今回は『モンハンワールド アイスボーン』の発売前情報について

『モンスターハンターワールド アイスボーン』は『モンスターハンター ワールド』に新モンスターや新アクションなどの新たな要素を追加したアップグレード版です。

そこで今回は、『モンスターハンターワールド アイスボーン』の発売日や新モンスターなどの追加要素、データの引き継ぎについて書いていきたいと思います。

発売日や対応機種

『MHW アイスボーン』の発売日は2019年9月6日
対応機種はPS4となります。

PC版はPS4版よりも遅れての発売となり、発売時期は2019年冬頃とのことでした。

 

新モンスターや新要素について

アイスボーンでは、前作『モンスターハンター ワールド』のエンディング後のストーリーが描かれ、プレイヤーは新たな舞台“渡りの凍て地”で環境生物やモンスターの生態調査をするのが目的となります。

現在発表されている新要素は以下
・メインモンスターは古龍「冰龍 イヴェルカーナ」
・新クエストランク「マスターランク」が追加される
・新アクションが追加
・新フィールドが追加
・新たな環境生物が追加される
「ケイコクチョウ」「ユキダマコガネ」など

まず、本作で登場するのが決定している新モンスターは以下の3種類
・古龍「冰龍 イヴェルカーナ」

イヴェルカーナは本作のメインモンスター的な存在で古龍となるようです。

・獣竜種「猛牛竜 バフバロ」

・魚竜種「凍魚竜 ブラントドス」

その他にも2nd Gのメインモンスター「迅竜 ナルガクルガ」も登場するようです。

新フィールドは見て分かるように雪山と同じで「ホットドリンク」を使用する必要がある寒冷地となります。
クエストランクは「マスターランク」と呼ばれていますが、これはシリーズお馴染みのG級と同程度のクエストになるとのこと

新アクションは全ては公開されていませんでしたが、スリンガーの拡張機能によって“モンスターにしがみつくことができる”「クラッチクロー」が追加されます。

これにより、しがみついた後は「ぶっ飛ばし」や武器による攻撃などのアクションが取れるようです。

「ぶっ飛ばし」はスリンガーの弾を全て消費してモンスターの頭部を攻撃、モンスターを任意の方向に吹き飛ばすことが出来るアクションとなります。

全武器種で抜刀中にスリンガーの使用が可能になるようで、
・クラッチクローを使った双剣の連携技
・回避しながら弾のリロードが出来るライトボウガンの新強化パーツ
・大剣に射程が短くなる代わりにモンスターが怯みやすくなる「スリンガー強化撃ち」
など全武器種に新たなアクションが追加されます。

 

前作セーブデータの引き継ぎについて

本作はこれまでのシリーズと同じく『モンハンワールド』のセーブデータを引き継いで『アイスボーン』をプレイすることが出来ます。

スポンサーリンク

ダウンロード版や限定版特典

モンハンワールドを所持している方

本作は前作のアップグレード版ということで前作『モンハンワールド』を所持している方は低価格のダウンロード版を購入することでアイスボーンをプレイ出来ます。

ダウンロード版は2種類
・『モンスターハンターワールド アイスボーン』
価格:4,444円(税抜き)
・『モンスターハンターワールド アイスボーン デジタルデラックス』
価格:5,370円(税抜き)

『デジタルデラックス』には以下の特典が付属します。

・防具『銀騎士』シリーズ(重ね着装備)
・ジェスチャー3種
・スタンプセット2種
・ペイント1種
・ヘアスタイル1種
・マイハウス家具セット1種

モンハンワールドを所持していない方

『モンハンワールド』を所持していない方は『モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション』を購入する必要があります。
コチラは『モンスターハンター:ワールド』+『モンスターハンターワールド:アイスボーン』がセットになっています。

マスターエディションはパッケージ版とダウンロード版の2種類があります。
・パッケージ版:6,990円(税抜き)
・ダウンロード版:6,472円(税抜き)

上記の『デジタルデラックス』に付属する特典が欲しい方は『モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション デジタルデラックス(7,398円+税)』を購入する必要があります。

この他に「イヴェルカーナ」のフィギュアやサントラなどの特典が付属する『コレクターズパック』も販売されるので、気になる方は公式サイトでチェックして見て下さい。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

以上、『モンハンワールド アイスボーン』の発売前情報についてでした。