今回は『バイオハザードレジスタンス』のダニエルの使い方について

ダニエルはスレイブ特化のクリーチャー型マスターマインドです。
耐久でノックバックを無効化出来たり攻撃力の大幅増加などが特徴になりますね。

そこで今回は、『バイオハザードレジスタンス』のダニエルのおすすめデッキ・スキルと使い方についてまとめていきます。

ダニエルの特徴

ダニエルはスレイブ時のクリーチャーを強化するパッシブスキルが多く、スレイブ化をメインにサバイバーを倒していくスタイルになります。

アルティメット 効果
残忍性 「フック」のスピードとダメージが上昇
ワインドアップ 標的が遠く離れているほど「突進」のダメージが増加
妨害 タイラントの近くにいるサバイバーを自動的に妨害して地面に叩きつける
パッシブ1 効果
吸血 スレイブ化可能なクリーチャーが攻撃をヒットさせるたび体力が一定量回復する
八つ裂き スレイブ化可能なクリーチャーの噛みつき攻撃によるダメージが大幅に増加
激昂 スレイブ化可能なクリーチャーの移動速度が大幅に上昇する
パッシブ2 効果
サディスト スレイブ化しているクリーチャーの攻撃力が大幅に上昇する
耐久 スレイブ化中のクリーチャーがノックバックしなくなる
無敵 スレイブ化しているクリーチャーが一時的に無敵になる
専用スキル1 効果
カジノゾンビ(再生) カジノゾンビ(再生)を出現させる(スレイブ化可能)
破裂ゾンビ(凶暴化) 破裂ゾンビ(凶暴化)を出現させる(スレイブ化可能)
オーバークロック 即座にバイオエネルギーを獲得、少しの間エネルギーが回復しなくなる
専用スキル2 効果
アーマーゾンビ 耐久力の高い完全防備のゾンビを出現させる(スレイブ化可能)
エネルギーモジュール(自動調整) 手札にある間、バイオエネルギーの回復速度が他の手札のコストに応じて上昇する
マキビシ マキビシを配置。サバイバーはこのエリア内で走るとダメージを受ける(同時に1箇所まで)

 

おすすめ編成

おすすめスキル

スキル 効果
残忍性 「フック」のスピードとダメージが上昇
激昂 スレイブ化可能なクリーチャーの移動速度が大幅に上昇する
耐久 スレイブ化中のクリーチャーがノックバックしなくなる
専用カード 効果
オーバークロック 即座にバイオエネルギーを獲得、少しの間エネルギーが回復しなくなる
アーマーゾンビ 耐久力の高い完全防備のゾンビを出現させる(スレイブ化可能)

おすすめデッキ・装備

装備 効果
鋭い爪3(コスト7) クリーチャーの攻撃力が大幅に増加する
防御強化ウイルス3(コスト6) クリーチャーのスレイブ化時に受けるダメージを大幅に軽減
防御強化ウイルス2(コスト4) クリーチャーのスレイブ化時に受けるダメージを軽減
バイオエネルギータンク2(コスト3) バイオエネルギーの最大量が大幅に増加する(最大16)
デッキ編成 1.ゾンビ×2
2.ゾンビ(感染)
3.肥大ゾンビ
4.肥大ゾンビ(感染)
5.モノマネゾンビ
6.アーマーゾンビ(軽武装)
7.閉鎖トラップ
8.ウイルスモジュール(凶暴化)
9.ウイルスモジュール(吸収)
10.高効率モジュール(クリーチャー)

ダニエルは最近デッキや装備を大きく変更して色々試しているのですが、上記のデッキは勝率が高めなのでおすすめ出来ます。

このデッキでは強化ガスではなくウィルスモジュールを2つ使用しているため、手札にあるモジュール以外のカードを次々に使用していく感じですね。

耐久+「防御強化ウィルス」でスレイブ化クリーチャーはタフになり、ウィルスモジュールによりモジュールが揃えば凶暴化+バイオエネルギー吸収が常に付与されます。

最初は攻撃力を装備で限界まで上げて「耐久」を「サディスト」にすることで攻撃力がかなり高くなるので強く感じたのですが、やはり耐久がないとショットガンやスレッジハンマー持ちに攻撃出来ないのでやめました。

1つ目のパッシブスキル「吸血」「八つ裂き」「激昂」はデッキの相性を考えるとどれが良いというわけでもないので、好きなスキルを選ぶのが良いかと思います。

 

立ち回りのコツ

※参考動画(プレイ動画)

上記のデッキ編成はダニエルの基本的なパターンですが、耐久のノックバック無効状態を利用してスレイブ化したクリーチャーでサバイバーをひたすら襲うスタイルです。

モジュール×2でコストが増加するものの耐久があれば噛み付きも簡単に成功し、攻撃を当てる度にエネルギーが回復していくのでエネルギー残量が足りなくなることはほぼないです。

そのため、基本的な立ち回りはサバイバーが移動する先のドア前にクリーチャーを召喚して待機、ドアの開閉で時間を稼いだり開けた時に引っ掻き攻撃などの繰り返しです。

耐久+「防御強化ウィルス」のおかげでスレイブ化中は一斉攻撃を受けても死ににくいので、噛み付きも積極的に狙って秒数を削っていくのが良いでしょう。

ただ、「八つ裂き」がなければ噛み付き時の攻撃力は低いのでダウン狙いであれば連続で引っ掻く方が効率良くダメージを与えられます。

凶暴化の効果で召喚時の立ち上がりもそこそこ早いので、単独行動プレイヤーが行き止まりの小部屋に入ったらドアロック⇒ドア前にクリーチャー召喚でダウンを狙っていくことも出来ます。

マーティンの「フラッシュバン」や余剰ヴァレリーの「閃光手榴弾」が厄介なので、なるべくクリーチャーを一箇所にまとめ過ぎないように召喚していくのが良さげです。

また、第1エリアは運が悪いとコストが高くて何も出来なくなる可能性があるので、プリセットは保険の意味も込めて各ドア前にモノマネゾンビやゾンビを複数配置するのがおすすめです。

スポンサーリンク

タイラントのコツ


タイラントは発売当初はかなり弱かったものの、現在はアプデで大幅に強化されてフック中に扉のくぐり抜けが可能など使い勝手はかなり良くなっています。

突進は壁に激突しても止まることなく限界まで動くことが出来るので突進⇒薙ぎ払いでぶっ飛ばし⇒連続フックといったコンボ攻撃で仕留めることも可能です。

また、防御はマーティンの「フラッシュバン」や「閃光手榴弾」を防ぐことが出来るので、敵が手榴弾を投げそうな時などは常に防御をして動くようにしましょう。

バイオハザード レジスタンス 攻略メニュー

以上で『バイオハザード レジスタンス』のダニエルのおすすめ編成についてを終わります。