今回は『コナンアウトキャスト』のPvP(対人)について

今作のPvPサーバーでは設定された時間外でもプレイヤー同士の戦闘はいつでも可能です。
戦闘時は防具やステ振りが重要になりますが、あまり気にしていないプレイヤーも多いようですね。

そこで今回は、『コナンアウトキャスト』のPvP(対人)におすすめの防具とステ振りについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

対人におすすめ防具

対人を意識している方におすすめの防具は重装防具です。

作りやすさor見た目を気にしているのか、PvPサーバーでも中装防具を装備しているプレイヤーを多く見かけますが、中装防具と重装防具では防御力に大きな違いがあります。

参考までに「鎧鍛冶師」を習得時に作成出来る基本防具の防御値を比べると

防具 小手
軽装 6 11 3 8 3
中装 19 34 10 24 10
重装 58 101 29 72 29

かなり好戦的なプレイヤーでも大半は中装防具を装備しているので、単に防御力の違いをあまり意識していないのだと思いますが、上記のように重装防具の防御値は軽装・中装に比べてズバ抜けています。

基本防具(鎧鍛冶師)以外の技能「野蛮人の防具」「ノルドヘイムの防具」なども軽装・中装・重装の3種類が作成可能になるので、対人を意識している方は必ず重装系の一式を装備するようにしましょう。

装備する場合の注意点として、重装防具一式は防御値が高い反面、重量の値も高いので足腰にポイントを振っていなければ装備が難しいです。
ただ、その場合でも技能「見習い鎧師」習得で作成出来る「防具軽量キット」を当てることで重量を軽減出来るので覚えておきましょう。

参考までに基本的な重装防具の胴装備「肩鎧(重装)」に「防具軽量キット」を当てると、通常の重量値33.08が19.85まで下がります。
基本的な中装防具の胴装備「ハーネス(中装)」の通常の重量値が19.29なので、一式全てに軽量キットを当てれば中装一式と同程度の重量でも装備可能ということですね。

その他、NPCの荷運びを奴隷にして配置⇒頭装備を奪って装備することで足腰にボーナス(最大所持重量アップ)が得られます。
なので、頭装備を荷運び、他の胴/小手/腰/足を装備するのもおすすめ

追記:コメントより、重装防具を装備すると回避行動が回転ではなくステップになります。
これはステ振りで身のこなしに40まで振ると回転に戻す(回避行動時の重量ランクが1下がる)ことが出来ます。

スポンサーリンク

対人におすすめのステ振り

ステ振りに関しては細かな検証までしているわけではないので参考程度に見てください。

ステ振りは個人的には足腰に多く振っていますが、今作では「黄ハスの薬」を使用してステ振りをリセットすることが出来ます。
なので、他プレイヤーと敵対することが多い場合は序盤の拠点作りを終えた段階でステ振りを対人向けに振り直すのも良いです。

最終的には腕力20程度、身のこなし20程度、生命力30、闘士20程度を目安に振り分けるのがおすすめ
・腕力は近接戦闘で敵に与えるダメージ
・身のこなしは純粋に防御力アップ
・生命力30はスキルで自動回復の習得
・闘士はスタミナの最大値アップ
※↑+足腰にもある程度振るのにレベル50程度が必要です。

上記のステ振りであれば対人の他にダンジョンのボス戦が楽になり、ドラゴン、氷神などの強敵でも割と素早く倒せるようになります。

プレイヤーが多い時間帯(17:00~23:00)だと、すれ違いざまに攻撃してくるプレイヤーも多いので好戦的なプレイヤーの多いサーバーでは上記のような対人向けのステ振りにしておくのが良さげです。

投石器の作成方法と使い方
爆発つぼの作成方法と必要素材の入手場所
ガス玉と悪魔の火玉の作成方法と使い方
おすすめの拠点場所や作り方
PvPの拠点作りで覚えておきたいこと

【PS4】コナン アウトキャスト 攻略メニュー

以上、『コナンアウトキャスト』の対人におすすめ防具、ステ振りについてを終わります。

スポンサーリンク