今回は2020年後半に発売されたゲームのおすすめについて

この記事は2017年から始めているランキング記事で、半年毎に管理人がプレイしたゲームの中から面白かったゲームをランキング形式で10タイトル紹介しています。

そこで今回は、2020年7月~12月に発売された管理人のおすすめゲームをランキング形式で紹介していきます。

10位 神獄塔メアリスケルターFinale


クリア後評価や感想

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

2020年11月15日にPS4で発売

本作は3DダンジョンRPG『メアリスケルター』シリーズの完結作(三部作目)です。

前作とのストーリーの繋がりはかなり強いので前作プレイ推奨となる作品で、いわゆるコンパイルハートのキャラゲーになります。

コンパイルハートは当たり外れが激しい印象がありますが、「メアリスケルター」シリーズはシステムが良く出来ているので3DダンジョンRPGが好きな方にはおすすめ出来ます。

本作が完結作品で前作『神獄塔メアリスケルター2』には『神獄塔メアリスケルター』のリメイク版が収録されているので、2プレイ後にFinalの順番です。

ランキングが10位なのはシリーズ作品の完結作なのとキャラゲー要素が強く人を選びそうだから、という理由です。

 

9位 サイバーパンク2077


クリア後評価や感想・DL版は返金対応あり

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

2020年12月10日にPS4で発売

本作は海外俳優のキアヌ・リーブスが出演することで話題になっていたFPSのオープンワールド作品です。

ジョブ進行中は『フォールアウト』や『アウターワールド』のように選択肢が発生し、各エリアにあるサイドジョブや依頼を進めながらメインジョブを進めていくという良くあるオープンワールドゲームです。

サイドジョブは一つ一つにしっかりと内容があり、戦闘では監視カメラや敵にクイックハックを行って幅広い戦略を楽しめたりと作り込みは素晴らしいのですが、バグが非常に多いせいで評価を下げてしまった作品になります。

実際、私自身も細かなバグやエラー落ちに多く遭遇していて、12月18日には開発側がDL版購入者に全額返金対応をするとの発表もしています。

ゲーム内容を考えればランキング5位ぐらいかなという感じですが、バグの多さと返金対応も含めてランキング9位にしておきました。

 

8位 マフィア コンプリート・エディション


クリア後評価や感想

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2020年9月25日にPS4で発売

本作は『マフィア』シリーズ1作目の完全リメイク作品です。

タクシー運転手のトミー・アンジェロがマフィアの抗争に巻き込まれたことをきっかけにファミリーの一員に加わり、マフィア組織の中で成り上がっていく物語になります。

全体的なシステムは『グラセフ』や『レッド・デッド・リデンプション』に良く似ていて、クラシックな世界観は上手く表現されていました。

ただ、初期作のリメイク版ということでストーリー以外のサイド要素がほとんどなく、ストーリーを完了すると収集品集めぐらいしかやる事がないのが残念でした。

 

7位 グリードフォール


クリア後評価や感想 日本語版の雑翻訳

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

2020年10月29日にPS4で発売

本作は2019年9月に北米版が発売されて高い評価を得ているのですが、国内版は日本語翻訳が雑過ぎて評価を下げてしまった作品です。

ゲーム内容としては『フォールアウト』や『アウターワールド』のようにストーリー中に数多くの選択肢が発生するアクションRPGです。

プレイヤーは性別選択が可能で、新大陸に伝染病の治療方法を探しに訪れることになり、同盟や現地人の仲間を最大2名まで選んで冒険することになります。

戦闘はそこまでメインとは言えないものの、剣と銃と魔法を使用した戦いや能力値・スキル・属性等の育成システムも良く出来ています。

ストーリー内容も悪くはない出来だったので、本当に日本語翻訳の雑さだけが残念でした。

 

6位 Marvel’s Avengers


クリア後評価や感想

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2020年9月4日にPS4で発売

本作はスクウェア・エニックスから発売されている「アベンジャーズ」のオリジナルストーリーが展開されるアクションアドベンチャーです。

主人公の「ミズ・マーベル(カマラ・カーン)」がアベンジャーズのヒーローを再結集させて大企業A.I.M.と戦うストーリーが展開されます。

アイアンマン、ハルク、ウィドウ、ソー、キャプテン・アメリカ等のヒーローを操作して戦うことが可能で、最大4人までのオンライン協力プレイも出来ます。

オフでも仲間を選んで連れて行くことが出来るのでソロでも問題なくプレイ出来ます。

私は大して遭遇しなかったものの進行不能バグやエラー落ちで評価を下げてしまっているのですが、グラは綺麗でバトルシステムも良く出来ていたので個人的には楽しめました。

 

5位 ウォッチドッグス レギオン


クリア後評価や感想

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

2020年10月29日にPS4で発売

本作はUBIから発売されているオープンワールド「ウォッチドッグス」シリーズ3作目です。
ちなみに、前2作との関連性は低いのでこちらから入っても楽しめます。

本作はハッカー集団「デッドセック」の再始動とデッドセックを壊滅させた黒幕を突き止めるというストーリーですが、ストーリー自体はそこまで面白くありません。

ポイントはステルス×ハッキングによる敵拠点への潜入や市民全員に生活スタイルがあって好きな市民を自分のチームに勧誘できるという点です。

オープンワールドとしての面白さは十分なので、ステルス潜入や自分だけのチーム作りが好きな方にはお勧めできます。

また、現在はある程度改善されていますが、本作も細かなバグやエラー落ち、特定のトロフィーがバグで獲得できないなどで評価を下げてしまっています。

スポンサーリンク

4位 ソードアート・オンライン アリシゼーション リコリス


クリア後評価や感想

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2020年7月9日にPS4で発売

本作は『ソードアート・オンライン』のゲームシリーズ最新作で、原作の『アリシゼーション編』のアンダーワールドを舞台にしたオリジナルストーリーが展開されます。

原作のアリシゼーション編の内容はチャプター1で駆け足気味に展開され、以降のチャプター2~6はオリジナルヒロイン「メディナ」を中心としたストーリーという流れです。

依頼クエストがおつかいクエスト過ぎたり、細かなバグが目立つ等の悪かった点も多少はありますがグラは素晴らしく育成要素や戦闘システムは良く出来ていました。

Amazonレビューでは酷評が目立ちますが、個人的には充分楽しめたのでSAOのゲームシリーズが好きな方にはおすすめ出来ます。

 

3位 ライザのアトリエ2


クリア後評価や感想に前作との繋がりなど

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2020年12月3日にPS4で発売

ガストによるライザのアトリエシリーズの2作目です。
前作は2019年9月26日に発売され、主人公はライザのままなのでストーリーの関連性は非常に強く前作プレイ推奨です。

内容としては前作の舞台クーケン島から王都へと旅立つ事になり、かつての仲間との再会や遺跡調査をきっかけに大冒険が始まるといった話になります。
戦闘面や調合システムなど前作から正統進化といった印象で、前作を楽しめた方なら問題なくお勧めできます。

また、アトリエシリーズは作品を重ねる毎に難易度が下がっている印象があるので、アトリエ初心者の方も「ライザのアトリエ」から入ってみるのも良いかもしれません。

 

2位 アサシンクリード ヴァルハラ


クリア後評価や感想にボリュームは?流血表現の規制が酷い?

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

2020年11月10日にPS4で発売

本作は人気シリーズ「アサシンクリード」の最新作で、イングランドを舞台に主人公はヴァイキングとして定住地を発展させるため各地域と同盟を結んでいくストーリーです。

ヴァイキングということで戦闘は略奪がメインとなり、味方のヴァイキングと派手なバトルをしていくことになるのでステルス要素は極端に低くなった印象があります。

ただ、メインストーリーのボリュームが物凄い上にサイド要素(収集品・釣り・狩り・ワールドイベント等)も含めるとプレイ時間が100時間以上のボリュームがあります。

ワールドイベントは一つ一つが良く出来ていて、戦闘システムもステルスにこだわりがなければ完成度は高めなので個人的には神ゲーと言える作品ですね。

細かなバグやエラー落ちの多さが目立つのが残念でしたが、アサクリシリーズが好き+ステルスにこだわりがない方には強くおすすめ出来ます。

 

1位 Ghost of Tsushima


クリア後評価や感想にボリュームは?

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2020年7月17日にPS4で発売

本作は1274年に起きた蒙古襲来を舞台に主人公の境井 仁が故郷を守るために武士の道を外れて「冥人」となり、蒙古の大軍を相手に戦っていくオープンワールドゲームです。

発売前から話題になっていて知っている方も多いと思いますが、ストーリー・グラフィック・戦闘システムのどれを取っても完成度が高く神ゲーと言っても過言ではない面白さがありました。

今年は『サイバーパンク』『ヴァンパイア』『ウォッチドッグスレギオン』『アサシンクリードヴァルハラ』とバグが目立つゲームが多かったものの、本作はバグにほぼ遭遇しなかったのも評価出来る点ですね。

現在はアップデートにて最大2~4人の協力プレイが可能な「冥人奇譚」も無料配信されているので、友達と遊べるゲームとしても割とおすすめ出来ます。

上記が2020年7月~12月で管理人がプレイしたゲームの中のおすすめランキングですが、この半年は発売日が重なったり攻略ゲームが長引いたりとスルーした作品もありました。

元々攻略予定がなかったゲームも含めると下記
・ファイナルファンタジークリスタルクロニクルリマスター
・ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団
・ゼルダ無双
・Marvel’s Spider-Man: Miles Morales
・コールオブデューティー ブラックオプス コールドウォー
・ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S(PS4版)
・デジボク地球防衛軍

上記の中でも「ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団」「ゼルダ無双」「Marvel’s Spider-Man: Miles Morales」「デジボク地球防衛軍」辺りはAmazonで高評価なので、気になる方はチェックしてみて下さい。

関連記事はコチラ
2020年1月~6月のおすすめゲームランキング
2019年7月~12月のおすすめゲームランキング
2019年1月~6月のおすすめゲームランキング
2018年7月~12月のおすすめゲームランキング
2018年1月~6月のおすすめゲームランキング
2017年7月~12月のおすすめゲームランキング
2017年1月~6月のおすすめゲームランキング
2016年のおすすめゲームランキング

以上で2020年7月~12月のおすすめゲームについてを終わります。