今回は『バイオハザード レジスタンス』の初心者向けのポイントについて

本作はサバイバー(4人)とマスターマインド(1人)に分かれるオンライン対戦ですが、サバイバー側はチームワークが重要で覚えておきたいポイントがいくつかあります。

そこで今回は、『バイオハザード レジスタンス』のサバイバーの初心者が覚えておきたいコツや迷惑行為について書いていきたいと思います。

初心者が覚えておきたいポイント

武器ボックス

サバイバー側はマップに設置されている武器ボックスから武器やアイテムの購入が出来ます。
※購入出来るアイテムはサバイバー毎にランダムで別

アイテム購入には「アンブレラクレジット」を使用することになり、クレジットはフィールド場で拾ったり何かしらの報酬として受け取ることが出来ます。

初心者向けの武器アイテムは下記

アイテム名 使い道
グリーンハーブ 回復アイテム
閃光手榴弾 B.O.W.「G-バーキン」や「タイラント」に効果的
マチルダ 連射可能で使い勝手の良い強力な武器
※監視カメラも素早く破壊可能
近接武器 松明は炎上付与、スレッジハンマーは攻撃力高め
※第3エリアのバイオコア破壊には耐久値の高いスレッジハンマーが優秀

武器の弾薬

レジスタンスでは弾薬が全ての武器で共通になります。

各武器の性能の下に使用する弾薬の数が表示されていて、この弾薬数が1発撃った時に消費される弾薬という意味です。

ハーブの効果

ハーブ 効果
グリーンハーブ 体力を回復する
イエローハーブ 1分間防御力と攻撃力を上昇する
ブルーハーブ 感染状態を治す

レジスタンスではハーブが3種類ありますが組み合わせることは出来ず単体で使用します。

監視カメラの無効化

監視カメラはマスターマインドが操作していて、操作中のカメラは赤色で表示されています。

このカメラはジャニアリーのスキルor銃で撃って破壊すると一定時間無効化することが出来ます。

監視カメラを無効化すると制限時間が+10秒加算される上に、その監視カメラによるスキルカード使用も防げるため、敵が操作中の監視カメラは優先的に破壊しましょう。

監視カメラは初期装備のハンドガンだと破壊しにくいですが、上記でも書いた「マチルダ」や他の武器であればある程度素早く破壊することが出来ます。

キーアイテムの入手と所持

本作では第1エリアでは仕掛け装置を起動するためのキーアイテム、第2エリアでは警備装置を無効化するための「セキュリティカード」が存在します。

これらのアイテムは入手したプレイヤーが所持することになり、仕掛け装置にセットしたり警備装置を無効化する行動は所持したプレイヤーしか行うことが出来ません。

キーアイテムを所持したプレイヤーは画面左上のアイコンに表示されているので、自分がキーアイテムを所持している場合は必ず目標達成のために行動するようにしましょう。

キーアイテムは所持品から「置く」ことでその場に置いて別プレイヤーに渡すことも可能です。

キーアイテムの発見

バイオコアや警備装置などのキーアイテムは遠距離にあっても銃の照準を合わせることで発見出来るので、マップに表示させて仲間が場所を把握しやすくすることが出来ます。

特に第3エリアのバイオコアでは場所を知らせるのは役立つので覚えておきましょう。

ボーナスゾンビ

ボーナスゾンビは各エリアに一定時間経過で出現するバッグを背負った特殊なゾンビです。

このゾンビは出現場所はランダムでサバイバーの誰かが発見するとマップ上に黄色のアイコンで表示され、倒すとバッグを落とし、開けると強力な武器やアイテムを拾うことが出来ます。

ボーナスゾンビは時間経過で消滅し、消滅するとマスターマインド側に強力なスキルカードが渡るので見つけた場合は優先して倒すようにしましょう。

ボーナスゾンビを倒すことで「スパークショット」や「ATM-4」「火炎放射器」などの強力な武器の他に「救急スプレー」なども手に入れることが出来ます。

アルティメットスキル

マスターマインドはアルティメットスキルを使用することで、スペンサー以外はB.O.W.のスレイブ化でサバイバーを攻撃します。

アルティメットスキルはクールダウンがあり、B.O.Wのスレイブ化は使用時間(約60秒)があるため、基本的には逃げ回って対処するのが効果的です。

敵の体力を減らせば倒すことが出来ますが、殺されると制限時間が減少しますし、余程強力な武器が揃っていない限りは相手をする必要はありません。

また、G-バーキンやタイラントから逃げる時はマーティンのフィーバースキル「フラッシュバン」や「閃光手榴弾」「手榴弾」を使用すると役立ちます。

各B.O.W.はサバイバーを掴んで確殺する攻撃技があるので、その攻撃技に捕まっている味方がいる時は「閃光手榴弾」などで助けてあげましょう。

制限時間の稼ぎ方

制限時間は特定の行動をすると延長することが出来ます。
・ゾンビを倒す=10秒
・ケルベロスを倒す=5秒
・トラップの破壊・解除=10秒
・監視カメラの破壊=10秒
・その他目標達成や仲間の蘇生など

特にトラップの破壊と雑魚ゾンビ(這いずりゾンビや通常ゾンビ)は制限時間を稼ぎやすいので意識して狙っていくのが良いです。

エモート

本作ではサバイバー同士で意思疎通を図るためにエモートを使用出来ます。

エモートはL1長押し⇒十字キーで選択して使用
「賛成」「反対」「こっちだ」「待て」の4種類があります。

エモートは使用するとプレイヤーのアイコン右に表示されるので、指示を出しているプレイヤーがいる時はなるべく指示に従ってあげるのが良いです。

スポンサーリンク

迷惑行為

キーアイテムを所有してウロチョロ

これは単純にルールを把握していないだけだと思いますが、キーアイテムを所持しているのに仕掛け装置にセットしない、警備装置を無効化しないプレイヤーを見かけることがあります。

所持しているプレイヤー以外は仕掛け装置の解除や警備装置の無効化を行うことは出来ないので、キーアイテムを所持した状態でウロチョロするのは絶対に止めましょう。

脱出扉に集合しない

また、第1エリアや第2エリアで目標を達成して脱出扉を開放した後に脱出扉に集合しないプレイヤーとも遭遇しました。

脱出扉開放後は全てのプレイヤーが脱出扉前に集合しなければ次のエリアに進めないので、一人だけアイテム集めや放置といった行動もマナー違反と言えます。

脱出扉が開放された後はマスターマインドが脱出扉付近を集中的に妨害するので、素早く次のエリアに進まなければ無駄に制限時間を失ってしまうだけですし

トラップやゾンビの攻撃を受けまくる

本作ではゾンビの攻撃を受けたりトラップに当たると制限時間が減少します。
・ゾンビの噛みつき=-10~15秒
・トラップ=-5秒

ゾンビの攻撃は仕方がないとしても、トラップは意識して行動すれば見つけられるものも多いので、解除or銃で破壊して制限時間を延長することを意識して行動するのが良いです。

とりあえずパッと思いつく事を簡単にまとめておきましたが、他にも何かあれば追記します。

関連記事はコチラ
サバイバーのゲームの流れ
マスターマインドのゲームの流れ
アルティメットスキルの操作方法と特徴

バイオハザード レジスタンス 攻略メニュー

以上、『バイオハザード レジスタンス』のサバイバー側で初心者が覚えておきたいことについてでした。