今回は『ゴッド・オブ・ウォー』の感想について書いていこうと思います。

本作は2018年4月20日に発売された「ゴッド・オブ・ウォー」シリーズ最新作となるアクションゲームです。
私も発売日に購入し、本日攻略も大体終了しました。

そこで今回は、『ゴッド・オブ・ウォー』のクリア後評価や感想についてまとめていきます。

スポンサーリンク

ゴッド・オブ・ウォー クリア後感想

本作は人気アクションゲームの「ゴッド・オブ・ウォー」シリーズの最新作ですが、タイトルは『ゴッド・オブ・ウォー』とナンバリングタイトルではありません。
私はPS2の頃のタイトルをプレイしたのみなので、ストーリーをほとんど覚えていなかったのですが、前作をプレイしていなくても楽しめる印象でした。

ストーリーとしては、シリーズの主人公クレイトスが過去作の舞台であるギリシャ神話の世界から去って数年後のストーリーとなっています。

本作は北欧神話の世界が舞台となり、クレイトスが息子と共に母親の埋葬をする場面から始まり、
母親の「世界で一番高い山から遺灰をまいてほしい」という遺言のため、息子と共に世界で一番高い山の山頂を目指して旅に出るという話になります。

オープンワールドで展開される本作は、本編のメインの世界となる「ミズガルズ」の他に8つの世界が存在し、この作品では6つの世界を行き来する事ができます。

WS000103
グラフィックは非常に綺麗で、アクションも爽快感があってとても楽しいです。

また、エリア毎に謎解き要素が強く、この辺りは「アンチャーテッド」や「ゼルダ」シリーズと似たようなイメージになりますね。

北欧神話の世界という事で、オーディンやトールといった神々の名前が本編中に登場しますが、本作中には登場せず、あくまで父親のクレイトスと息子のアトレウスが母親の遺言を叶えるために旅をするというストーリーがメインになっています。
ですが、ストーリー冒頭でトールの兄弟であるバルドルに突如襲われたことから、北欧神話の神々との戦いにも巻き込まれていく事になり、本作はバルドルとの戦いに決着がついて母親の遺灰をまくところでエンディングを迎えました。

真エンディングではトールがクレイトスの家に訪ねてくる夢(予言)をアトレウスが見るというイベントもあり、これからシリーズとして展開されていくであろう終わり方となっています。

本作はメインクエストとサイドクエスト、やり込み要素として宝の地図や宝箱などの探索要素もあり、ボリュームも結構ありました。
メインクエストとサイドクエストを終わらせるだけだと50時間程度でしょうか。

全体通して完成度が高く、クレイトスとアトレウスが旅を通して絆を深めていく様子が上手く描かれていてストーリーはかなり楽しめました。
また、上述したようにグラフィックのクオリティも高く、イベント戦は迫力が半端ないですね。

舞台となっている北欧神話の世界も石碑や登場キャラの会話から聞けるのですが、この辺りもしっかり作られていて世界を探索して本作の世界を知っていく過程も楽しめるゲームだと思います。

後は個人的に登場キャラが少ないのも感情移入しやすくて良かったですね。
主人公のクレイトスと息子のアトレウス、そして本編途中で旅の仲間に加わるミーミルの3人がメインとなっていて、探索中も頻繁に会話が発生するので会話を聞いているだけでも面白いです。

サブキャラとしては魔女と鍛冶屋の兄弟、後は敵のバルドル+αくらいしかいないので、話が広がりすぎないで上手くまとまったストーリー展開になっています。

ゴッド・オブ・ウォー(PS4) 攻略メニュー

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

以上で『ゴッド・オブ・ウォー』のクリア後感想についてを終わります。

スポンサーリンク