今回は『カリギュラ オーバードーズ』の楽士と帰宅部ルートについて

『カリギュラ オーバードーズ』ではPSVita版のシナリオに加えて楽士ルートが追加されています。
序盤に選択肢が発生するのですが、取り返しがつかないのか気になる方もいるでしょう。

そこで今回は、『カリギュラ オーバードーズ』の楽士ルートと帰宅部ルートについて簡単に書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

楽士ルートへの分岐時期と違い

2018y05m19d_173117675

まず、ルート分岐の選択肢が発生するのはスイートP編クリア後
駅前広場に行くとソーンとの会話イベントが発生します。
「扉をくぐる」⇒楽士ルートへ
「来た道を戻る」⇒帰宅部ルートへ

楽士ルートと言っても基本は帰宅部ルートと内容はあまり変わらず、分岐後は

帰宅部ルート 楽士ルート
Stork編 Stork編
少年ドール編 吉志舞高校編(楽士)
梔子編 少年ドール編
ミレイ編 宮比温泉物語編(楽士)
イケP編 梔子編
シャドウナイフ編 ミレイ編
ウィキッド編 市立図書館編(楽士)
ソーン編 イケP編
テーマパークエリア編(楽士)
シャドウナイフ編
ウィキッド編
水族館エリア編(楽士)
ランドマークタワー編(楽士)
ソーン編

上記のように楽士ルートは帰宅部ルートの合間合間に楽士視点のシナリオが挟まれている感じです。

そして、今作には2つのエンディングが存在します。
帰宅部エンド(ミュウ編)と楽士エンド(アリア編)

エンディング分岐
・帰宅部ルート⇒ミュウ編
・楽士ルート⇒ソーン編のラスボス直前に発生する選択肢でミュウ編、アリア編へ

楽士ルートの場合のみ、帰宅部エンドと楽士エンドを見ることが出来ます。
・選択肢「帰宅部のみんなと現実へ帰る」(帰宅部エンディング)
・選択肢「いや・・・・・現実へは帰らない」(楽士エンディング)

楽士ルートと帰宅部ルートではシナリオに一部違いがありますが、楽士ルートで全てのキャラエピソードを完遂出来るため帰宅部ルートはプレイする必要が特にありませんでした。

帰宅部である琵琶坂のキャラエピソードの内容が分岐(この分岐により全キャラエピソード完遂が可能になる)するのも楽士ルートのみなので、初見の方も楽士ルートに入るのが良さそうです。

カリギュラ オーバードーズ 攻略メニュー

以上、『カリギュラ オーバードーズ』の楽士ルートと帰宅部ルートについてでした。