今回は『シタデル』の装備の厳選について

本作は装備をクラフトする際にダメージ値や魔法特性がランダムで決まるため、レベル60同士のプレイヤーでも装備を厳選しているかどうかでステータスに大きな差が生まれます。

そこで今回は、『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』の装備の厳選方法とPvPでおすすめの魔法特性について書いていきたいと思います。

装備の厳選

まず初めに、ここではプレイヤーレベルが60時の場合として説明していきます。

まず装備の厳選方法は簡単で、同じ装備を複数作成して良いダメージ値・魔法特性のものが出るまで繰り返すという方法になります。

厳選する場合は「魔法アイテム発見力確率」を増やした方が良いので、クラフト時に装備の特性やマスタリー12で知識を習得できる「ウサギの足」を装備すると良いです。
魔法アイテム発見力の効果とウサギの足

武器の厳選


厳選する武器としてはレベル60やマスタリー10の武器がお勧めです。
最強武器や黒鉄のインゴットの作り方とブラックヘルボアの入手法

PvPを意識した場合だと範囲魔法「ライトニングストライク」が使用でき、最大ダメージ値が500を超える「フェニックスの刀」を厳選する事で非常に強力な武器になりますが、1つ作るのに「フェニックスの羽根」が10も必要になるため、相当やり込まないと複数作る事自体が難しいと思います。

とりあえずの目標はレベル60の近接武器「ヘルハンマー」やマスタリー10の杖「ブラックドラゴンの掌握」辺りを厳選するのが良いです。
ただ、建築物へのダメージも考える場合は衝撃魔法「コンセントレイトストーム」も使用できる近接武器の厳選をお勧めします。

武器で意識しておきたい魔法特性は「クリティカルボーナスダメージ」、「追加ダメージ」、「クリティカル発生率」の3つになります。

これら+ダメージ値の高い武器を作る事ができれば、「ライトニングストライク」(エンチャント材料に血塊のかけら使用)をクリティカルヒットさせた時に2000近くのダメージを与える事も可能です。

防具の厳選


最強防具はインディゴ、レギオン、鷲、漆黒鋼のいずれかになります。
最強防具の作り方やイーグルスカル/穢れた心臓の入手場所

防具を厳選する場合は防御力+魔法特性を6のものを目指しましょう。

武器にも言える事ですが、最強装備の魔法特性の数は4~6となっており、魔法特性が6つ付くのは稀です。
そのため、少なくとも5つ以上の魔法特性が付いた防具で揃える事が目標になりますね。

防具で付けておきたい魔法特性は「体力」、「マナ」、「クリティカル発生率」、「クリティカルボーナスダメージ」、「クールダウン短縮」、「移動速度」の6つです。

全て付いたものを狙うのは難しいので、自分のステータスを考えて厳選していくと良いでしょう。

スポンサーリンク

装飾品の厳選

装飾品の場合は1~3つしか魔法特性が付かないので、とりあえず特性が付いていればOKです。


ただし、ホウキや飛翔薬に関しては飛行コスト軽減の6~8が付くようにしましょう
特に青のホウキや闇の飛翔薬を装備する場合、飛行コスト軽減が付いていないとマナ消費が激し過ぎて使い物になりません。

 

ボス装備


ボスはレベル60になると城塞から挑戦できるダンジョンの最奥に出現する敵です。

非常に強力な敵ですが、道中の戦利品やボスドロップからは強力な装備を入手できる場合があります。

ボス装備は最強武器系統の色違い系となっており、基本性能が高いものが多いです。
また、装飾品では魔法特性が複数付いているものもあります。

運が良ければ厳選した装備よりも強い装備が入手できる場合もあるため、レベル60になったらボス挑戦も頭に入れておくと良いでしょう。
鳳魂の城塞の場所と鳳魂石の入手法・ボス「ヘリオス&コロナ」
血魂の城塞の場所と血魂石の入手法・ボス「オルクス」
龍魂の城塞と龍魂石の入手法・ボス「エブレン」

関連記事
PvPの対人でおすすめ魔法や装備
攻城ダメージの付与と建築物への攻撃・破壊方法
おすすめ魔法アップグレード素材と効果・入手法
魔法のアップグレード材料と効果・入手法まとめ

シタデル 攻略メニュー【PS4】

以上、『シタデル』の対人(PVPサーバー)で装備の厳選についてでした。