今回は『サブノーティカ2』のパイロットの最終確認地点について

パイロットの最終確認地点はデルタ基地のドックを進めると発生するシグナルですが、水深300~400Mの場所にあるのでシートラックのアップグレードが必要になります。

そこで今回は、『サブノーティカ ビロウゼロ』のパイロットの最終確認地点とマルグリットの拠点について書いていきたいと思います。

パイロットの最終確認地点

※マルグリットの拠点の行き方(参考動画)

・パイロットの最終確認地点に向かう

水深300~400Mまで潜るのでプレイヤーの装備の「大容量酸素ボンベ」「リブリーザー」に加えて、シートラック「深度アップグレードMK1」も用意しておきましょう。
シートラックの深度アップグレードMK1

最終確認地点周辺の残骸
超大容量酸素ボンベの残骸
プローンスーツ「グラップリングアーム」の残骸
シートラック「アフターバーナーアップグレード」
シートラック「アクアリウムモジュール」の残骸
エクソスーツ「熱発電モジュール」の残骸

・パイロットの最終確認地点のシグナルから北西と北の間を約120M程度進む


・移動すると深く潜れる穴があるので穴を進んでいく
北西と北の間を120M程進んで巨大な浮き岩がある真下付近

・水深300M付近まで進むとマルグリットから無線が入る
トロフィー「別の生存者」獲得


・その先に進んで水深370M付近の場所にマルグリットの拠点
シートラックが深度アップグレードMK1の場合は水深300M手前で置いて素潜りで進む

・ムーンプールから建物に入るとイベント


・机の上にある「試験用停止モジュールの残骸」をスキャンする
試験用停止モジュールの設計図入手

・テーブルの横に「シートラック・周辺防御アップグレード」
小さな部品なので見逃し注意

マルグリットの拠点の入手アイテム
拠点の中(スキャン):改造プローンスーツ、ムーンプール、スノーフォックスの残骸、大部屋用ガラスドームの残骸
拠点の中(アイテム):放棄されたPDA「マルグリット・メイダの記録♯2」
拠点の外(スキャン):スパイペングリンの残骸、熱発電機の残骸
拠点の外(アイテム):スティルスーツ(データボックス)、ルビー、閃ウラン鉱の結晶

試験用停止モジュールを作成するための「並列処理ユニット」は沈没船「マーキュリーⅡ」で設計図を入手出来ます。
沈没船「マーキュリーⅡ」と並列処理ユニット

スポンサーリンク

水深400M~600Mエリア

マルグリットの拠点がある場所より更に深く潜ると設計図や素材を入手出来ます。

水深400Mよりも深い場所になるので下記装備は揃えておきましょう。
超大容量酸素ボンベの設計図と作り方
シートラックの深度アップグレードMK2

急ぎで必要になるものはないので、シートラックがMK1の場合は後回しにするのが良いです。

北西と北の間にある穴

拠点から見て北西と北の間にある穴を進んで水深550M付近まで行く紫色の大型結晶が大量にあるエリアに出て、エリア内に「藍晶石」と「プローンスーツ魚雷発射アームの残骸」

「藍晶石」はレアアイテムの作成に必要になるので集めておくと良いです。

南西と西の間にある穴

拠点から見て南西と西の間にある穴を進んで行く水深450M付近に熱発電機の残骸がある場所
エリア内で放棄されたPDA、データボックス(ブースタータンク)入手可能

サブノーティカ2 攻略メニュー

以上で『サブノーティカ2』のパイロットの最終確認地点についてを終わります。