今回は2019年後半に発売されたゲームのおすすめについて

この記事は2017年から始めているランキング記事で、半年毎に管理人がプレイしたゲームの中から面白かったゲームをランキング形式で10タイトル紹介しています。

そこで今回は、2019年7月~12月に発売された管理人のおすすめゲームをランキング形式で紹介していきます。

10位 シタデル:永炎の魔法と古の城塞


評価や感想 オフラインやPvP要素にバグは?ARKやコナンとの違い

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2019年12月5日にPS4で発売

『シタデル』は『ARK』『コナンアウトキャスト』『ピックスアーク』に続くオンラインの多人数参加型のオープンワールドサバイバルアクションです。

本作は魔法の使用とホウキに乗って飛行出来ることが大きな特徴となります。
クラフトによる建築がメインのゲームで特に目的はなく自由なプレイが出来ます。

上記タイトルを一つでもプレイしたことがある人なら分かるかと思いますが、オンラインにはPVPサーバーとPVEサーバーがあり、オフラインによるソロプレイも可能です。

ソロプレイが可能ではあるもののオンラインサーバーではパーティを組んだり教団を作成してプレイ出来るので、基本的にはフレンドと一緒に遊ぶための作品と言えるでしょう。

私はこの手のゲームが好きなのでランキングの順位で悩みましたが、個人的な感覚では本作は万人受けする作品ではなく人を選ぶ作品だと思うので10位に入れました。

 

9位 オメガラビリンスライフ


【オメガラビリンスライフ】クリア後評価や感想にボリュームなど

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2019年8月1日にswitch/PS4で発売

D3Pから発売された「オメガラビリンス」シリーズ3作目です。
ジャンルはダンジョン探索RPG、ダンジョンに入る度にレベルが1になり、ダンジョン内の構造も変わる不思議のダンジョン系の作品となっています。

シリーズを重ねる毎にシステム面が良い方向に進化しているのが特徴的で、本作では学園内を歩き回ったり、学園のカスタマイズなども可能です。
ただ、ヒロインはみんな女の子で敵を倒すと胸が大きくなっていくという要素がメインになるためやはり人を選ぶ作品ではあります。

それを踏まえても人気のある不思議のダンジョン系作品に負けず劣らずの出来なので、ローグライクRPGが好きな方で未プレイの方にはお勧めです。

 

8位 イースIX Monstrum NOX


イース9のクリア後評価や感想にボリュームなど

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2019年9月26日にPS4で発売

アクションRPG「イース」シリーズのナンバリングタイトル最新作です。

プレイヤーは主人公のアドルを操作して1つの冒険譚を体験できるというシリーズ作品で、本作は監獄都市に閉じ込められ、怪人や街の謎を追いかけるという内容になっています。
ストーリーは面白かったですし、アクションも爽快感があり、1つのアクションRPGとしての完成度は高いです。

ただ、前作のイース8と比べると前作の方が面白かったので、未プレイの方はまずイース8からプレイする事をお勧めします。

 

7位 ゴーストリコン ブレイクポイント


クリア後評価や感想 オンライン専用でディビジョン似?

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

2019年10月4日にPS4で発売

2017年に発売された「ゴーストリコン ワイルドワンズ」の続編となる作品で、本作はオンライン専用の内容となっています。
前作はオフラインでもプレイできただけに、今回はオンライン専用という事で評価を下げてしまっているのですが内容は普通に面白かったですね。

システム面は2019年3月に発売された『ディビジョン2』と非常に似ていますが、装備レベルによるステータスの性能差はあまりなく、車やヘリも操縦できます。
また、ストーリーに関しても分かりやすいのでディビジョンシリーズよりも楽しめた印象です。

最近はプレイしていないのですが、現在はレイドやAIのチームメイトなども実装されている?ようなので今からでも十分楽しめると思います。

 

6位 ポケモン ソード シールド

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

2019年11月15日にswitchで発売

誰もが知っているであろう『ポケットモンスター』シリーズの最新作です。

本作はガラル地方と呼ばれる地方で冒険をすることになり、新ポケモンや「キョダイマックス」によるポケモンの巨大化、ワイルドエリアと呼ばれる特殊なフィールドが用意されています。

ポケモンシリーズは毎度楽しんでプレイ出来るため本作も特に文句はなく楽しんでプレイ出来ました。

発売前は「キョダイマックス」が微妙な印象でしたが、実際にプレイしてみるとワイルドエリアの巣穴から出現するダイマックスポケモンを捕まえるのは面白かったですね。

主人公の動きが細かく良く出来ていて、シリーズ初期頃のポケモンも複数登場します。
ただ、個人的にはミニリュウが出現しなかったのが非常に残念でした。

スポンサーリンク

5位 アウターワールド


クリア後評価や感想・キャラクリやオンライン要素

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

2019年10月25日にPS4で発売

『アウターワールド』は『フォールアウト』初期2作品の開発者が手掛けている『フォールアウト』に良く似たオフライン専用のFPS RPGです。

主人公はキャラクリで男性/女性の選択が可能で、各地に出現する仲間キャラクター(コンパニオン)をスカウトすることで最大2名まで同行させて冒険することが出来ます。

メインクエストの数は少ないもののサイドクエストは多く用意されていて、プレイヤーの選択肢によって物語が大きく変化する要素もあり『フォールアウト』シリーズが好きな方なら楽しんでプレイ出来るでしょう。

私の場合はどうしても『フォールアウト4』と比較してしまうので非常に面白かったとは言いにくいのですが、システム面は良く出来ているので間違いなく良作RPGの1つです。

 

4位 モンスターハンターワールド:アイスボーン

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

2019年9月6日にPS4で発売
※2018年1月26日に発売されたMHWの大型拡張コンテンツ

大人気『モンスターハンター』シリーズ最新作『モンハンワールド』にマスターランクのクエストや新フィールド「渡りの凍て地」を追加した大型拡張コンテンツです。

発売前は大した追加要素はないと甘く見ていましたが、MRクエストの数が多くクリア後には「導きの地」と呼ばれる新フィールドも出現する大ボリュームの拡張コンテンツでした。

新たなスリンガーアクション「ぶっ飛ばし」や前作にはいなかったモンスター(ジンオウガ、イャンガルルガ、金リオ銀リオ、ティガレックス亜種など)も多く出現します。

スポンサーリンク

3位 ファイアーエムブレム 風花雪月


クリア後評価や感想 国の違い

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

2019年7月26日にswitchで発売

本作は『ファイアーエムブレム』シリーズ最新作で、主人公は男性/女性の性別選択が可能
主人公は3つの学級から好きな学級を選んで物語を進めていくことになります。

本作はペルソナのようにカレンダー形式で物語が進行、それぞれのルートは第一部の共通ルート(4月~翌年3月)が終わると第二部に進み第二部から選んだ学級によって物語が大きく変化するという感じです。

個人的に最近プレイしたストーリー重視の作品の中ではストーリーが面白くキャラクターが魅力的という点で非常に楽しくプレイ出来た作品でもあります。

 

2位 コードヴェイン


クリア後評価や感想

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

2019年9月26日にPS4で発売

本作は『ゴッドイーター』シリーズを手掛けている吉村さんが企画担当の『ダークソウル』シリーズに似ているアクションRPGです。
似ているというよりシステム面は名称が違うだけで『ダークソウル』そのものと言っても過言ではありません。

キャラクリで主人公の性別選択が可能で、オンラインによる協力プレイは最大2人まで
また、仲間キャラクターを同行者として一人まで連れて行くことも可能です。

仲間キャラクターは魅力的なキャラが多く、ストーリーも面白い良作アクションRPGなので『ダークソウル』や『ザサージ』系の作品が好きな方であれば楽しめるかと思います。

ただ、同行者がいるため高難易度ゲームとしてはそれほどでもない印象でした。

 

1位 デスストランディング


クリア後評価や感想 俳優やボリュームは?

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

2019年11月8日にPS4で発売

本作は『メタルギアソリッド』シリーズで知られる小島監督が設立した「コジマプロダクション」制作のTPSアクションゲームです。

登場するキャラクターのモデルに ノーマン・リーダスやマッツ・ミケルセンなどの有名な海外俳優が起用されているのが大きな特徴でしょう。

主人公のサム(ノーマン・リーダス)は配達人で各地に荷物を届けるのがメインのゲームです。

戦闘は基本回避するためメタルギアシリーズと比べると戦闘面が物足りないですが、ストーリーは非常に良く出来ていてシステムも丁寧に作られているため非常に楽しんでプレイ出来ました。

私は『メタルギア』シリーズが大好きだったため、本作も発売前からかなり期待していたのですが期待し過ぎで拍子抜けということもなく流石の小島監督と言わざるを得ない作品です。

 

未プレイのゲームタイトル

今年はコピペ問題などで攻略のモチベーションが下がっていたので、振り返ってみると攻略予定はしていたもののスルーした作品も多かったです。

個人的に気になっていたタイトルは以下。

タイトル 機種 発売日
DEAD OR SCHOOL PS4/switch 8月29日
ライザのアトリエ PS4/switch 9月26日
ボーダーランズ3 PS4 9月13日
CONTROL PS4 12月12日
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア PS4 10月25日
十三機兵防衛圏 PS4 11月28日
新サクラ大戦 PS4 12月12日

特に『ライザのアトリエ』はプレイしておきたかったのですが、イース9とコードヴェインと発売日が重なり、ネットで注文していたものが発売日に届かなかったこともあってスルーしてしまいました。

関連記事はコチラ
2019年1月~6月のおすすめゲームランキング
2018年7月~12月のおすすめゲームランキング
2018年1月~6月のおすすめゲームランキング
2017年7月~12月のおすすめゲームランキング
2017年1月~6月のおすすめゲームランキング
2016年のおすすめゲームランキング

以上で2019年7月~12月のおすすめゲームについてを終わります。