今回は『ネルケと伝説の錬金術士たち』の異界の門について

異界の門は本編クリア後に追加される調査地で、パーティが倒れるまで戦闘を続けられるというやり込み要素の1つです。

そこで今回は、『ネルケと伝説の錬金術士たち』の異界の門や終盤におすすめのキャラについてまとめていきます。

スポンサーリンク

異界の門

異界の門は本編クリア後に解禁される調査地です。
任期を延長or周回プレイした場合でも解禁されます。

休日の調査でノイモント旧跡から行けるようになるのですが、出現する敵はランダムでラウンド形式で敵と戦闘していくという流れです。
パーティが全滅すると通常通りに休日が終了となります。

異界の門に関するトロフィーは無いのでただのお遊び要素の1つといった印象ですね。


ただ、他の調査地で出現しない魔物である「ますたーぷに」が出現する場合があります。
(私の場合は8ターン目辺りに確認)

6ラウンド目くらいからは敵の強さも他調査地と比べて桁違いの攻撃力と防御力になっているので、ある程度やり込むにはパーティ全体のレベルを限界近くまで上げる必要があるでしょう。

 

終盤おすすめパーティ

前回は序盤~中盤のおすすめとしてオート戦闘がしやすい、アタッカー+サポーター×4で紹介しました。

ですが、異界の門をやり込むのであればアタッカーキャラがお勧めです。
理由としては本編を進めて使用アイテムの累計生産数が上がったり、研究を完了する事で所持効果によってアタッカーキャラが非常に強くなります。

例としては、属性攻撃が付く、特殊攻撃(毒、麻痺、吸収など)が付く、基礎ステータスアップなどですね。

また、異界の門だとオートで戦闘していては勝てないので、使用アイテムを積極的に使用する必要があります。

私自身、異界の門をそこまでやり込んでいるわけでもないのですが、参考程度におすすめのパーティを紹介しておきます。

今のところの私のパーティキャラは、
アタッカー
ネルケ、クノス
・サポーター
エリー、リディー、ソフィー

まずネルケは固定なので当然ですが、アイテムをドライブ1で使用できたり、敵全体にダメージ+高確率で麻痺にできる「アインツェルカンプ」が非常に強力です。
本作の状態異常では敵の行動を完全に封じられる麻痺が強力なので、強敵を戦闘する場合はまず麻痺状態にする事を狙いましょう。

クノスは基本攻撃力が他キャラよりもずば抜けて高く、メテオールの所持効果で麻痺攻撃を習得します。
スキルも全体攻撃+一定確率で素早さ低下やターンゲージリセットなど発動すれば強力なものが多いです。

エリーはスキルやステータスは普通ですが、ドライブ4消費の「渾身のチーズケーキ」がアイテムを再利用が可能になるという非常に便利な効果です。
異界の門でもアイテムは一度までしか利用できませんが、エリーがいれば何度でも使用できるようになります。

リディーは回復特化キャラです。
戦闘不能の味方の回復や全体の状態異常+HP回復、ドライブ4つ消費で味方全体の戦闘不能+HP回復など、回復重視で活躍してもらえます。

ソフィーはバランス型のキャラクターですね。
私はソフィーが好きで調合でレベルを上げていたので使用していますが、戦闘不能回復とドライブ4つ消費のイージスフィールドが使いやすいくらいで特に特筆すべき点はありませんね…。
場合によっては他アタッカーキャラに変えた方が良いかも?

とりあえず以上のような感じですかね。

異界の門自体があまりやる必要のないものなのでやり込む気にならないというのが本音です。
レベル上げに使えそうな気もしましたが、任期延長時は急いでレベル上げを行う必要もありませんし。

街づくりの合間の気分転換に挑戦してみるといった要素なのかもしれませんね。

ネルケと伝説の錬金術士たち 攻略メニュー

以上で『ネルケと伝説の錬金術士たち』の異界の門についてを終わります。