今回は『バイオハザードレジスタンス』のジャニアリーについて

ジャニアリーは監視カメラ破壊に特化したサバイバーで、対スペンサーやニコライ戦ではいるかどうかで脱出までの難易度が大きく変わる重要なキャラクターです。

そこで今回は『バイオハザードレジスタンス』のジャニアリーのおすすめ装備・スキルと立ち回りのコツについてまとめていきます。

ジャニアリーの性能とスキル


ジャンはアタッカー/ハッキングタイプのサバイバーです。

パーソナルスキルで監視カメラの破壊、パッシブスキルによって監視カメラへのダメージ大幅上昇といったように監視カメラを破壊してマスターマインドの行動を妨害するのがメインとなります。

フィーバースキル

フィーバースキル 効果
妨害工作 マスターマインドのスキルコストを大幅に上昇させる
基礎クールダウン:180秒
監視カメラ操作無効化 15秒間、マスターマインドが監視カメラを動かせなくなる
基礎クールダウン:180秒
E.S.I.無効化 15秒間、マスターマインドのE.S.I.が無効化される
基礎クールダウン:120秒

パーソナルスキル

パーソナルスキル 効果
インスタント 標的の監視カメラを即座に無効化する
クールダウン:60秒
ロックダウン ボタンを押している間、1秒毎に標的の監視カメラへ大ダメージを与える(最大15秒間)
クールダウン:30秒
マルウェア マスターマインドがスキルを使うとウィルスにより監視カメラを即座に無効化
クールダウン:60秒

パッシブスキル

パッシブスキル 効果
大口径 ジャンが監視カメラに与えるダメージが大幅に上昇
エネルギー遮断 作動中の監視カメラにダメージを与えるとマスターマインドのバイオエネルギーの回復が1秒停止する
武器破壊 作動中の銃器搭載カメラに対する攻撃力が大幅に上昇する
パッシブスキル2 効果
バーゲンセール ジャンが武器ボックスで購入する銃器以外のアイテムの価格が低下する
アーセナル ジャンが武器ボックスでランダムの強力武器を購入できるようになる
ドラッグストア 武器ボックスで全ての回復アイテムが購入可能になる

 

おすすめ装備・スキル

スキル 効果
妨害工作 マスターマインドのスキルコストを大幅に上昇させる
インスタント 標的の監視カメラを即座に無効化する
大口径 ジャンが監視カメラに与えるダメージが大幅に上昇
バーゲンセール ジャンが武器ボックスで購入する銃器以外のアイテムの価格が低下する
装備 効果
FMJ弾3(コスト7) 銃器の攻撃力が大幅に上昇する
エナジードリンク3(コスト6) パーソナルスキルのクールダウン時間が大幅に短縮する
ハッキング装置2(コスト5) 武器ボックスでの価格が下がる
ロングバレル2(コスト4) 銃器によるクリティカル発生率が大幅に上昇する

8月のアプデ前までは「アーセナル」を装備していましたが、アプデ後は「ロケラン」と「スパークショット」の出現率が下がった気がするので「バーゲンセール」に変えました。

ただし、フレンドがベッカ使用時などは「アーセナル」に変えることもあります。

最後の「ドラッグストア」もエリア毎にスプレー系が1個ずつ追加、「救急スプレー」が合計3個購入可能な強力なスキルなので使いやすいスキルを選ぶのが良さげな印象ですね。

パーソナルスキルは電磁シールド特化のスペンサーの数が減り「ロックダウン」は大して必要なくなり、「マルウェア」は大して使えないので現状だと「インスタント」一択です。

「フィーバースキル」に関しては単に私がMMプレイ時に一番鬱陶しいと思うのが「妨害工作」というだけの理由です。

装備は「アーセナル」の時はクレジットの入手量増加なども装備していましたが、最近はクリーチャー特化のMMが多いため現在はクリーチャーとも戦えるジャニアリーにしています。

 

立ち回りのコツ

ジャニアリーは監視カメラの破壊がメインですが、MMがアネットだと大してカメラ破壊は必要なかったり、スペンサーやニコライだと非常に重要だったりと上級者向けのサバイバーです。

特に現状だと敵がスペンサーやニコライの時に「無敵化ポッド」や自動銃器に対抗出来るジャニアリーがいるかどうかで勝敗が左右されるといっても過言ではありません。

立ち回りのコツとしては、
・インスタントは基本的にフェイントで使う
・スペンサーの無敵化ポッドはインスタントで即座に破壊
・ニコライの自動銃器は死角orインスタントで素早く破壊
・スレイブ化メインのMMが相手なら監視カメラ破壊を意識する
・フィーバースキルはタイミングを考える

まず、アプデで追加された「マルウェア」を使用するジャニアリーが割と多いのですが、「マルウェア」はかなり弱いので使うのは止めておいた方が良いです。

理由は前回別記事でも書いているのですが、
・マルウェアを仕込まれている監視カメラはMMが把握出来る
・「電磁シールド」があればウイルスを無効化出来る
・付近にサバがいないなら低コストカードを使用して自動修復に任せる
・「無敵化ポッド」や「自動銃器」搭載済みカメラを破壊出来ないのが致命的

上記のような感じで、マルウェアを仕込むのに夢中になっているジャニアリーは慣れているMMからすればあまり驚異にはなりません。

そして、「インスタント」に関しても使い方のコツがあり、
・遠くにある銃器搭載済みカメラの破壊を優先
・キーアイテム・警備装置のある部屋のカメラ破壊に使用
・警備装置に時間が掛かる場合は修復中のカメラに使用して耐久度を0にする
・フェイントでカメラを切り替えさせてから銃で破壊する

前提として「インスタント」はすぐに使う必要はなく、特に驚異でもない監視カメラを即座に破壊してしまうのはクールダウン時間を考えるとおすすめしません。

MMは基本的に「インスタント」を使われると画面にドクロが表示されるため、破壊される前にカメラ破壊時の+10秒を防ぐため別の監視カメラに移動します。


そのため、私の場合は作動中のカメラに「インスタント」を使用してゲージが溜まる前にキャンセルし、フェイントで作動中のカメラを牽制するように使用しています。

必ず破壊しなければならない警備装置前などの監視カメラであれば「インスタント」を使用してカメラを移動させ、移動させた後に「マチルダ」で耐久度をギリギリに調整、戻って来たら一発撃ち込んで破壊(+10秒加算)という感じですね。

その際、カメラの修復速度が早いMMなら耐久度が回復する前に「インスタント」を使用して耐久度を0にしたり、監視カメラを銃で撃ち続けて時間を稼ぐことも重要になります。

フィーバースキルの使用タイミングは敵がタイラントやネメシス使用後の消滅した瞬間や警備装置部屋にアネットがクリーチャーを大量に召喚している時などに使用するのが良いです。

ちなみに、私はコスト上昇を装備していますが現在はダニエルの使用率が高いので現状だとスレイブ化を阻止出来る「E.S.I.無効化」の方が良いかもしれません。

バイオハザード レジスタンス 攻略メニュー

以上、『バイオハザード レジスタンス』のジャニアリーについてでした。