コードヴェインはキャラメイクで女主人公も?バディやオンラインなど

今回は『コードヴェイン』のゲームシステムについて

『ゴッドイーター』シリーズを手掛けている吉村さんが企画を担当しているゲームなので気になる方も多いでしょう。
トレーラーは『ダークソウル』シリーズに似ていることで話題になりました。

そこで今回は、『コードヴェイン』のキャラクターメイキングやバディシステムなどのゲームシステムについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

コードヴェインのキャラメイクは女主人公も可?

今作は探索型のアクションRPGで、プレイヤーは吸血鬼の一人となり崩壊した世界を生き延びるのが目的です。
【ヴェイン】と呼ばれる世界を舞台に、【堕鬼(ロスト)】と呼ばれる人の心を失った敵と戦っていく【吸血鬼(レヴェナント)】の物語

そして、主人公はキャラクターメイキングで作成可能になっています。
かなり豊富なキャラメイクが出来るようで、主人公の性別を女性にすることも可能です。

育成要素もプレイヤーのスタイルに合わせた育成が可能で、「非常に自由度の高い育成要素が盛り込まれています」とのこと

キャラメイクは個人的にアクションRPGなどでは重要だと思っているので嬉しい仕様ですね。

一応、断言はしていませんが「世界は地続きになっている」とのことなのでオープンワールドと考えて良いと思います。

 

コードヴェインのバディシステムとは?

コードヴェイン,キャラメイク,女

今作は基本的にNPCを一人、探索に同行させて進めていくことになります。
現段階ではNPCが二人(上の少女と赤い髪の男性)公開されていますね。

2017y05m14d_011701724

バディを連れて行かずにソロプレイも可能で、バディとの吸血鬼ならではの共闘システムも搭載されているとのこと

吸血鬼には死の概念がなく、戦闘不能になっても時間経過で復活するため、死亡してもチェックポイントからリトライできるようになっているようです。
バディが力尽きても強制ゲームオーバーではないので連れて行かない意味もないですね。

 

コードヴェインの戦闘システムや吸血鬼

2017y05m14d_011442548

登場する武器・防具
・大剣(片刃、両刃)、片手剣、槍、斧、ハンマー
・【吸血牙装(ブラッドヴェイル)】と呼ばれる敵の血を吸うために使用する特殊な装備(防具)
・【錬血】敵から奪った血を使用して特殊な効果を発揮

基本となる武器は様々な種類があり、吸血鬼としての要素は吸血牙装(ブラッドヴェイル)と呼ばれる防具と錬血がメインのようですね。

 

コードヴェインのオンライン(マルチプレイ)要素は?

最後に、『コードヴェイン』のオンライン要素ですが、現時点ではオンライン情報は公開されていませんでした。
バディのNPCを他プレイヤーに出来るのか、という協力プレイが一番気になるところですね。

オフライン専用でも充分面白いと思いますが、『ゴッドイーター』シリーズを手掛けている方なのでオンラインがあるような気もします。

こちらについては続報が発表されたら追記したいと思います。

以上、『コードヴェイン』のキャラメイクやバディシステムなどの紹介でした。

スポンサーリンク

One Response to “コードヴェインはキャラメイクで女主人公も?バディやオンラインなど”

  1. なんか より:

    なんかテイルズオブベルセリアみたい、、笑

コメントを残す