今回は『シタデル』の布製防具の作り方について

布製防具は本作の序盤で作成出来る防具で、「布」と「ルーンクリスタル」で作成出来ます。
初期だと防御力が低い状態なので作り方は早めに把握しておくのが良いですね。

そこで今回は、『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』の序盤の布製防具の作り方や仕立台、山吹松の入手場所などについて書いていきたいと思います。

布製防具の必要知識

まず、序盤に布製防具を作成するためには下記の知識が必要になります。

防具名 必要レベル
森林の帽子 初期
森林のチュニック 初期
ソロモンの帽子 10
新参者のローブ 10
足巻 10

最序盤だと「森林の帽子」と「森林のチュニック」を作成し、レベル10到達後は「ソロモンの帽子」「新参者のローブ」「足巻」の知識を習得して作成していくと良いです。

初期2つの防具は手作りで作成出来ますが、レベル10で習得出来る防具一式を作成するためには「仕立台」が必要になります。


「仕立台」は建築関係の知識の一番右にある「クラフト」の項目にある「仕立台(必要レベル5)」を習得すると作成可能になります。


知識習得後は十字キー左のクラフト画面の「魔法」の項目から「ルーンクリスタル×15」「木×30」で作成出来ます。

 

森林の帽子と森林のチュニックの作り方

防具名 必要素材
森林の帽子 布×5、ルーンクリスタル×5
森林のチュニック 布×15、ルーンクリスタル×5

「森林の帽子」と「森林のチュニック」は初期から作成出来る防具で、「ルーンクリスタル」と「布」のみで作ることが出来ます。


布は「山吹松×2」で「布×1」をクラフト出来て、「山吹松」は森の中に大量にあるオレンジ色の植物を素手(□)で採取することで手に入れることが出来ます。


「山吹松」を手に入れたらインベントリ画面の「クラフト」の「素材」の項目にある「布」から作成可能


「ルーンクリスタル」はチュートリアルでも出てきたので分かるかと思いますが、フィールド上にある青色の石を素手で拾うor大きな塊を近接武器で攻撃すると入手出来ます。

必要素材が集まったらインベントリのクラフト画面の「帽子」の項目から「森林の帽子」、「シャツ」の項目から「森林のチュニック」を手作りで作成していきましょう。

スポンサーリンク

レベル10で作成出来る布製防具

レベル10で作成出来る「ソロモンの帽子」「新参者のローブ」「足巻」も必要素材は「布」と「ルーンクリスタル」のみですが、作成には「仕立台」を使う必要があります。

なので、まずは「仕立台」の知識を習得してから必要素材を集めて自分の拠点内に設置

設置後、仕立台を使用すると帽子、シャツ、ブーツの項目からそれぞれの防具を作成出来ます。
作成する際は1個ずつクラフトする必要があります。


クラフトを開始すると仕立て台の上にゲージが表示され、クラフトが終了すると仕立て台の上にアイテムが落ちるのでアイテムを拾うと作成した防具を手に入れることが出来ます。

布製防具を作るための必要素材はどれも簡単に手に入るものばかりなので、序盤を有利に進めるためにも防具一式は早めに揃えておくのが良いでしょう。

関連記事はコチラ
素材の採取ツールと効率の良い集め方
ダッシュ魔法の作り方や移動速の上げ方
鉄のインゴット/鍜治場の作り方と鉄鉱石の入手場所
拠点の作り方と玉座・扉の付け方や建築物の解体

シタデル 攻略メニュー【PS4】

以上、『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』の序盤の布製防具の作り方についてでした。