今回は『不思議の幻想郷 ロータスラビリンス』のレアリティUPについて

本作ではパートナーキャラにレアリティがあり、ロータスギアからレアリティをアップさせる事が可能です。

そこで今回は、『不思議の幻想郷 ロータスラビリンス』のレアリティUPと友好度、メモリアについてまとめていきます。

レアリティ

まず本作にはパートナーキャラ毎にレアリティが存在します。
レアリティには☆1~☆5までがあり、魔理沙だと☆2、神奈子だと☆3、小鈴だと☆1といったようにキャラ毎に初期のレア度は異なります。

レアリティをUPさせる事で、
・スキルスロットが解放
・新しいスキルを入手できる可能性がある

ただ、レアリティを上げようと少しプレイしてみましたが、レアリティUPには多くのメモリアが必要になるため、かなりやり込まないとレアリティをMAXにするのは厳しそうです。

 

レアリティUPとメモリア

レアリティUPは天空守矢神社のロータスギアから行う事ができます。

レアリティUPに必要な条件は、
・友好度
次のレアリティと同じ友好度
・Lv
1回のダンジョンで到達した最高Lv?
・使用回数
パートナーとして連れて行った回数
・メモリア
対応しキャラの残滓~再現と通常メモリアが多数
となります。

特にメモリア集めが大変で、残滓、追憶、記憶、再現を一定数集めるのはかなり時間が掛かります。


メモリアはダンジョン内によく落ちているアイテムで敵が落とす事もあります。

例えば魔理沙の☆を3にするためには「普通の魔法使いの残滓×20」と「普通の魔法使いの追憶×10」、「くすんだ水晶×40」、「カラフルキノコ×20」、「強力液×20」、「おいしい水×20」が必要です。

くすんだ水晶~おいしい水は各ダンジョンでよく落ちているものなのでやり込んでいれば自然と貯まりますが、「普通の魔法使いの~」は魔理沙から低確率でドロップor魔理沙が出現する?ダンジョンでまれに落ちているものを拾って集める必要があります。

探すのであればレアリティを上げたいキャラの属性ダンジョンを周回するのが良さそうです。


ちなみに、阿求と小鈴の残滓は無のダンジョンで確認しました。

そして☆4にするためには追憶×40と記憶×20が必要になり、☆5にするためにはおそらく記憶と再現が一定数必要になります。

残滓が一番レア度が低く、再現がレア度の高いメモリアとなり、属性ダンジョンの上級だと再現が入手できるようでした。
それでも入手率はかなり低いので何度も繰り返してメモリア集めをする必要があります。

スポンサーリンク

遺失の印

「遺失の札」から「遺失」の印を取って装備に装着したり、ダウジングロッド系の装備で「遺失」の効果を利用してドロップ率を上げるという方法もあり、本格的にメモリアを集めるのであれば利用した方が良いでしょう。

「遺失」は敵に通常攻撃を当てた時に低確率で持っているアイテムを落とさせるというものです。
ただ、一撃で倒してしまうと効果は発動しないので攻撃力を調整する必要があります。

 

友好度

最後に友好度についても触れておきます。

友好度はパートナーキャラをダンジョンに連れて行く事でクリア時に友好度が上昇していきます。

友好度を上げると新しいスキルを入手できる場合もあり、レアリティUPの条件にもなっています。

難易度が高いダンジョンの方が友好度の上昇量も高いようなので、友好度上げとしてはハードの「早苗と天子の電脳戦記」を繰り返すのが良さそうです。

関連記事
パートナーキャラ一覧と加入条件やDLCキャラ
本居小鈴と稗田阿求を仲間にする方法
クリア後の追加要素やルートチェンジ
印の取り出し方と装着方法

不思議の幻想郷 ロータスラビリンス 攻略メニュー

以上で『不思議の幻想郷 ロータスラビリンス』のレアリティUPについてを終わります。