今回は『Rust』のおすすめ武器の性能について

本作では武器を入手してからリサーチテーブルでレシピ化すると素材を集めてクラフト出来るようになりますが、基本的にはクラフト時に必要になる作業台レベルが高い武器が強力です。

そこで今回は、PS4ゲーム『Rust』の個人的おすすめ武器とアタッチメント、レシピや性能について書いていきたいと思います。

おすすめ武器

前回は序盤におすすめ武器の記事を書きましたが、本作で中盤~終盤におすすめ武器は作業台レベル2~3で作成可能な武器になります。

ただし、前提として本作では作業台レベル1で作成出来る武器以外はランダムで確率入手となるため運要素が強く狙って手に入れることは出来ません。

強力な武器が手に入るのはレア度の高いクレートやエアードロップ、軍用輸送ヘリコプターの鍵付きクレート、戦車破壊などになります。
箱・ドラム缶の入手アイテムまとめ
エアードロップの入手アイテム
軍用輸送ヘリコプターと鍵付きクレート
APC戦車の倒し方・入手アイテム

作業台レベル2~3で作成出来る武器は基本的にどれも強力なので、とりあえずは箱から入手してレシピ化出来たものを使用するのが良いでしょう。

ちなみに、賊の野営地で購入出来る「M92 ピストル」「SPAS-12 ショットガン」「LR-300 アサルトライフル」は強力で使い勝手も良いですがレシピ化出来ないので注意が必要です。

下記は個人的おすすめ武器

作業台レベル2 作成方法
トンプソン リサーチコスト:スクラップ×250
必要素材:木材×100、SMG胴部×1、金属バネ×1、上質金属×10
ポンプショットガン リサーチコスト:スクラップ×250
必要素材:上質金属×15、金属パイプ×2、金属バネ×1
作業台レベル3 作成方法
MP5A4 リサーチコスト:スクラップ×250
必要素材:上質金属×15、SMG胴部、金属バネ×2
アサルトライフル リサーチコスト:スクラップ×750
必要素材:木材×200、ライフル胴部×1、金属バネ×4、上質金属×50
ロケットランチャー リサーチコスト:スクラップ×750
必要素材:上質金属×40、金属パイプ×4

※確認出来ていない武器もあるので今後確認出来れば追記予定

アタッチメントは数自体が少ないですが、序盤に入手しやすい「簡素な手作り照準器」と「武器用フラッシュライト」は使い勝手が良くておすすめです。
アタッチメントの装着とレシピ一覧

スポンサーリンク

おすすめ武器の性能

トンプソン


弾薬:ピストル弾/装弾数:20発

トンプソンは反動が少なくPvPでは優秀な武器ですが、アタッチメントに「武器用フラッシュライト」を装着出来ないのが残念で、あくまで中盤向けの印象があります。

ポンプショットガン


弾薬:手作り弾、12ゲージ散弾/装弾数:6発

ポンプショットガンは「手作り弾」が使用出来る上に高いダメージ値を誇るショットガンです。

「手作り弾」は確率で弾が変な方向に飛ぶ?ようですが弾薬は「岩」と「火薬」で作成出来て、手作り弾でも敵NPCやPvP時に充分活躍してくれる優秀な武器です。

トンプソンに比べるとPvPでは扱いが難しい気もしますが、道路沿いにいる科学者(敵NPC)を倒す時には一番効率が良さげなので早めに手に入れておくのがおすすめ

MP5A4


弾薬:ピストル弾/装弾数:30発

MP5A4は上位のSMGでトンプソンと比べて装弾数が多い、反動が少ない、武器用フラッシュライトを装着出来るなど優れた点が多く使い勝手の良い強力な武器です。

ただ、射程が短いのでアサルトライフルと比較すると負けます。

アサルトライフル


弾薬:5.56MM弾/装弾数:30発

ダメージ値、射程、反動の少なさ、装弾数とどれを取っても優秀でPvPで重宝する武器です。

弾薬が「5.56MMライフル弾」使用で「ピストル弾」とレシピは同じ(金属片×10+火薬×5)ですが、一度のクラフトで出来る弾薬は5.56MMが3発、ピストル弾が4発という違いがあります。

一応、本作では「M249」が最強武器のようですが、M249を除けばアサルトライフルが最強クラスの武器なのは間違いないです。

ロケットランチャー


弾薬:ロケット弾/装弾数:1発

ロケランは説明するまでもないですが、他プレイヤーの拠点を攻撃する時に役立つ武器で、鍵付きクレートなどから入手出来る可能性があるので、入手時は必ずレシピ化しておきましょう。

関連記事はコチラ
銃器の性能とレシピ一覧
おすすめ採取ツールと上位レシピ
ヘリコプターの回避方法・入手アイテム
コンポーネントの使い道と集めておきたいもの

Rust 攻略メニュー【PS4ゲーム】

以上で『Rust』のおすすめ武器についてを終わります。