今回は『シタデル』のおすすめ防具と知識習得順番について

本作には4種類の防具があり、どの防具も最強防具は防御力に違いがありません。
ただし、必要素材には違いがあるので作りやすい防具がおすすめですね。

そこで今回は、『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』の個人的におすすめ防具と知識の習得順番や必要素材について書いていきたいと思います。

おすすめ防具と知識レベル

本作はレベルアップ時に獲得出来る知識ポイントが終盤だと多くなるものの、序盤だと作業台やオベリスク関係の知識で大分持っていかれることになります。

そのため、全防具の知識を習得するのは知識ポイントの無駄遣いになるので注意
※出来れば教団メンバーで分担するのが良いです。

そして、私はオンラインのPVP(ノーマル)をプレイしていますが、最終的に作りやすく必要だと思った防具の知識の習得順番は下記

布製(必要Lv10) 必要素材
ソロモンの帽子 防御力12~24
必要素材:布×15、ルーンクリスタル×10
新参者のローブ 防御力30~63
必要素材:布×28、ルーンクリスタル×16
足巻 防御力6~11
必要素材:布×11、ルーンクリスタル×5
鉄製防具(必要Lv22) 必要素材
鉄の兜 防御力22~41
必要素材:鉄のインゴット×12、ルーンクリスタル×15
鉄の鎧 防御力57~106
必要素材:鉄のインゴット×35、ルーンクリスタル×19、革×10
重装グリーヴ 防御力35~66
必要素材:革×20、ルーンクリスタル×14、鉄のインゴット×8
強化ブーツ 防御力10~18
必要素材:革×12、ルーンクリスタル×10、鉄のインゴット×4
鉄製防具(必要Lv40) 必要素材
強化鉄の兜 防御力52~77
必要素材:黒鉄のインゴット×15、完全なルーンジェム×9、暗黒のプラズマ×1
強化鉄の鎧 防御力136~202
必要素材:黒鉄のインゴット×27、完全なルーンジェム×20、革×12、暗黒のプラズマ×5
強化鉄のグリーヴ 防御力85~126
必要素材:黒鉄のインゴット×20、完全なルーンジェム×14、革×10、暗黒のプラズマ×3
強化鉄のブーツ 防御力23~33
必要素材:黒鉄のインゴット×15、完全なルーンジェム×12、暗黒のプラズマ×2
革製防具(必要Lv50) 必要素材
鉄のマスク 防御力67~91
必要素材:黒鉄のインゴット×12、完全なルーンジェム×12、改良革×10
レギオンの革鎧 防御力175~237
必要素材:改良革×42、完全なルーンジェム×24、青金のインゴット×10
レギオンの革ズボン 防御力109~148
必要素材:改良革×25、完全なルーンジェム×18、青金のインゴット×8
レギオンのブーツ 防御力29~40
必要素材:青金のインゴット×15、完全なルーンジェム×14、改良革×10

序盤は布製防具で、中盤は鉄製防具、終盤は革製の最強防具という順番です。

スポンサーリンク

各防具の特徴

序盤の布製防具

こちらは説明するまでもないと思いますが、本作の序盤初期Lvを除くと一番最初に習得出来る防具です。

ブーツに付与される「移動速度」が序盤だと重要になってくるため、一番最初に知識を習得可能になる布製防具は必要素材も集めやすいためおすすめです。

最終的に革製防具を作成することになるのでポイント的に必要Lv14の革製防具でも良さげな印象ですが、個人的には序盤に「皮」を集めるのが大変という点も含めて布製をおすすめします。

鉄製防具

私の場合はレベル22で知識を習得出来る鉄防具一式までは布製防具で進めました。

他の防具は次のランクの防具をレベル28~36で作成する必要がありますが、鉄防具一式はレベル22で作成出来るので知識があればすぐに習得出来ます。

レベル22になると序盤エリアの山頂にいるフレイムドラゴンのテイムが可能になるため、レベル22~25程度でドラゴンのテイムを狙う場合に戦闘用に鉄防具一式が重要に感じました。

強化鉄一式

強化鉄一式はレベル40で知識を習得出来る防具で各種最強防具を除くと一番防御力が高いです。
※布製の必要Lv46「宿神王一式」も同程度ですが布製にはズボンがありません。

ただし、強化鉄一式は「黒鉄のインゴット」を多く集める必要があるため作成は少し面倒です。

なので、あくまでレベル50の革製防具までの一時的な使用と考えて特性を厳選するために大量に作成するといったことは止めておいた方が良いでしょう。
※黒鉄のインゴットは高ランク武器の作成にも必要になるため

革製最強防具

本作では布製/革製/獣製/鉄製の全ての最強防具で防御力は同じになるため、最強防具を作成する時は必要Lv50で知識を習得出来る革製防具「レギオン一式」がおすすめです。

必要素材を見る限りでは作りやすさは「レギオン一式」よりも布製最強防具「インディゴ一式」の方が作りやすいですが、インディゴ一式は必要Lv60の上に見た目が微妙なので個人的にはおすすめしません。

本作はレベル上げがかなり面倒なので必要Lv50で知識を習得出来るという点は何気にポイントですね。

また、革製防具は「改良革」を集めるのが大変ですが比較的素材集めは楽なので、特性を厳選するため何度も作成することを考えてもおすすめできます。

ポイントを考えると布製の次は革製を順番に習得・作成していくのが良い印象ですが、上記の順番は「レギオン一式」の特性厳選のため「革」を温存しておきたいという理由もあります。

見た目的には必要Lv58の鉄製防具「漆黒鋼一式」が良かったのですが、必要素材が大変なのとレベル58まで上げる必要があることを考えるとやはり「レギオン一式」がおすすめです。

その他、私の場合は知識ポイントをフレンドと鉄製防具、革製防具で分担したのでソロプレイなど知識ポイントを分担出来ない場合は「忘却のエリクサー」の使用も考えておくと良いでしょう。

関連記事はコチラ
最強防具の作り方必要素材の入手法
忘却のエリクサーの作成とステ振り直し
防具一覧と必要素材・性能まとめ
序盤~中盤のおすすめテイムモンスターや飛行生物

シタデル 攻略メニュー【PS4】

以上、『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』のおすすめ防具の順番についてでした。