今回は『フォールアウト76(fallout76)』の食品工場について書いていこうと思います。

食品工場はサンシャインメドウズ工業型農場にあり、電力を供給する事で時間経過による自動食料生産を行う事が可能です。

そこで今回は、『フォールアウト76』の食品工場の使い方や腐らない食料の集め方についてまとめていきます。

スポンサーリンク

食品梱包工場

フォールアウト76

食品梱包工場は「サンシャインメドウズ工業型農場」のワークショップにあります。

フォールアウト76

ワークショップを獲得後に電力を通すと起動(必要電力40)し、右にあるターミナルにアクセスして生産したい食料を選択する事で、時間経過で選択した食料が生産されます。

必要電力は40と高めなので、先にジェネレータの設計図を入手しておきましょう。
ジェネレータ核融合の設計図と発電所修理クエスト

 

腐らない食料

食料のほとんどは時間経過で腐ってしまいますが、各地に落ちている缶詰や食品工場で生産できる食料は腐る事がなく、放射能ダメージもありません。

そのため、サンシャインメドウズ工業型農場のワークショップを獲得し、食料をある程度多めに確保しておく事で、その後の探索が楽になるのでオススメです。

食品梱包工場で生産可能な食料は以下、
(重量はAgilityのPERK「THRU-HIKER」ランク3装備時)

フォールアウト76
・マカロニ&チーズ
HP15、食料10%、重量0.03
・ファンシーラッドケーキ
HP15、食料10%、重量0.03
・新品の即席ポテト
HP20、食料15%、重量0.05
・ソールズベリーステーキ
HP25、食料20%、重量0.05
・シュガーボム
HP10、AP60、食料6%、重量0.05

おすすめは飢えの回復量の多いで「ソールズベリーステーキ」ですね。

フォールアウト76

それと食料が生産されるのは最大4つまでなので、定期的に食品工場に訪れて回収するようにしましょう。
後は盗まれないように編集モード→L2でロックを掛けておくのも忘れずに、

フォールアウト76(fallout76) 攻略メニュー

以上で『フォールアウト76』の食品工場についてを終わります。