今回は『SAO フェイタルバレット』のクリア後評価について

『ソードアートオンライン フェイタルバレット』は2018年2月8日に発売されたPS4用ソフトです。
これまでのシリーズとは異なり、プレイヤーがアバター+TPSというのが特徴ですね。

そこで今回は、『SAO フェイタルバレット』のクリア後の評価や感想について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

SAOFB クリア後評価と感想

まず、今作のこれまでのシリーズとの違いを簡単に上げると、
・プレイヤーがアバター
・ジャンルがTPS×RPG
・オリジナルキャラクターが多い

主人公がキリトではなく、ジャンルがTPSという点がこれまでのシリーズ作品とは大きく異なるポイントです。
発売前はプレイヤーがアバターという点はおいておき、ジャンルがTPSという点で批判的な声が少なくはありませでした。

ただ、私が実際にプレイしたみた感想としては予想よりも大分楽しめた、というのが率直な感想です。
正直、私もキャラゲーのTPSというのはあまり期待していなかったので・・・

私がプレイしてみて良かったと思う点は、
・プレイヤーがアバター
・オリジナルキャラクターが魅力的
・TPSが予想よりもしっかりしている
・トゥルーエンド到達後は満足感がある
・3Dモデルが良い
・フィールドが広いのが良い
・衣装の種類が多い

悪かった点を上げるとすれば、
・トゥルーエンドに入るための条件が面倒
・敵エネミーの使い回しが多い
・カバーアクションがない
・イベント中の選択肢による変化が少ない
・NPC(アファシス)のAIが悪い
・オンラインが微妙

個人的にプレイヤーがアバターというのはとても好きなゲームシステムなので、これがポイント高めでした。
オリジナルキャラクターが魅力的で、ヒロイン的ポジションが二人(クレハ/ツェリスカ)います。
2018y02m16d_232429779

そして、TPSが予想よりもしっかりしていて、オプションでカメラの回転速度を調整すれば自分好みに設定することが出来ます。
弱点部位を狙えば他の部位に攻撃した時の約4倍程度のダメージを与えられるので、なにげに極めがいもあります。

ゲーム慣れしていないプレイヤーはアシストモードを使用すれば自動で照準を合わせてくれる仕様もあるので、難易度としては優しい部類ですね。
エネミーだけを相手にする場合は光学威力の武器を使用すれば楽に倒せますし

それから、衣装の種類が多く、カラー変更で武器やアクセサリーの色も細かく変えられるのもポイント高めでした。

しかし、ネット上では酷評が多く「クソゲー」との声も少なくありません。
特にトゥルーエンドの条件が面倒&プレイヤーとの添い寝イベントに文句のあるユーザーが多いみたいですね。

今作ではエンディング(ノーマル2種類とトゥルー)が3種類あるのですが、ノーマルエンドは実質BADエンドなのでトゥルーエンドに入らなければ後味が悪いです。
なのに、トゥルーエンドに入るための条件が仲間の友好度を上げると発生するサブイベントを全て見る、なので作業感が強く私としても批判する声には頷けます。

そして、添い寝イベントに関してはプレイヤー側(アバター)で発生する添い寝イベントとキリトモードで発生する添い寝イベントが用意されています。
2018y02m10d_123604322
今作で追加されたオリジナルキャラクターはプレイヤー側で発生するのですが、加えてこれまでのゲームシリーズのオリジナルヒロインの添い寝イベントもプレイヤー側で発生します。
※ストレア/フィリア/レイン/プレミア

この、これまでのシリーズのオリジナルキャラクターがプレイヤー側で発生するという点で批判的な声がありますね。
個人的に添い寝イベントに関しては、これまでのシリーズのキリトのハーレム感が強すぎるのがあまり好きではなかったので正直気にはなりませんでした。

原作キャラクター(アスナ/シノン/リーファ/リズ/シリカ/ユウキなど)は全てキリトとの添い寝イベントですし、私としては良い感じに振り分けたな、という印象です。

キャラクターのAIですがアファシスに関してだけ、その場でエモーションをして止まることが多くイラつく場面が何度かありました。
しかし、他のキャラクターのAIはしっかりしていて、全員集合や回復優先などの指示に良く従ってくれるので言われているほど悪くはありません。

怪物系エネミーの近接攻撃を回避できるわけがないと言っている方もいましたが、スキルの「シールド・マトリックス」や「ハイパーセンス」を使用すれば回避可能なので戦闘システムは割と良く出来ています。

その他、2周目に入った場合に友好度の引継ぎが出来ないという点も悪いポイントとしてありました。
トゥルーエンドに入るための条件が友好度なのに、友好度を引き継げなかったら2周目に入るのが面倒過ぎるのでやってられないですね。

イベント発生条件なので分からなくもないのですが、普通にレベル・アイテム・装備・スキル・友好度などの中から自分で引き継ぎたいものを選ぶスタイルにすれば良かったのではないでしょうか

ただ、これに関してはエンディングを迎えた後に時間を巻き戻す(終盤の一部キャラが離脱する少し前まで戻れる)との選択肢があるので、時間を巻き戻してからやり込み要素にかかれば問題はありません。
というより、トゥルーエンド後も時間の巻き戻しが可能なのでこのゲームは周回プレイは基本的にしないのが当たり前のゲームなのだと思います。

最後にオンラインですが、前作と同じようにオンラインシステムは微妙です。
共闘クエスト(最大4人協力)はクエストを開始するとすぐにボス戦で、高レベルが集まると2分程度で終わるので全く面白くないです。

私はオンライン対戦はプレイしていないので何とも言えませんが、とりあえず前作と同じくオンライン目的で購入を考えている方は止めておいた方が良いでしょう。

しかし、純粋にSAOを知っていればゲームとしては楽しめたのでSAOファンであれば問題なく楽しめると思います。

最近のアマゾンレビューはよっぽどの神ゲーじゃない限りは酷評が多く、個人的にはどれだけ理想が高いんだ、と思うことが多いですね。
SAOファンでこれまでのゲームシリーズが楽しめて、プレイヤーがアバターという点に文句がなければ問題なく楽しめると思います。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

以上、『ソードアートオンライン フェイタルバレット』のクリア後評価や感想についてでした。

スポンサーリンク