今回は『バイオハザードRE:2』のクレア編のグレネードランチャー「GM79」の入手法について

グレネードランチャーは備品保管室で入手できる武器です。
クレア編のメイン武器と言っても過言ではないため、必ず入手しておきましょう。

そこで今回は、『バイオハザードRE:2』のグレネードランチャー「GM79」とカスタムパーツ入手法についてまとめていきます。

スポンサーリンク

グレネードランチャー GM79

グレネードランチャー「GM79」は警察署1階の備品保管室で入手する事が可能です。
ただし、入手には「武器持出許可証」が必要になり、「スペードの鍵」を入手してからの入手となります。

最短入手ルートは、
1,警察署3Fで「スペードの鍵」を入手

2,メインホール2階から待合室→美術室へ
3,美術室で「カード(武器持出許可証)」を入手

4,警察署1Fの備品保管室へ
5,部屋奥で「武器持出許可証」を使用して棚を開けるとグレネードランチャー「GM79」と「焼夷弾」入手

グレネードランチャーには「焼夷弾」と「硫酸弾」の2種類があります。
弾薬を切り替える場合はR1ボタン。

また、「ガンパウダー」と「強化火薬(白)」を組み合わせる事で「硫酸弾」を作成する事が可能です。

 

カスタムパーツ

グレネードランチャーのカスタムパーツは「ストック」になります。
効果は「安定した弾道の投射が可能になる」です。

「ストック(GM79)」の入手法は、


警察署地下のエレベーター管理室のロッカーからになります。

特にギミックなどはありませんが、エレベーター管理室の扉は「ハートの鍵」で開ける必要があるため、コレクションルームで「ハートの鍵」入手後に入手する事ができます。

バイオハザードRE:2(リメイク) 攻略メニュー

以上で『バイオハザードRE:2』のグレネードランチャーについてを終わります。