今回は『モンスターハンターストーリーズ2』の序盤~中盤におすすめのオトモンについて

中盤まではボスもそこまで強くはないので基本的には3タイプのオトモンをパーティに入れておけば大丈夫です。

そこで今回は、『モンスターハンターストーリーズ2』の序盤~中盤におすすめのオトモンについてまとめていきます。

序盤おすすめオトモン

序盤のオトモンはほぼ確実に総入れ替えする事になるので、3タイプ揃っていればそこまで気にする必要はありません。

・ドスファンゴ(パワー)


序盤の本編進行でタマゴを入手するオトモンです。
序盤のパワータイプ要因として活躍し、早い段階でスピードタイプの「マックスアタック」も習得します。

・アプトノス(パワー)


ステータスは弱いですが回復スキルに長けているオトモンです。
状態異常回復も持っているので、控えに入れておくと活躍する場合があります。

・ドスランポス(スピード)


ステータスは微妙ですがライドアクションの「ジャンプ」を使用する事ができ、序盤はスピードタイプが少なめなのでスピード攻撃要因として活躍します。

・イャンクック(テクニック)


序盤の本編進行でタマゴを入手するオトモンです。
単体に火属性小ダメージの「火球」や全体無属性小ダメージ「アンストッパブル」などを覚え、序盤攻略中のテクニックタイプとして重宝します。

スポンサーリンク

中盤おすすめオトモン

中盤のおすすめオトモンは主にロロスカ地方でタマゴを入手できるオトモンになります。
また、ロロスカ地方ではそこそこ強いオトモンが入手できるので戦力を整えておくと良いでしょう。

・レウス(パワー)
ロロスカ地方へ行く前にオトモンになります。
最初は弱めですがパーティーから外すことはできず、終盤まで使用する事になるのでパワータイプ要因として使っていきましょう。

・アンジャナフ(パワー)


ロロスカ地方でタマゴを入手できるオトモンです。

単体、全体に火属性中ダメージスキルの遺伝子を持っており、ステータスも全体的に高め、火属性攻撃でのやけど付与も狙えるのでボス戦でも活躍します。
また、ライドアクションの「咆哮」も野良モンスターを足止めして探索できるので便利です。

・ナルガクルガ(スピード)


アルカラ地方でタマゴを入手できます。
無属性の単体、全体攻撃スキルを習得し、会心率も高めとスピードタイプの戦力として申し分ないオトモンです。

ライドアクション「隠密行動」ではモンスターに見つからずに移動できるので「咆哮」と同じように探索時に便利なオトモンでもあります。

・トビカガチ(スピード)


ロロスカ地方でタマゴを入手可能。
単体、全体への雷攻撃スキルの遺伝子を持っており、雷属性が得意なオトモンとして活躍します。

ライドアクションでは「ジャンプ」を使用できるのでドスランポスと交代しても探索面で不足はありません。

・ザボアザギル(テクニック)


ロロスカ地方でタマゴを入手可能。
ライドアクション「水上移動」と単体、全体への氷属性攻撃スキル遺伝子を持っています。

・ネルスキュラ(テクニック)


ロロスカ地方でタマゴを入手可能。
無属性の睡眠付与系攻撃スキルの遺伝子を持っており、ライドアクションでは「ツタ登り」を使用できます。

関連記事はこちら
ライドアクション一覧と主な習得オトモン
終盤~クリア後におすすめのオトモン
タマゴの入手法や見分け方・帰巣の発生条件

モンスターハンターストーリーズ2 攻略メニュー

以上で『モンスターハンターストーリーズ2』の序盤~中盤におすすめのオトモンについてを終わります。