今回は『The Outer Worlds(アウターワールド)』の発売前情報について

『The Outer Worlds』は『Fallout』シリーズに雰囲気が似ているFPSです。
本作はシングル専用のオープンワールドゲームで日本語版の発売も決定しています。

そこで今回は、『The Outer Worlds(アウターワールド)』の発売日やゲームシステムなどの最新情報について書いていきたいと思います。

発売日や対応機種

『アウターワールド』の発売日は2019年10月25日
日本語版も10月25日に同時発売されます。

対応機種はPS4/Xbox One/PCとなります。

その他、2019年7月にはSwitch版の制作も発表されていて、発売日は↑よりも後になりますがスイッチ版でも発売されるとのことです。

 

ストーリーとシステム

本作は銀河の最果てにあるコロニー「Halcyon(ハルシオン)」が舞台となるシングルプレイ専用のオープンワールドゲームです。

プレイヤーは移動中に行方不明になった入植船で70年ものコールドスリープから目覚め、自分を目覚めさせた博士に協力して他の植民者達を目覚めさせることになります。

ゲームシステムとしては『フォールアウト』のようなプレイヤーの選択がキャラクターや世界に影響を与えてエンディングが変化していく仕様になっているようです。

本作を開発しているのが『フォールアウト』初期2作品の開発者で『フォールアウト:ニューベガス』の開発も手掛けているとのことなので、トレーラーを見る限りでも雰囲気はかなり似ていますね。

自分をコールドスリープから目覚めさせた博士を早い段階で反逆者として企業に売り渡すことも出来るようで、序盤からメインストーリーが大きく分岐する選択も出来るのでしょう。


さらには『フォールアウト4』のように世界には仲間(コンパニオン)に加わるキャラクターが数多くいて、仲間は2人まで共に行動させることが出来て戦闘や交渉時に助けてもらえるとのことです。

動画を見れば分かりますが、本作ではプレイヤーの選択や成長がキャラ同士の会話やストーリー展開に大きく影響するようなので、見た感じだと『フォールアウト4』よりも自由度が高い気がします。

仲間になるキャラが多ければ会話のバリエーションも多くなるでしょうし、プレイヤーの選択によって自分だけのストーリーが展開されるのだと思います。

ここまで自由度が高そうだと探索要素よりも惹き込まれるストーリーになっているのかが気になりますが、個人的にはかなり面白そうな感じがしますね。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

以上、『The Outer Worlds(アウターワールド)』の発売前情報についてでした。