ノーマンズスカイ攻略!資源の見分け方と建造物の種類など

今回は「ノーマンズスカイ」の攻略について

膨大な数の惑星があるとは言っても宇宙船の燃料補給などに必要な資源の種類は変わらず、高値で売れる資源なども同じ形をしています。

建造物も基本はシェルターで、その他に廃墟やビーコンなどがありますね。

そこで今回は「ノーマンズスカイ」の序盤に覚えておきたい資源の見分け方や建造物の種類などについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ノーマンズスカイ 資源の見分け方

本作で序盤に必要になる資源は、
・生命維持装置や発射エンジンなどのプルトニウム
・パルスエンジンのタミウム9
・修理や作成に必要になるヘリジウム
・高値で売れるエメリルや金
・異星人との会話に必要な炭素
これらでしょうか

入手場所の例として
プルトニウム-赤い結晶のオブジェクト(洞窟の中に大量に存在)
タミウム9-宇宙空間にあるゴミor地上にある花のようなもの
ヘリジウム-地上に存在する大きな鉱石の塊
エメリルや金-ヘリジウムの鉱脈と似ていて色は緑と金
炭素-惑星によって形は違うが基本は植物

大きな鉱石の塊を鉱脈(?)と呼ぶそうですが、これらの中にニッケルやアルミニウムなどの鉱脈もあります(色が若干ヘリジウムと似ているので見落とし注意)

鉄も必要になりますが岩の塊は大抵が鉄なのですぐ分かるでしょう。

ある程度プレイすれば見極められるようになり、結晶は鉱石関係で洞窟の中に多い、鉱脈は金稼ぎにオススメなどということが把握できるかと思います。

レア度の高い資源や貴重アイテムが落ちている惑星は限られていて、その場合は緑色の!アイコンで表示される上に管理レベルが高いのですぐに分かります。

スポンサーリンク

ノーマンズスカイ 建造物の種類

建造物は基本的に宇宙船に乗った状態でスキャナーを作動させることで確認出来ます。

未発見時は全て“緑色の?アイコン”で表示されています。
信号スキャナーを使用すれば周辺の建造物の判別が可能

建造物の種類は、
シェルター-基本的な建造物で中に異星人がいれば話しかけることが出来る
交易所-宇宙船の購入やターミナルが存在していてアイテムの売却が出来る
通信塔-救難信号を受信することで墜落船の場所を知ることが出来る
工場-センチネルが警備しているが扉を破壊して侵入可能
遺跡-周辺に知識の石が複数あり、中央ではイベントが発生
プラーク-言語知識を教わる事ができる
モノリス-遺跡と同じ(?)
廃墟-中に遺棄船があり調べるとテクノロジー入手
ターミナル-銀河市場の供給基地でアイテム売却
投下ポッド-スーツのアップグレード(スロット枠増加)
ベース-着陸地点ありのシェルター(?)
ビーコン-進化した生命体のいる場所を知ることが出来る
倉庫-惑星によって違うが資源の塊。破壊するとセンチネルが来る
などがあります。

私が見つけていない建造物もあると思うので、他にもあるかもしれません。

基本的には未発見の建造物を見つけたらアクションを起こせる何かがあるので、アクションボタンで調べていけば問題ないです。

イベントは異星人との会話や遺跡で発生し選択肢がありますが、失敗しても評価が下がるだけなので特に気にする必要はないと思います。

どうしても気になる場合は宇宙船の乗り降り&セーブポイントの起動でセーブが行われるので直前にセーブして失敗したらロードという手もあります。

ノーマンズスカイ 攻略メニュー

以上、「ノーマンズスカイ」の建造物と資源の見分け方でした。

スポンサーリンク

コメントを残す