鬱ゲーのドラッグオンドラグーンシリーズ!ニーアや過去作の関連性など

この記事は4分で読めます

鬱ゲーのドラッグオンドラグーンシリーズ!ニーアや過去作の関連性など

ニーア・レプリカント

ドラッグオンドラグーンシリーズ(以下DODシリーズ)はスクウェア・エニックスより発売されているアクションゲームで、鬱ゲーとして非常に有名な作品です。

初代『ドラッグオンドラグーン』が発売されたのは2002年ですが、2010年にDODシリーズスタッフによるゲーム『ニーア・レプリカント』『ニーア・ゲシュタルト』が発売され、2013年には『ドラッグオンドラグーン3』が発売とまだまだ人気のある作品。

そこで今回はDODシリーズの関連性や『ニーア』とDODシリーズの関連性などをまとめていこうと思います。

ネタバレはしませんので購入する際の参考にどうぞ。

スポンサーリンク

DODシリーズの作品

2015y08m08d_001454580-tile2015y08m08d_001848731-tile

左上から、
・ドラッグオンドラグーン
・ドラッグオンドラグーン2
・ドラッグオンドラグーン3
・ニーア・レプリカント
・ニーア・ゲシュタルト

まずDODシリーズの関連性ですが『ドラッグオンドラグーン』と『ドラッグオンドラグーン2』はかなり関連性が高く前作をプレイしておくことをオススメします。

2は『ドラッグオンドラグーン』から18年後の世界となり前作の登場人物も登場しますが、

ストーリーは『ドラッグオンドラグーン2』単体で理解はできますし、説明も入るのでそこまで気にしない人は大丈夫です。個人的には『ドラッグオンドラグーン』をプレイした後にプレイすることをオススメしますが。

ちなみにDODシリーズは鬱ゲーとして知られていますが

『ドラッグオンドラグーン』は絶望、『ドラッグオンドラグーン2』は希望をテーマ

にしているので

『ドラッグオンドラグーン』は完全に鬱ゲーですが、『ドラッグオンドラグーン2』はそこまででもないです。

欝な展開が嫌いな人は2をオススメします。

 

また『ドラッグオンドラグーン3』は『ドラッグオンドラグーン』よりも遥か昔のストーリなので単体としてプレイしても問題ありません

しかし非常に評価の悪い作品となっていしまっていますね。

その理由としてあげられるのは

ストーリーが酷い
ドラゴンが劣化している
下ネタ要素
ロードの長さなどがあげられます。

私個人の感想で意見させてもらうとまずストーリーはそこまで悪くはないと思いました。

『ニーア・レプリカント』やDODに比べると劣化していると感じましたが、そもそも関連性がほとんどないので別の話と考えればそんなに悪くないと思います。

次にドラゴン戦ですがこれは劣化しています。前作までは地上戦においてもフィールドの広いステージだとドラゴンを呼んで一掃するなどの戦闘も可能でしたが、

今回は地上戦と空中戦のステージが完全に分かれていてドラゴンに乗っての戦闘が少なかったですね。空中戦は普通に面白かったです。

下ネタ要素は確かにいらないと思いましたが、ストーリーを進めていくうちに登場キャラのことが分かってくるとそこまで不快にも感じませんでした。

ですが最初は確かに登場キャラクターがどれも好きになれなくて不快感はありましたね。

ロードは長いものだと覚悟していればそこまで長くないじゃんと感じる程度です。わたしはそこまでロード時間を気にしてなかったのであまりその点で不満は感じませんでしたね。

こんな感じですが評価が微妙な作品なので、購入する際の参考にして頂ければとおもいます。

スポンサーリンク

 

ニーア・レプリカント

最後に『ニーア・レプリカント』と『ニーア・ゲシュタルト』ですが、この2作品はシリーズものではなくヒロインである女の子がいるのですが、そのヒロインとの関係が違うというものです。

PS3のレプリカントでは主人公はお兄ちゃんでヒロインが妹という立場になります。

またXbox360のゲシュタルトでは主人公はお父さんでヒロインは娘となります。

ゲシュタルトはプレイしていないので他にも違いがあるかは分かりませんが、仲間との関係も少し違ってくると思います。

大元のストーリーは同じですので、気に入った主人公のソフトをプレイすればいいと思います。

この作品はかなり傑作です。わたしがDODシリーズとニーアでランキングをつけるなら

1位ニーア・レプリカント
2位ドラッグオンドラグーン
3位ドラッグオンドラグーン2
4位ドラッグオンドラグーン3

です。今考えてつけたのですがやっぱり『ドラッグオンドラグーン3』は最下位ですね(笑)

ですが2位と3位の差はかなり開いてのランキングです。

『ドラッグオンドラグーン』と『ニーア・レプリカント』は両方傑作です。

 

tumblr_n00kmwWar71qh65lxo1_500

ちなみにDODシリーズは音楽も非常に素晴らしく未プレイの方でもサントラだけ買ったという方も多いぐらいです。音楽でランキングをつけるとしたら

1位ニーア・レプリカント
2位ドラッグオンドラグーン3
3位ドラッグオンドラグーン・ドラッグオンドラグーン2

ですかね。『ドラッグオンドラグーン』と『ドラッグオンドラグーン2』は正直そこまで音楽覚えていないのですが

2の主題歌である中島美嘉さんの「ひとり」はかなり好きで聞いてました。

ということで初めての方にオススメするのは『ニーア・レプリカント』です。DODシリーズなら『ドラッグオンドラグーン』です。

ですが『ドラッグオンドラグーン』は初代ですので操作方法がやりにくいと感じるかもしれません。

なので『ドラッグオンドラグーン』からプレイしていくのがゲームシステムの進化も感じられるので良いのではないかと思いますが

時間もかかるので何でもいいからやってみたいという方は『ニーア・レプリカント』がオススメです。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

 

DODシリーズの関連作品

2015y08m08d_002834543-tile

左上から、
・ドラマCD「ニーア レプリカント」ウシナワレタコトバトアカイソラ
・ドラッグ オン ドラグーン 死ニ至ル赤
・どらっぐ おん どらぐーん ウタヒメファイブ

まず一つ目のドラマCDですがこれはニーア・レプリカントの前日譜のドラマCDとなるのですがDODシリーズやニーアの設定資料集を読んでないと理解できない可能性がありますので注意が必要です。というのも『ニーア・レプリカント』は『ドラッグオンドラグーン』のマルチエンディングの一つのその後の世界という設定があるためです。

おまけとして『私立レプリカント高等学校』も収録されています。かなりいい出来かと思いますのでオススメです。

次の2作品は『ドラッグオンドラグーン3』に関連する漫画作品です。

死ニ至ル赤は後日談、ウタヒメファイブは前日譜となります。これもどちらもちゃんとDOD作品らしい作品となっており非常にオススメです。

ウタヒメファイブは、萌え絵っぽいので騙されそうですが中身はしっかりとしている作品です。

長くなりましたが今回はここまでとさせていただきます。

関連記事
ニーアシリーズ新作発表!前作のストーリーネタバレや評価も
ニーアオートマタのPV公開!発売日や内容など最新情報に前作も

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

発売予定のゲームを始め、私がプレイしたゲームの攻略記事、アニメ関係などの気になった話題を記事にしていくブログです。

オススメコミックや、アニメなども取り上げて記事にしているので気になった方はぜひ読んでいってください。

グリム通信のツイッターアカウントもあるので良ければフォローお願いします。



※アンチコメントが増えてきていますが、基本スルーするか見つけた場合削除します。

お知らせ

  1. 2016y01m26d_000803665

ゲーム攻略メニュー

カテゴリー記事

作品まとめ

  1. 2016y01m30d_151158341
  2. 2016y01m30d_153329220
  3. 2016y04m14d_233454035
  4. 2016y06m03d_140920794
  5. 2016y01m30d_231906329

オススメ作品

  1. 2016y07m13d_112025801
  2. 2016y07m13d_065828546
  3. 2016y07m13d_230230076
  4. 2016y07m13d_063357217
  5. 2016y07m13d_082055907

発売予定ゲーム情報まとめ

ネタ記事

カテゴリー