今回は『Rust』のドアの外し方とコードロックについて

本作は序盤の内は「木製ドア」を作成して拠点に取り付けることになりますが、「金属片」を作成すると「鈑金製ドア」や「コードロック」が作れるようになります。

そこで今回は、PS4ゲーム『Rust』のドアの取り外し方と「コードロック」について書いていきたいと思います。

ドアの取り外し

本作は序盤に作成出来る拠点のドアに「木製ドア」と「鈑金製ドア」があり、最初は「木製ドア」を使用して金属片を手に入れたら「鈑金製ドア」に入れ替える形になると思います。

ただ、初見だと設置済みの「木製ドア」の外し方が分かりにくい印象ですね。

※金属片は「かまど」を使用して金属鉱石から作成出来ます。
かまど&金属片の作り方・低質燃料と金属鉱石の入手法

外し方としては下記の流れ


1.木製ドアの錠前のロックを解除する
ロックを解除してL2長押しで「錠前を取り外す」


2.錠前を付けていない状態のドアを開く
ドアを開くと「拾う」が表示されるので△で回収する

木製ドアの取り外しが完了した後は作成した「鈑金製ドア」を設置すればOKです。

 

コードロック

コードロックは「金属片×100」で作成出来るアイテムで、ドアに取り付けることで4桁のコードでドアの開閉が可能になります。

錠前と同じくドアに設置後、4桁のコードを設定するとドアがロックされ、以降はコードを入力したプレイヤーが出入り可能になります。

ソロでプレイしている方は「錠前」で問題ありませんが、チームでプレイしている方は「錠前」だと合鍵を作らなければならないので「コードロック」は非常に便利です。

基本的には全て同じコードで統一して個人の部屋や収納箱は別のコードにしておけば作業効率はかなり上がります。

Rust 攻略メニュー【PS4ゲーム】

以上でPS4ゲーム『Rust』の鈑金製ドアとコードロックについてを終わります。