今回は『モンスターハンターワールド アイスボーン』のベータ版について

本作は2018年に発売された『モンスターハンターワールド』に新要素を加えた大型拡張コンテンツです。
2019年9月6日に発売を予定していますが、現在はベータ版が配信されています。

そこで今回は、『モンスターハンターワールド アイスボーン』のベータ版の感想やクリア特典についてまとめていきます。

モンハンワールド アイスボーン ベータ版

本作のベータ版は2回に分けて実施されます。
・1回目:2019年6月21日~6月24日まで(PSPlus加入者のみ)
・2回目:2019年6月28日~7月1日まで(誰でも参加可能)

ベータ版では、
セーブデータは作成されない
キャラクターはあらかじめ用意されているものを選択(性別変更など簡単なもの)
シングルプレイとマルチプレイを選択可能
・ドスジャグラスの狩猟、バフバロの狩猟、ティガレックスの狩猟の3種類のクエストをプレイ可能
クエスト難度は、シングル、2人、マルチの3種類で参加人数によって自動で変化
・武器は各武器種1つずつ用意されていてその中から選択
・トレーニングエリアでは各武器のアクションを確認できる
・クエストをクリアしていると製品版プレイ時に特典として回復アイテムなどのパックを獲得可能
という感じです。

基本的には『モンスターハンターワールド』のベータ版の時のと同じようなイメージになります。
マルチプレイではクエストを選んで自動でマッチング(フレンドともプレイ可能)する簡単なものです。

スポンサーリンク

ベータ版感想

ベータ版でプレイできたのは
・古代樹の森でドスジャグラス(初級者)
・渡りの凍て地でバフバロ(中級者)orティガレックス(上級者)

新しいモンスターとなるのはバフバロとティガレックスの2種類です。

バフバロは巨大な角が特徴的なボルボロスのような動きをするモンスターで、角で雪岩を飛ばしたりする攻撃をしてきます。


ティガレックスはシリーズお馴染みのモンスターで攻撃パターンにそこまで違いはありませんでした。

プレイしてみた感想としては、良くも悪くも前作の『モンスターハンターワールド』と同じ印象です。
武器種毎に新アクションやモンスターに掴まる事ができる新要素の「クラッチクロー」など新鮮な要素もあり、前作同様にフィールドはシームレスに移動でき、グラフィックは綺麗と安定した面白さがあります。

ベータ版には登場していませんが、製品版には新しい古龍やナルガグルガ、レイギエナの特殊個体など他の新モンスターも続々発表されているので、私自身「アイスボーン」の発売は楽しみです。

 

クリア特典

クリア特典となるアイテムパックはクエスト毎に用意されているので、合計で3種類のパックを獲得可能です。
ただ、内容は回復薬や食事券などしょぼいものばかりなので、クリア特典目当てでわざわざプレイする必要はないかなと思います。

ですが、トレーニングエリアでは新要素のクラッチクローや各武器のアクションを思う存分確認する事ができるため、本作を購入予定の方にとっては良い練習になると思います。
まだベータ版は配信中ですので、新アクションを試したいという方はダウンロードしてみてはどうでしょうか。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

【MHW:IB】モンハンワールド アイスボーン 攻略メニュー

関連記事
モンハンワールド アイスボーンの発売日や引き継ぎ 新要素について
ライドコールの指笛とモンスターの乗り方
【MHW:アイスボーン】クラッチクローの使い方とぶっ飛ばし

以上で『モンハンワールド アイスボーン』のベータ版についてを終わります。