今回は『モンスターハンターストーリーズ2』のおすすめ遺伝子やオトモンについて

前回は序盤や終盤におすすめのオトモンを紹介しましたが、竜の拠り地や共闘クエストで★7タマゴを入手してパーティーを変更した部分があります。

そこで今回は、『モンスターハンターストーリーズ2』のおすすめ遺伝子や最終的におすすめのオトモンについてまとめていきます。

最終的な最強オトモンは?


まず本作ではオトモンの遺伝子を総入れ替えする事も可能なのでスキルの組み合わせの幅は広いです。
(水属性攻撃に特化させたリオレイアなども作れる)

ただし、そのモンスターのパラメータ、攻撃属性、タイプを変える事はできないため、最終的にはパラメータが高いオトモンの遺伝子をそのオトモンのタイプや属性に合わせて強化していく事で強力なオトモンを作ることができます。
レア度によるパラメータも結構変わっていて、例えば同じパワータイプで無属性のディアブロスとディアブロス亜種だと亜種の方がパラメータが上です。

前回はクリア後辺りまでのおすすめオトモンについて紹介しましたが、上記の点から最終的にお勧めなのはパラメータの高い★7の古龍や二つ名モンスターのオトモンになります。

 

おすすめ遺伝子とおすすめオトモン

そして遺伝子の組み合わせとしては、アクティブスキルは使用するスキルのみ、他はパッシブスキルといった感じです。

全ての遺伝子を試したわけではありませんが、個人的におすすめ、強そうだと思う遺伝子は以下。

【タイプと属性】遺伝子 効果/持ちうるオトモン
【パワー&各属性】~強化遺伝子 ~属性攻撃力がアップ
【無&無】魂の絆 絆ゲージ上昇量がアップ
オトモン:アプトノス、リオレイアドスバギィ、イビルジョー、ジンオウガ亜種、古龍系
【テクニック&水】不屈遺伝子 残りライフが減ると能力が上がる
オトモン:ポポ、ザボアザギル、ボルボロス亜種、ベリオロス、レイギエナなど
【無&雷】会心絆遺伝子 クリティカル攻撃時の絆ゲージ上昇量が増える
オトモン:ポポ、ザボアザギル、ボルボロス亜種、ベリオロス、レイギエナなど
【テクニック&雷】シンクロ遺伝子 ダブルアクションの与ダメージがアップ
オトモン:ロアルドロス、ケチャワチャ、ボルボロス、タマミツネなど
【テクニック&氷】絆技強化遺伝子 絆技の威力がアップ
オトモン:ゲリョス、トビカガチ、フルフル、ジンオウガ、ラギアクルス、ライゼクスなど
【テクニック&氷】真っ向勝負師遺伝子 真っ向勝負に勝利した時の絆ゲージ上昇量が増える
オトモン:イャンクック、バサルモス、グラビモス、ネルギガンテ、リオレウスなど
【スピード&龍】会心遺伝子 会心率がアップ
オトモン:アプトノス、ドスランポス、ナルガクルガ、リオレイア、ディアブロス、二つ名など多数

他にも指示時の絆ゲージ消費量を減らす「阿吽の呼吸遺伝子」や真っ向勝負の与ダメが増える「タイマン好き遺伝子」などは使えそうでした。

パッシブスキルだとパワータイプの属性攻撃力アップ、テクニックタイプの絆ゲージ上昇量増加やダブルアクションダメージアップ、スピードタイプの会心率アップなどが強いので、これらの遺伝子と属性&タイプの相性が良いオトモンがお勧めになります。

一応私が使用しているオトモンも紹介しておきます。

スポンサーリンク

ネルギガンテ

無属性&パワータイプのオトモン。
私がクリア後にメインに使用しているオトモンで、無属性強化遺伝子&パワータイプの遺伝子をメインに高い火力を出せるスタイルです。

元々スピードタイプの「滅尽掌」を持っているので、セルレギオスの「千裂爪」も受け継がせて全タイプの攻撃を可能にしています。
そのため、強敵でなければネルギガンテのみで戦い続ける事もできて使い勝手の良いオトモンです。

イヴェルカーナ

イヴェルカーナは氷属性&テクニックなので真っ向勝負師や絆技強化の遺伝子をつけてすぐにライドできるスタイルのスキルにしています。

また、真っ向勝負で勝ち続ける必要があるので、ベリオロスのスピード攻撃「フリーズストライク」とレイギエナのパワー攻撃「フリーズバースト」も受け継がせて3タイプの攻撃を可能にしています。

ちなみに、クシャルダオラも氷&テクニックだったのでこのスタイルの遺伝子もお勧めだと思います。

キリン

キリンは雷属性&スピードタイプで会心率が高いオトモンです。

そのため、龍属性ですがスピードタイプの「会心遺伝子」と雷属性の無タイプ「会心絆遺伝子」をつけてクリティカルダメージと絆ゲージ上昇を狙ったスタイルにしています。

また、3タイプの攻撃を可能にするのであればアンジャナフ亜種のパワー攻撃「プラズマリキッド」、ライゼクスのテクニック攻撃「リベンジサンダー」をつけるのがお勧めです。

 

とりあえず私のメインで使用しているオトモンは上記のパワー、テクニック、スピードの3体になります。

他にパワー&龍属性攻撃強化に特化したイビルジョー、パワー&火属性攻撃強化&ボマーによる爆破ダメージに特化したテオテスなども育成中です。

本作はスキル構成の幅が広いのでプレイヤーによって育成スタイルも大きく変わると思いますが、育成するオトモンに悩んでいる方は参考にしてみてください。

関連記事
超レアな巣と★7タマゴの入手法
★7オトモンのタイプや確定遺伝子など性能まとめ
本編中~クリア後のレベル上げ方法
育成のコツや上位特性・ランダム遺伝子の探し方

モンスターハンターストーリーズ2 攻略メニュー

以上で『モンスターハンターストーリーズ2』のレベル上げについてを終わります。