について

「Magnum3.0 Gun Custom Simulator」はスマホ向けアプリで、ジャンルは銃のシュミレーション/シューティングです。
基本プレイは無料で、カスタマイズ要素が豊富なミリオタ向けアプリとなっています。

そこで今回は、スマホアプリ「Magnum3.0 Gun Custom Simulator」をプレイしてみた感想やネット上の評価などについても少し書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

Magnum3.0 Gun Custom Simulator

「Magnum3.0」は基本プレイは無料で、課金要素はあるもののゲーム自体は好きな時に好きなだけ遊ぶことができて、課金要素で購入するクレジットもチャレンジをクリアすることで少しずつですが入手出来ます。

基本プレイ無料のアプリの中では優良アプリなのは間違いないです。

ジャンルは銃のシミュレーションとシューティングなので、人を選ぶゲームですが「コールオブデューティー」や「メタルギアソリッド」などで武器のカスタマイズにこだわる方は楽しめると思います。
銃の情報で製造の歴史などが知れるので銃の勉強になるのもポイントですね

2017y06m28d_192520106

 

ゲームの基本的な流れ

アプリをインストールしたら自分の好みの銃を購入します。(銃の種類は大きく分けて5種類)
・セミオートマチック
・リボルバー
・サブマシンガン
・アサルトライフル
・スナイパーライフル
※セミオートマチックはいわゆるハンドガン

チュートリアルでは銃のシミュレーター画面で弾薬を1発ずつ込めたり、安全装置を外して発砲などの説明が入るので面倒に見えるかもしれませんがマガジン操作で弾薬はフルチャージ出来るので問題はありません。

私はメタギアやCODなど武器のカスタマイズが可能なゲームは割とこだわりますが、サプレッサーやサイト、フォアグリップなど初級レベルのカスタムしかしません。
しかし、Magnum3.0ではカスタマイズの種類が豊富で、性能的には必要ないと感じる箇所のカスタマイズまで可能です。

2017y06m28d_192517355

なので、ミリオタ的には嬉しいと思いますが、そこまでの知識がない方には取っ付き難いかもしれません。

武器のカスタマイズが終了したら射撃場を選び武器に合ったチャレンジを行います。
ステージ1をクリアするとステージ2が出現してステージ2をクリアするとステージ3という流れ

2017y06m28d_192521604

チャレンジのクリア状況は武器の種類によって違うので、同じハンドガンでも【U.S. M1911A1】と【GLOCK 17】のスコアなどは別物という扱いです。
銃によって使い続けるとレベルが上がり使いやすさが上昇していくという特徴もあります。

定期的に開催される大会に参加してランキング上位を目指しクレジットを狙うという楽しみ方も出来ます。

スポンサーリンク

Magnum3.0をプレイしてみた感想

実際に数時間程プレイしてみた感想としては銃のカスタマイズが細部まで良く作られているというのが率直な感想です。
シューティングチャレンジは最初、銃の照準を合わせるのに苦労しましたが、設定で応答速度を変更出来るので自分好みに設定することが出来ます。

アフィリエイトをやっている身としての感想ですが、チャレンジをクリアした時などに表示される広告が設定で完全に非表示に出来るのはポイントが高いです。

銃の動作がリアルに表現されていてカスタマイズ要素が豊富なので、上記でも書いたとおり人を選ぶゲームですがハマる人は必ずハマると思います。
銃の知識がそこまででもない私でも楽しめるので銃好きなら間違いなく楽しめるでしょう。

ネット上のレビューも簡単に調べてみましたが非常に高評価が多いです。
2017y06m28d_190230490
・久々にいいゲームをみつけたわ 操作性も良好でリアルでいいと思う!
・弾の制限がないし、銃やカスタムパーツもそこまで高い訳じゃないので、手に入れやすくていいです!
・撃って良し、カスタムして良しで、色々な楽しみ方ができます。
・これは神ゲーってはっきりわかんだね。でも、リボルバーとかほしいなぁ
・近年稀に見る良アプリ

課金要素が強いわけではなく、自分の好みの銃だけならチャレンジクリアなどで獲得できるクレジットでも充分カスタマイズ出来るので無課金に非常に優しいゲームですね。
銃に大して詳しくなくても銃が好きなら勉強にもなるので一度プレイしてみて損は無いでしょう。

以上、「Magnum3.0 Gun Custom Simulator」のプレイ感想についてでした。

スポンサーリンク

コメントを残す