今回は『PixARK』の金と銀の入手場所について

金と銀は銅や鉄と同じく溶鉱炉でインゴットにすることが出来ます。
鉱石ブロックを探してみたところ、金の入手場所が少し分かりにくい印象です。

そこで今回は、『PixARK(ピックスアーク)』の金と銀の入手場所とインゴットの使い道について書いていきたいと思います。

金と銀の入手場所


※画像の金色の鉱石ブロックが「金」

本作の金と銀は「銅」や「鉄」と同じで主に鉱脈から手に入ります。

そして、「金」と「銀」が手に入るのは高難易度エリアのドゥームランドにある銀鉱脈です。
「銀」に関しては飛行生物で探索している時に表面に見えるので分かりやすいと思います。

ただ、「銀」と「鉄」のブロックは似ているので初見だと見分けが付かないかもしれません。

銀鉱脈の表面は銀が多いですが、鉱脈の下層の方では「金」が大量に見つかりました。
「銀」と「金」は「鉄のピッケル」以上のピッケルで破壊することが出来ます。

入手後は溶鉱炉に入れることで「金のインゴット」と「銀のインゴット」を生産することが可能です。

スポンサーリンク

金と銀のインゴットの使い道

「金のインゴット」と「銀のインゴット」は序盤は使い道がないですが、特定のアイテムのクラフトに必要になります。

私の場合は、レベル60で作成出来る「フェルハンターのサドル」を作成する時に「金のインゴット」が必要になって少し悩んだ感じですね。

「銀のインゴット」は魔法スキルの特定のアイテムで必要になります。
「マスターの杖」や魔法樹シリーズの土台/壁/天井など
他にも一部の魔法生物のサドルを作成するためにも必要になりました。

「金のインゴット」は上記で書いているようにフェルハンターのサドルや、他にもメガロックドラゴンやサイクロプス(亜種)など高ランクの魔法生物のサドル作成に必要になります。

基本的にはそこまで大量に必要になるわけではないものの、一部のアイテムをクラフトする時に少しの数が必要になる素材という印象ですね。

魔法樹の拠点を作るとなると大量の銀が必要になりますが、入手場所さえ把握していれば結構な数のブロックがあったので数が集まらなくて困るということはないと思います。

関連記事はコチラ
おすすめ最強の飛行生物とテイム方法
エレメント魔法のたての使い方や効果範囲
中盤のおすすめレベル上げ・経験値稼ぎ

ピックスアーク 攻略メニュー【PixARK】

以上、『PixARK(ピックスアーク)』の金と銀の入手場所についてでした。