今回は『仁王2』の序盤おすすめスキルについて

本作もスキルの育成は前作と同じような感じですが、武器種毎にスキルポイントがあり、半妖スキルが追加されています。

そこで今回は、『仁王2』の序盤におすすめのスキルやスキルリセットのやり方に半妖スキルポイントについてまとめていきます。

スキル習得


まずスキルは全部で13種類あります。
(サムライスキル、半妖スキル、ニンジャスキル、陰陽スキル、各武器種毎のスキルが9)

各スキルポイントの入手法は以下。
サムライスキルに関してはレベルが一定数上がると入手できるようです。

サムライスキル値 レベルアップ
半妖スキル値 常世祓いや魂衣供養で常世の残思を溜める
ニンジャスキル値 忍者の遺髪の使用、忍術アイテムの使用
陰陽スキル値 陰陽師の遺髪の使用、陰陽術アイテムの使用
武器スキル値 その武器を使用して戦う

 

序盤おすすめスキル

個人的に序盤に必ず習得しておきたいと思うスキルは以下。

サムライスキル


「流水」は下段構え時、中段構え時、上段構え時にそれぞれあるのでメインで使用する構えのものは最優先で習得しましょう。

流水 回避行動でも残心が成立するようになる
流転 残心成立時に別の構えに移行すると気力回復量が増加
常世祓い・地 気力回復量最大のタイミングの残心で常世祓いすると、下段構えなら気力回復速度が増加する効果が付く

半妖スキル


半妖スキルの常世・常闇での気力回復速度ペナルティ減少はかなり重要なので最優先で習得しましょう。

常世への適応・参 常世内で気力回復速度ペナルティが30%軽減
常闇への適応・参 常闇内で気力回復速度ペナルティが30%軽減
鳴竜の声・参 守護霊とタイプが合致する妖怪技を使用した場合、消費妖力の20%が回収される
スポンサーリンク

陰陽スキル


私はニンジャスキルよりも陰陽スキルを使用しており、以下の符を仕度できるようになると攻略もだいぶ楽になります。

符術・克金符・参 克金符を仕度できる。
使用すると敵の防御力が減少する。
符術・養身符・参 養身符を仕度できる。
使用すると体力が徐々に回復する。
符術・遅鈍符・参 遅鈍符を仕度できる。
使用すると敵のあらゆる動作が遅くなる。

追記 受けるダメージを一定量無効化できる「護身符」も強力だったのでこちらを先に習得するのがお勧めです。

スキルリセット


本作のスキルリセットはワールドマップの拠点→修行場で△を押す事で行えます。

スキルリセットでは、銭を消費する事で各カテゴリーのスキル値をリセットして振り直す事が可能です。

関連記事
序盤おすすめのステ振りや振り直しと六道輪廻の書
陰陽術と忍術の使い方や術仕度と術容量の増やし方
防具の揃え効果や特殊効果の確認と発動方法

仁王2 攻略メニュー

以上で『仁王2』の序盤おすすめスキルについてを終わります。