今回は『シタデル』の序盤~中盤のおすすめレベル上げについて

本作はレベルが上がるとキャラクターポイント/知識ポイントを獲得出来て、レベルが上がらなければ習得出来ない知識もあるため序盤はレベル上げがメインになるかと思います。

そこで今回は、『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』の序盤~中盤の効率の良いおすすめレベル上げについて書いていきたいと思います。

序盤のレベル上げ・経験値稼ぎ

まず、序盤のレベル上げにおすすめなのは植物の採取とクラフトです。

詳しく書くと下記の行動
・クロウベリー、幽青蘭、山吹松を採取
・ルーンクリスタルを拾う
・山吹松を「布」にクラフト
・ルーン結晶の採取
・エッセンスの採取

序盤の内はセーフゾーン周辺で植物の「クロウベリー」「幽青蘭」「山吹松」を採取すると効率良く経験値を稼ぐことが出来ます。

本作では「木」「石」「ルーンクリスタル」を拾うのと上記の植物採取は10EXPを獲得出来て、泉周辺にあるエッセンスを採取した時には7EXPを獲得出来ます。

他の採取行動で言えば、木や岩を武器or魔法「エクストラクト」で採取する場合は2EXP、ルーン結晶の採取は6EXPなど

敵を倒すと経験値が結構入るものの、倒される危険性や敵を見つける必要があることを考えると一番経験値が入る植物採取をひたすら繰り返すのがレベル上げとしては非常におすすめです。


また、レベル10到達後は知識「体力の小瓶」と「マナの小瓶」を習得して錬金釜でクラフトすると25EXPが入るので、こちらも同時進行していくのがおすすめですね。

・「体力の小瓶」は「クロウベリー」+「ルーンクリスタル」
・「マナの小瓶」は「幽青蘭」+「ルーンクリスタル」

その他、「布」の数が多くなったら作業台で「改良布」にすることでも経験値を稼げます。

私はレベル15程度までは植物採取メイン+見つけた敵(猪や熊)を倒すことで経験値を稼ぎました。

スポンサーリンク

中盤のレベル上げ・経験値

レベル15以降でも植物採取は経験値稼ぎとして有効ですが、レベルが上がって「旅人のホウキ」などを所持している場合は北部に進むのも良いです。

本作ではセーフゾーン周辺が序盤エリア、北東が中盤エリア、北西が終盤エリアという感じで分かれていて難易度の高いエリアではランクの高い植物を採取することが出来るようになります。

ランクの高い植物だと採取時の経験値も上がり、
・北東の「骸草」「バスカスの葉」「牛毛の薬草」は20EXP
・北西の「雪柳草」「キルマの花」「カルティビターの薬草」は30EXP

上記のように一回の採取で得られる経験値が増加します。
とは言え、序盤エリアよりも植物自体が見つけにくいこともあるので植物採取メインだとそこまででもないです。


ただ、高難易度エリアだと木の採取時の経験値も上がり、北東の木だと採取時に3EXP、北西の木だと採取時に6EXPを獲得出来ます。

敵が強敵ばかりなので危険ではありますが、北西の雪原エリアの比較的安全な高台などから木に向かって「エクストラクト」を繰り返すだけでもある程度の経験値を稼ぐことが出来ます。

初歩的なことですが、ランクの高い武器で「エクストラクト」を使用すれば採取スピードが上がるため、ランクの高い武器の方が木採取による経験値稼ぎの効率も上がります。

フレンドとプレイしている方であればパーティーを組んで敵の拠点を巡ったりするのも良い気がしますが、ソロでレベル上げをしている方は上記のように植物採取or高難易度エリアの木採取がおすすめです。

追記:終盤におすすめレベル上げの記事を書きました。
終盤のおすすめレベル上げ・経験値稼ぎ

関連記事はコチラ
魔法属性の種類とエンチャントの効果一覧
ファストトラベル地点の解除方法と場所
荒天・氷雪・火炎のエッセンスの入手場所
リスポーン地点(復活の石)の作り方

シタデル 攻略メニュー【PS4】

以上、『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』の序盤~中盤のレベル上げについてでした。