今回は『バイオハザードレジスタンス』のタイローンについて

タイローンは近接攻撃メインのタンクタイプのキャラとなっており、スキルによる蘇生速度上昇や仲間のサポート役として重要なキャラクターです。

そこで今回は『バイオハザードレジスタンス』のタイローンの装備・スキル・立ち回りのコツについてまとめていきます。

タイローンの性能とスキル


タイローンはタンク/アタッカータイプのサバイバーです。

近接武器とパーソナルスキル「突き蹴り」を利用した近接戦特化のキャラクターでもあり、スキルを調整する事でダウンした味方を1秒程度で即蘇生する事もできるようになります。

フィーバースキル

フィーバースキル 効果
セーフガード 仲間の被ダメージを大幅に軽減
基礎クールダウン:120秒
ライフライン 付近にいる仲間の体力を回復する
基礎クールダウン:120秒
緊急対応 付近にいる仲間の移動速度が上昇する
基礎クールダウン:120秒

パーソナルスキル

パーソナルスキル 効果
パンプアップ クールダウン時間が短縮
クールダウン:9秒
激突 ドアをこじ開ける力が上昇し、「突き蹴り」のダメージが増加
クールダウン:15秒
サイドキック クリーチャーに大きなダメージを与えるサイドキックが使用可能になる
クールダウン:15秒

パッシブスキル

パッシブスキル 効果
防火服 トラップによるダメージを大幅に軽減
ファーストレスポンダー トラップにかかっている、または瀕死状態の仲間を救助しやすくなる
武器取り扱い術 近接武器の耐久度が上昇する。倒れている、這いずっているクリーチャーへの追い打ちがクリティカルになる
パッシブスキル2 効果
自動回復 体力が低くなると自動で回復する
起死回生 1度だけ瀕死状態から回復できる。その際イエローハーブの効果が付与され、フィーバースキルのクールダウン時間が大幅に短縮する
危機回避 ダッシュ中、ほとんどのクリーチャーに掴まれない

 

おすすめ装備・スキル

スキル 効果
緊急対応 付近にいる仲間の移動速度が上昇する
激突 ドアをこじ開ける力が上昇し、「突き蹴り」のダメージが増加
ファーストレスポンダー トラップにかかっている、または瀕死状態の仲間を救助しやすくなる
危機回避 ダッシュ中、ほとんどのクリーチャーに掴まれない
装備 効果
鉄クギ3(コスト7) 近接攻撃の攻撃力が大幅に上昇する
防弾ベスト3(コスト7) 体力の上限値が大幅に上昇する
救命ライセンス(コスト4) 瀕死の仲間を蘇生する時間が大幅に短縮する
USBメモリ2(コスト2) ミッション装置の解除時間が短縮

個人的にタイローンのおすすめ装備・スキルは上記になります。

ちなみに、8月のアプデ以降はクリーチャー特化のMMが多いので、クリーチャー対策を重要視する方は「突き蹴り」を「サイドキック」、「ファーストレスポンダー」を「武器取り扱い術」にするのも良いでしょう。

 

立ち回りのコツ

タイローンは装備によって立ち回りが変わりますが、
・仲間の蘇生
・ドア開け担当
・第2エリアの警備装置担当
・第3エリアのバイオコア破壊

私が意識しているのは上記のような感じです。

タイローンは体力が高いのでドア開けは必ず担当するようにして、敵が「デッドボルト(一度のドアロックでレベル3)」装備+「閉鎖トラップ」も使うスペンサーの場合は片っ端からドアを開けていくように心掛けましょう。

特にヴァレリーはドアに対する攻撃力が低過ぎるので、ヴァレリーがチームにいる場合は部屋に閉じ込められてしまわないように意識することも重要になります。

その他の役割としてはダウンした味方を素早く蘇生、敵がB.O.W.使用時にフィーバースキルの使用、クリーチャーに掴まれた味方を「突き蹴り」で救助といった感じです。

私は第2エリアでは警備装置の解除役を担当するようにしていますが、最近は「セキュリティカード」を持っていく野良が多いので担当する場面が少ない場合は装備を変更するのも良さげな印象ですね。

また、MMがダニエルで耐久装備の場合は体力の高さと「危機回避」を存分に活用して敵を完全スルーして目標を素早くこなしていくのも役立ちます。

ダニエルが「移動速度大幅上昇」持ちだと、しつこく追いかけてきて引っ掻きを連続で受けることもあるので、「イエローハーブ」を所持しておく(拾うor購入)のが重要です。

武器ボックスでは第1エリアで「金属バット」があれば購入(私の場合は松明の時は武器は購入しません)し、第2エリア、第3エリアで「スレッジハンマー」を購入

その他、ニコライ相手であれば「マチルダ」を購入してのカメラ破壊も視野に入れておくのが良いでしょう。

バイオハザード レジスタンス 攻略メニュー

以上、『バイオハザード レジスタンス』のタイローンについてでした。