今回は『アウターワールド』の特性について

特性はゲーム開始時に決める最初の値ですが、スキルポイントと違って特性は一度決めると振り直す事はできないので注意が必要です。

そこで今回は、『アウターワールド』の特性による影響とおすすめの特性についてまとめていきます。

特性

特性は6ポイントを任意で振り分ける事ができます。


ポイントを-(BelowAverage)にして振り分けるポイントを増やす事もできますが、その場合はその特性にペナルティ効果が付くので注意。

特性による影響としては大きく3つあります。
・影響を受けるスキルにボーナス
スキルレベルは初期が6ですが、goodだとスキルレベル+3、Higtだと+7、VeryHigtだと+12されます。

・特性毎のボーナス効果が得られる

・本編中の選択肢で特性による選択肢が発生する場合がある

特性 影響を受けるスキル ボーナス効果
強さ 片手近接武器、両手近接武器、重火器
ブロック、影響力、威圧
近接ダメージ
運搬能力
器用度 片手近接武器、拳銃、回避
ブロック、スニーキング、ピッキング
近接武器の攻撃速度
範囲武器のリロード速度
知力 ロングガン、説得力、ハッキング
医療、科学、意思決定力
クリティカルダメージ
知覚 拳銃、ロングガン、重火器
回避、ピッキング、エンジニアリング
追加のヘッドショット/弱点ダメージによるボーナス
魅力 説得、騙し、威圧
ハッキング、科学、影響力
仲間の能力リセット
派閥からの好評価
派閥からの不評
気性 両手近接武器、騙し、スニーキング
医療、エンジニアリング、意思決定力
1秒毎の体力回復

また、知力を-にすると“オトボケ台詞の選択肢がアンロック”されます。

このオトボケ台詞の選択肢で本編終盤のメインクエストでホープを太陽にワープさせることが出来るので、トロコン狙いの方は覚えておきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ特性


個人的におすすめだと思う特性は「知力」と「知覚」です。
正直スキルポイントは後から振り直しも可能+レベルアップで獲得できるポイントが多いので特性による影響はそこまで気にする必要はありません。

特性による影響で重要なのはボーナス効果になり、知力と知覚では敵へのダメージにボーナスが入るもので、本作は範囲武器(遠距離武器)の弾薬が比較的入手しやすいので銃メインで戦闘を行う場合が多いです。
そのため、銃による攻撃にボーナスが入りやすい知力と知覚を優先して上げるのがお勧めになります。

ただ、プレイスタイルによっては運搬能力が上がる「強さ」や近接武器の攻撃速度と範囲武器のリロード速度が上がる「器用度」に振り分けるのも良いと思いますね。

ちなみに、私は強さ1、器用度1、知力2、知覚2に振り分けたのですが、知力3、知覚3でも良かったかなと思っている感じです。

関連記事
評価の上げ方や評判による影響について
仲間(コンパニオン)の加入条件一覧と変更方法
ホープを太陽にワープさせる方法
スキルポイントのリセット・振り直し方法

アウターワールド 攻略メニュー

以上、『アウターワールド』の特性についてでした。